2020.09.16

アフターピルと併用禁止の薬について、医師が解説します。

お薬にはどのようなものでも、併用禁忌といい一緒に服用することでアフターピルもしくは一緒に服用した薬の効果を低下させてしまう可能性のある薬があります。

アフターピルと一緒に服用してはいけないお薬はどのようなものなのかをご紹介します。いざアフターピルを使用するときに確実な効果を得られるようにここでチェックしておきましょう。

アフターピルと併用禁止の薬って?

アフターピルとして使用されることの多いノボレルゲストレルと併用を禁止されているお薬は、4種類あります。

1つは、抗けいれん薬といいてんかんや脳の病気によるけいれんを起こしてしまう方に投薬されるお薬で、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、カルバマゼピンといった名前のお薬です。

2つ目は慢性C型肝炎の治療薬であるオムビタスビル、パリタプレビル、リトナビルというお薬です。併用により肝機能値が悪化するおそれがあるためこのお薬で治療中にアフターピルの服用はできません。これらのお薬での治療終了後2週間を経過していれば、アフターピルを服用することが可能です。

あとの2つはHIVプロテアーゼ阻害剤、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤といい、抗HIVウイルス薬で、HIVの治療に用いられます。エファビレンツ、リファブチン、リファンピシンという名前のお薬で処方されます。リファブチンについては結核の治療訳としても使われていることがあります。

これらのお薬はアフターピルと一緒に服用してしまうと、肝臓で薬物代謝酵素を誘導してしまうので、アフターピルの代謝を促進し、アフターピルの効果が減弱する可能性があると考えられています。そのため、これらのお薬を服用している方でアフターピルの服用を検討しているという方は、まずこれらのお薬を処方している医師にアフターピルの服用の可否及び、服用時の注意点を相談されることをおすすめしています。

また、お薬ではないのですが、セイヨウオトギリソウ( セント・ジョーンズ・ワート)を含む健康食品も併用してしまうと、アフターピルの効果を下げる可能性が指摘されていますので、こちらも併用しないようにしましょう。セント・ジョーンズ・ワートとは、サプリメントのひとつで抑うつ症、不安、無感動、睡眠障害、不眠症、食欲不振、自信喪失など多くの精神的症状に効果があるとされています。これらに対して効果があるとされるサプリメントを服用されている方は成分にセイヨウオトギリソウが含まれていないか確認されることをおすすめします。

併用禁止ではないが、相互作用が起こるものは?

アフターピルとの併用を禁止してはいないものの、相互作用が出現する可能性のあるお薬はたくさんありますので、ここでは、服用によって何が起こるかというカテゴリーで、併用禁止ではないものの注意していただきたいお薬をご紹介します。

1つは、ディナゲスト錠などの子宮内膜症の治療に使うお薬です。子宮内膜症の治療薬は、子宮内膜の増殖を促すホルモン剤の併用については注意あるいは禁忌ですが、ホルモンの分泌を止めるアフターピルについては併用してもかまいません。ですが、スプレキュアという名前で流通している子宮内膜症治療薬のブセレリンについては、アフターピルの効果を弱めてしまう可能性があるため併用される際には医師へご相談ください。

2つ目は、EVE等の総合風邪薬ですが、こちらもアフターピルと併用することによる薬の相互作用は報告されていません。ただし、カロナールという名称で販売されているアセトアミノフェンに関しては併用することでアフターピルの作用を増強させる可能性があるため、併用する際には医師へご相談ください。

また、正露丸など普段常備薬として服用される機会のあるお薬の多くは、アフターピルとの相互作用が報告されていませんので、一緒にお使いいただけます。

3つ目はぜんそく薬です。先ほど結核の治療薬で併用禁止のものもあるとお伝えしました。ですが、喘息のお薬については、アフターピルに対して影響を及ぼすお薬はありません、ですが、アフターピルと服用することで逆にぜんそく薬の効果を強めてしまう可能性があります。特にテオドールという名前で流通しているテオフィリンについてはテオフィリン自体の作用が強く出てしまうため、併用の際には医師へご相談ください。

ほかにも、各種副腎皮質ホルモン、パーキンソン病治療薬のエフピーという名称で流通しているセレギリン、免疫抑制薬のシクロスポリン(サンディミュン、ネオーラル)、胃炎・胃潰瘍治療薬のオメプラゾールもアフターピルの作用は変えないもののこれらのお薬の効果が強まる可能性があるため注意が必要です。

抗安定薬や睡眠薬といった精神を鎮める効果のあるお薬は、アフターピルの血中濃度を高くしてしまい、一緒に服用することでアフターピルの作用が強まることがあります。三環系抗うつ薬については、アフターピルの作用に影響しない者のこのお薬の効果が強くなってしまう可能性があります。。

添付文書などに併用を禁ずる文言はありませんが、これらのお薬を服用されている方も念のため、お薬を処方している医師へアフターピルを服用する旨をご相談されることをおすすめします。

アフターピルを水以外で飲んだらどうなる?

お薬は基本的に水で服用することが推奨されています。ですが、すぐに飲みたいのに手持ちに水がなかった、水以外の飲み物なら持っているという場合に、水以外の飲み物で服用したらどうなるのでしょうか。

まず絶対に一緒に服用してはいけないのがアルコールです。アルコールは薬と同じ肝臓で分解されるため、アフターピルとアルコールを一緒に摂ると、アフターピルの分解が遅れてしまうため、アフターピルの血中濃度が高くなってしまい、作用が強く出てきてしまうことがあります。

次に一緒に服用することがおすすめできないのが炭酸水です。炭酸水に含まれる炭酸には、気泡性があるため薬の吸収に影響を及ぼすとしているため、一緒に服用することをおすすめできません。

そしてもうひとつ一緒に服用をおすすめできないのがグレープフルーツジュースです。グレープフルーツジュースには、フラノクマリンという成分が含まれており、小腸の上皮細胞に存在する代謝酵素を阻害して、薬の血中濃度を増加させ、効果を強く出してしまう可能性があります。アフターピル自体は、併用することに対して禁忌としていませんが、確実に効果を得たいという方は一緒に服用することをおすすめしません。また、グレープフルーツジュース以外にもはっさくやあま夏みかんにも含まれているため、これらのジュースにも注意しましょう。

ほかにもカフェインが薬の吸収や作用に対して影響を及ぼすとしています。アフターピルに直接的に影響する可能性は低いのですが、念のため、一緒に服用をしないようにしましょう。

また、水で服用したとしても水が少量ですと、胃の中で十分に溶けないという可能性があります。十分に溶けないと必要な成分がきちんと溶解されてこないので効果が出ないことがあります。たまに、お薬を水なしで飲まれる方もいらっしゃいますが、アフターピルは水なしで溶けるタイプのお薬ではないため、少量の水で服用したときと同じように胃の中でお薬が十分に溶けずに効果をきちんと得られないことがありますので、コップ1杯分のお水やぬるま湯で服用するようにしましょう。

併用禁止のお薬を正しく理解して、正しく服用することで、最大限の効果を得ることができますので、これらについては、きちんと守っていきましょう。

公開日:9月15日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se24/se2482012.html

添付文書 https://pins.japic.or.jp/pdf/newPINS/00067924.pdf

公益社団法人日本薬学会 https://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%88

東邦大学医療センター https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/yakuzai/patient/tjoimi000000161m-att/tjoimi0000001fp5.pdf

製薬協 http://www.jpma.or.jp/medicine/med_qa/info_qa55/q26.html