2020.05.12

女性の薄毛対策は何をすべき?薄毛や抜け毛の正しい対処法について医師が解説します。

男性だけでなく女性も薄毛や抜け毛に悩む方が増えてきています。薄毛や抜け毛の正しい対処方法を知ることで、薄毛や抜け毛を改善させることができるかもしれません。

今回は、女性の薄毛や抜け毛の対処法について医師が詳しく解説していきます。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

薄毛に悩む女性はどれくらいいるの?原因は?

薄毛に悩む女性は10人に1人程度と言われています。女性の薄毛はヘアスタイルは変わらず、髪の量が頭頂部あたりから減っていくという特徴があるため、最初は自分で鏡で見て見た目から気づきにくいことが特徴です。

加齢によるホルモンバランスの変化

女性の薄毛の原因は、いくつかあります。最も原因として多いのが加齢、ホルモンバランスの変化です。女性の薄毛は40歳から50歳位のちょうど閉経にあたる方に多いといわれています。閉経をすると女性ホルモン濃度が一気に少なくなります。女性ホルモンには髪の成長を促したり、成長した髪の毛を行って危機感キープする効果があります。ですが、女性ホルモンの分泌量が一気に低下することによって発毛量が減ります。これに加えて、発毛してきた髪の毛も軟らかく抜けやすい髪の毛となります。そのため、発毛量が減ったのに抜け毛は増えるため、薄毛になっていくということが考えられます。

また、女性も微量ですが男性ホルモンを分泌していますが、閉経によって女性ホルモンの分泌量が低下することによって男性ホルモンの濃度が高くなります。そうすると、男性の脱毛症であるAGAと同様のメカニズムをたどり、抜け毛が増えていき、薄毛となってしまうのです。

生活習慣の乱れ

このほかにも生活習慣の乱れも薄毛となる原因として考えられています。睡眠中に分泌される成長ホルモンは髪の毛の成長にも関係しますが、睡眠が不規則となると成長ホルモンに分泌量も低下するため、髪の成長に影響を及ぼします。また、無理なダイエットをしたり食事のバランスが悪ければ、髪にも適切な栄養が送られず、髪が栄養不足のような状態になってしまうため、軟らかくコシのない髪の毛ばかりが作られ、薄毛を誘発してしまうことが考えられます。こ

れら以外にも病気の症状によって髪の毛が抜けてしまったり、病気による栄養不足で髪の毛が作られかったりすることもあります。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

女性が悩む薄毛の対策方法は?

女性の抜け毛はどのように対処していけばよいのでしょうか。もちろん、病気が原因で薄毛になっている可能性が高いと考えられる場合にはまず医療機関を受診して検査を受けられることをおすすめします。ここでは、病気以外の原因であることがはっきりしている場合の抜け毛や薄毛の対処法について言及していきます。

ミノキシジル

最も高い効果が期待できるのが医療機関を受診し処方されたお薬を使用することです。女性の抜け毛の治療に使えるお薬には、ミノキシジルがあります。ミノキシジルは発毛と抜け毛の進行予防の効果が認められているお薬です。女性の場合は男性よりも低い濃度のミノキシジルで十分効果が期待できるとされています。ミノキシジルは外用薬での使用が推奨されていますが、内服で処方されることもあります。内服薬はもともと血圧降下薬として開発されたお薬ですので、さまざまな副作用があること、心臓に病気がある方は使用できないため、詳細は医師と相談されることをおすすめします。

また、外用薬は、血圧低下などの副作用はないものの、直接肌につけるお薬のため頭皮のかぶれやかゆみといった副作用が起こる可能性もあります。肌が弱いという方もあらかじめ医師に相談されることをおすすめします。

スピロノラクトン

これに加えて、スピロノラクトンも女性の脱毛を予防する効果が期待できます。スピロノラクトンは、男性ホルモンであるジヒドロテストテロン(DHT)を抑制する効果が期待できるお薬であり、ニキビの治療薬としても使用されることがあります。閉経を迎え、男性ホルモンが優位になることによって抜け毛や薄毛を誘発しているということもあるため、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストテロンを抑制することで抜け毛を予防し、薄毛を改善する効果が期待できます。

生活習慣

もちろん、医師が診察をして処方する薬ですので高い効果が期待できますが、お薬を使いつつ生活習慣を見直すことも薄毛の予防や改善には必要です。薄毛の原因にもなるストレスをためないように自分の好きな方法でストレスを適宜発散していきましょう。また、成長ホルモンが分泌される22時~2時の間にしっかりと質の高い睡眠をとることも必要です。寝る前のスマートフォンの使用をやめるなど質の良い睡眠をとることを意識した生活スタイルに切り替えていきましょう。

これに加えてバランスのとれた食事をし、無理な食事制限をしないようにしましょう。特に過度なダイエットをしている若い女性に抜け毛を訴える方が多い傾向にあります。薄毛を予防、改善するためには無理な食事制限をせずにダイエットをしていきましょう。食事については特に髪の成長をサポートしてくれる亜鉛やビオチン、ビタミンが多く含まれている食材を活用するとよいでしょう。お薬の内服と合わせて行うことで、より効果が期待できます。

サプリメント

2つ目はサプリメントの活用です。クリニックフォアでは、髪の成長に必要不可欠な成分であるビオチンや亜鉛、ビタミン類を詰め込んだサプリメントを開発しており、使用することでハリやコシのある髪の毛を育ててくれます。髪を育てる育毛効果に加えて頭皮の環境を整えてくれるため、抜けにくい髪に成長してくれます。ですので遺伝的に髪の毛が薄くなる可能性があるという方には予防としてもぜひ活用していただきたいサプリメントです。

薄毛に悩まれている女性で、病的な因果関係がなく、薄毛が気になり始めたという方、まずはサプリメントで気軽に育毛ケアをしてみたいという方は、クリニックフォアのサプリメントをご活用ください。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

公開日:5月11日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/45/1/45_35/_pdf

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000038401.html

株式会社リクルートライフスタイルhttps://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2019/07/RecruitLifestyle_HBA_20190725_2.pdf

資生堂 https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB009121/

持田ヘルスケア株式会社 http://hc.mochida.co.jp/skincare/dandruff/dandruff6.html

大正製薬 https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_201.html

公益社団法人日本皮膚科学会ガイドライン https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

サワイ製薬 https://kenko.sawai.co.jp/healthy/201904.html

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00062871