2020.05.11

シミのタイプ別の原因と効果的な対策について、医師が解説します。

人形のようにシミひとつない肌は女性の理想。この理想の肌に少しでも近づくためにもシミは作りたくないと考える方も少なくないはずです。そもそもなぜシミができるのか、これを知っていればシミを予防することができるかもしれません。

今回は、シミについて詳しくお伝えしていきます。

↓簡単に受診できる、シミ治療薬のオンライン診療はこちら

シミってなに?

シミとは、皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものの総称です。シミと一言で言いましてもさまざまな種類があります。

老人性色素斑

1つは、日光黒子といい、老人性色素斑とも呼ばれます。多くの人が考えるシミはこの日光黒子が当てはまります。淡褐色~濃褐色のシミができ、主に20歳から30歳の間にでき初め、年齢を重ねるごとにどんどんできやすくなります

そばかす

2つ目は雀卵斑といい、いわゆるそばかすのことです。茶褐色の1つ数ミリ程度の小さな斑点がまばらにできるもので、主に頬のあたりに多く見られます。主に3歳以上からできるといわれ、思春期にピークを迎えます。欧米人に多く見られるシミですが、日本でも特に色白の方に多く見受けられるシミです。

肝斑

3つ目は肝斑と言い頬骨のあたりに沿って左右対称にできるしみのことを言います。女性特有のシミともいわれており、女性にできることが多いです。30歳から40歳位の方に特に多く見られ、高齢者ではほとんど見られません。

炎症後色素沈着

4つ目は炎症後色素沈着と言い、肌の炎症を起こした後にできるしみです。年齢や世代を問わずにできるシミですが、時間の経過とともに徐々に薄くなっていくことが特徴です。

また、まれにこのシミが皮膚がんなど命にかかわる病気であることもあります。ですので、ただのシミと楽観視せず例えば徐々に大きくなってきている、大きさや形が普通のシミとは異なる、色が濃いなど普通のシミと異なると感じた場合にはすぐに医療機関を受診されることをおすすめします。

↓簡単に受診できる、シミ治療薬のオンライン診療はこちら

シミができるメカニズム、黒色メラニンの働きとは?

シミがどうしてできてしまうのか、そのメカニズムをご紹介します。皮膚の表面はケラチノサイト(表皮細胞)とメラノサイト(色素細胞)などから成り立っています。紫外線を浴びることで、酵素が活発となりメラノサイト内でメラニンが形成されます。このメラニンがシミの元となります。また、メラニンはしみの元となるだけでなく、肌の細胞を紫外線から守る役割も果たしています。ですので、紫外線を浴びれば浴びるほど黒色メラニンが増えていくのです。

ですが、メラニンはでき続けるわけではありません。肌は常にターンオーバーを繰り返しており、約1ヶ月で新しい肌が作られます。ですので、黒色メラニンを発生させないこと、ターンオーバーを促進することが、シミを予防、改善する対策であると言えます。

そのため、美白成分の配合されている化粧品を使用したり、ターンオーバーが促進されるようなスキンケアを心がける対策も効果があると言えます。しかし、市販のものではシミを改善できる分だけの成分を配合しているかどうかは疑問であるものも多く見受けられます。確実にシミを治したいという方は医療機関など皮膚のプロフェッショナルとなる医師の診断を受け、肌に合った成分が配合されている化粧品などを処方してもらうことがおすすめです。

↓簡単に受診できる、シミ治療薬のオンライン診療はこちら

シミの原因は?

紫外線

シミの原因は、どの種類のシミであっても挙げられるのが紫外線です。先ほどもご紹介した機序で、肌細胞にシミの元となるメラニンを作り出してしまうのです。

女性ホルモン

また、紫外線以外にも原因に上がるのが女性ホルモンです。女性ホルモンが原因でできるしみには肝斑が挙げられます。例えば妊娠中や出産直後、低用量ピルなどホルモン剤を内服している女性は、他の女性よりも肝斑ができやすい傾向にあります。

さらに抗酸化物質もシミの原因となります。抗酸化物質は紫外線を浴びることによって体内に発生するのですが、この活性酵素が肌にダメージを与え、結果としてシミができやすくなるのです。

クリニックフォアのシミ治療について

クリニックフォアの美容皮膚科では、シミの治療としてレーザー治療と内服薬の処方を行っています。レーザー治療は受診をしていただかなければ行うことができませんが、内服薬はオンライン診療でも処方をさせていただきます。また、活性酵素を除去する効果を持つサプリメントを当院の医師が監修しております。

治療はもちろん、自分でもサプリメントなどを活用してシミの対策をしたいと考えている方はクリニックフォアの医師へご相談ください。

↓簡単に受診できる、シミ治療薬のオンライン診療はこちら

監修:クリニックフォアグループ医師

公開:5月10日

参考文献

https://www.jichi.ac.jp/keisei/tre-hq/tre_shimi.html

鳥取大学医学部付属病院 http://www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp/introduction/3105/3106/21198.html#no3