2020.11.19

今注目されてるレチノールの効果って何?皮膚科医が解説します

レチノールって何?どんな効果があるの?

レチノールはビタミンAの別名で、つまりビタミンの一種です。人はビタミンを体内で合成することができません。しかし人が食べ物を食べてそれを消化したり、その消化したものから筋肉や健康な肌を作ったり、エネルギーを取り出すためにはビタミンが必要不可欠なので、少量ではあるものの食べ物から摂取しなければなりません。ビタミンはそういった有機化合物の総称です。

美容に興味がある方は、このレチノールには皮膚のアンチエイジング効果がある、とか、シワやシミにとてもよく効く、といったことを耳にしたこともあると思いますが、ここではそのようなレチノールの効果や、その効果を十二分に発揮するためにはどのような化粧品を選べば良いのか、また他にそのような効果を持つ成分はないのかについて解説していきたいと思います。

レチノールの嬉しい効果とは??

ではそんなレチノールの効果はどういったものなのでしょう。

皮膚は3層構造で構成されており、表皮・真皮・皮下組織となっています。角質や角層といった構造は表皮の中でもさらに表層約0.02mmの部分です。ラップほどの厚さしかありません。

レチノールを皮膚に塗ることでそのような表皮の角層の細胞分裂を促進することにより表皮を分厚くし、角質層をコンパクトにする効果があります。また、それにより肌細胞の生まれ変わりも早くなることにより皮膚のシミの原因であるメラニンという色素が古い肌細胞とともになくなっていきます。また、これは良いことでもあり悪いことでもありますが、皮膚の角質層が薄くなることで肌の薬の効きが良くなり、さらに角栓が取れることでニキビが良くなることもあります。

ただし副作用ももちろんあります。

特に使用し始めに起きやすく、皮膚が赤くなったり、ポロポロと剥がれてしまうことがあります。これはレチノールを使い続けていくうちに改善していくことが多いです。またそれが原因で皮膚に色素沈着してしまうこともあります。これはハイドロキノンと言う薬を一緒に使うことで予防できます

レチノールが配合されている化粧品の選び方とは?

まず、レチノールと一言に言ってみても似たものにいくつか種類があることに注意してください。酢酸レチノールやパルミチン酸レチノールなどがあります。また、レチノールと形のにた、親戚のようなものであるレチノイドにはトレチノイン、アリトレチノイン、イソトレチノインなどがあり、さらに最近は形は似ていないが同じような作用を示す物質も含まれています。

そしてそのような成分が配合された化粧品の選び方ですが、できればレチノールの100倍効果があると言われているトレチノイン配合のものが良いでしょう。ただしこれは医師の処方がなければ手に入れられません

そこで市販のものであれば、クリームのような油性のものより水性のものの方が浸透性が良くおすすめです。また、レチノールに限らず化学物質は紫外線を浴びると性質が変わってしまいやすくなるので、器が光を通さない遮光性のものが良いでしょう。

↓↓簡単に受診できる

トレチノインのオンライン診療について

レチノールの100倍効果があると言われているトレチノインについて

先ほど少し話しましたが、トレチノインはレチノールの100倍効果があると言われています。レチノイン酸やビタミンAの(カルボン酸)誘導体と呼ばれることもあります。

これは実際にレチノールよりはるかに効果的なのですが、医療機関の処方でしか手に入らないという点と、効果が高い分安定性にかけ、処方されてしばらく経つと効果が薄れてしまうという点に注意が必要です。

ですので、病院に1-2ヶ月ごとに通うことのできる方はトレチノインを使った方が効果に満足できること間違いなしです。

クリニックフォアのオンライン診療について

忙しくて皮膚科へ行く時間がなかなか取れないという方は自宅で手軽に高い効果の得られる日本の皮膚科医が監修したメディカルスキンケアプログラム「sai+skincare」を活用してみてはいかがでしょうか。

sai+ skincareは、年間10000件以上の美容皮膚科臨床ケース、学術論文によって、安全性と高効果が認められた医療成分を使用しています。また、美容皮膚科に精通する医師がオンラインでしっかりと一人ひとりの肌悩みに向き合い、濃度や組み合わせがカスタマイズしてくれるので、より高い効果を実感できるのです。

皮膚科医に処方してもらうとなると医療機関を受診するなどの手間がかかりますが、sai+ skincareはオンラインで診療を受けることができるため、いつでもどこでも手軽に自分の肌悩みを皮膚科の医師に相談することができます。シミや肝斑など美肌や美白の治療を受けたいという方は月額8500円~とお財布にやさしく続けやすいお値段設定をしております。

自宅に居ながら本格的な美容皮膚科領域の治療を受けたいという方はsai+ skincareへお気軽にご相談ください。

↓↓簡単に受診できる

トレチノインのオンライン診療について

公開日:11月18日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

皮膚のrejuvenation:レチノイドの作用機序 https://www.cosmetic-medicine.jp/list/prac-ra.htm