2020.11.12

トレチノインとハイドロキノンの違いと併用について皮膚科医が解説!

シミの治療薬のうち外用薬として代表的なのがトレチノインとハイドロキノン。トレチノインとハイドロキノンにはどのような違いがあるのでしょうか。また併用をする上での注意点について詳しく解説していきます。

トレチノインとハイドロキノンの違いとは?

まず、トレチノインとハイドロキノンにはどのような違いがあるのか、効果という点から解説していきます。

 トレチノインの効果

トレチノインは、皮脂腺の働きを抑えることで皮脂の分泌を抑えたり、角質をはがしたする作用があるため、ニキビの改善に対する効果が期待できます。

また、真皮内でコラーゲンやエラスチンの分泌を高める作用があります。これに加えて表皮の角化細胞を増殖させて表皮を厚くすることで、表皮内でのヒアルロン酸などの粘液性物質の分泌を高め、皮膚に潤いとハリをもたらす作用があり、長期的にみていくと、皮膚にハリが生まれたり、小じわを改善したりといった効果が期待できます。

さらに、表皮角化細胞の増殖促進およびそれに伴う表皮のターンオーバーを起こすことで脱色素効果が得られるので、シミを薄くする効果も期待できます。通常皮膚がターンオーバーをするまで約4週間ほどかかるのですが、トレチノインを使用することで約2週間で表皮が置き換えられるように働いてくれます。

 ハイドロキノンの効果

ハイドロキノンは、高い美白効果があるお薬です。

肌の細胞には色素細胞という細胞が存在するのですが、この細胞に紫外線が当たるとシミの元となるメラニンを作り出してしまいます。ハイドロキノンは紫外線が色素細胞にあたった際にメラニンを作るために出てくる酵素を抑制する働きがあります。この酵素を抑制することでメラニンを作り出すことができなくなるため、シミができないようになります。肌を白くしてシミを薄くしていくことから皮膚の漂白剤という異名を持ちます。

ハイドロキノンそのものは皮膚への吸収があまり良くありません。ですが、ほかの薬剤と一緒に使用することによってしっかりと肌に吸収させてケアをすることができます。皮膚科ではハイドロキノンはトレチノインとともに処方されることが多い傾向にあります。

また、ハイドロキノンは市販の美白化粧品やクリームにも配合していることがありますが、成分の作用が医薬品のハイドロキノンに比べて100分の1程度と非常に弱いので、確実に効果を得たいという方は医薬品のハイドロキノンを使用されることをおすすめします。

↓↓簡単に受診できる

美容皮膚科のオンライン診療について

トレチノインとハイドロキノンを併用することによる効果とは?

トレチノインとハイドロキノンを併用することで、得られる効果は2つあります。

1つは、ハイドロキノンの効果を高めるということです。先ほどもご紹介したように、ハイドロキノンは単体で使用した場合、吸収が悪く、高い効果を得ることができません。しかし、トレチノインと併用することで吸収率が上がり、ハイドロキノンの効果を発揮することができるのです。

もう一つは、シミを確実に治すことです。ハイドロキノンでシミを薄くし、トレチノインでターンオーバーを促すので、薄くなったシミがどんどん表皮に押し上げられて排出されるため、結果として新しく作られた皮膚はシミのないキレイな肌となるのです。ハイドロキノンは、できているシミを薄くするだけでなく塗布している部分に新しいシミを作らせないようにする効果もあるため、ハイドロキノンの塗布を続けている部分はシミのない肌を維持することができるようになるのです。

トレチノインとハイドロキノンを併用する上での注意点とは?

トレチノインとハイドロキノンの併用使用はそれぞれを単体で使用した場合に比べて高い効果が得られる分、かなり強力な治療法となります。そのため、しっかりと注意事項を守った上で併用することが必要です。

まず塗る順番ですが、洗顔をして肌を整えた後、先にトレチノインをシミの部分にだけ塗布し、その後にハイドロキノンを顔全体にたっぷりと塗るようにします。

トレチノインやハイドロキノンを塗布後、外に出る場合は必ず日焼け止めを塗布するなど紫外線対策をしましょう。紫外線対策をせずに外出してしまうと、シミが濃くなる可能性があるからです。

トレチノインもハイドロキノンも安定性が非常に悪いお薬ですので長期保存をすることができません。使用後は冷蔵庫で保管するようにし、余ってしまったお薬は破棄しましょう。余ったお薬を後々、自己判断で使用することで皮膚のトラブルにつながることがあります。

↓どこでも受診できる

美容皮膚科のオンライン診療について

クリニックフォアのオンライン診療について

忙しくて皮膚科へ行く時間がなかなか取れないという方は自宅で手軽に高い効果の得られる日本の皮膚科医が監修したメディカルスキンケアプログラム「sai+skincare」を活用してみてはいかがでしょうか。

sai+ skincareは、年間10000件以上の美容皮膚科臨床ケース、学術論文によって、安全性と高効果が認められた医療成分を使用しています。また、美容皮膚科に精通する医師がオンラインでしっかりと一人ひとりの肌悩みに向き合い、濃度や組み合わせがカスタマイズしてくれるので、より高い効果を実感できるのです。

皮膚科医に処方してもらうとなると医療機関を受診するなどの手間がかかりますが、sai+ skincareはオンラインで診療を受けることができるため、いつでもどこでも手軽に自分の肌悩みを皮膚科の医師に相談することができます。シミや肝斑など美肌や美白の治療を受けたいという方は月額8500円~とお財布にやさしく続けやすいお値段設定をしております。

自宅に居ながら本格的な美容皮膚科領域の治療を受けたいという方はsai+ skincareへお気軽にご相談ください。

↓↓簡単に受診できる

美容皮膚科医のオンライン診療について

公開日:11月11日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

自治医科大学

https://www.jichi.ac.jp/keisei/tre-hq/index.html

http://www.cosmetic-medicine.jp/list/tretinoin.html

https://www.jichi.ac.jp/keisei/tre-hq/tre_shimi.html

ロート製薬 http://www.drx-web.com/bihada/seibun/hydroquinone.htm

東京大学 https://www.cosmetic-medicine.jp/list/nanzan.pdf