2020.05.05

新型コロナウイルスに期待されている薬とは?クリニックフォアグループ医師が解説します。

新型コロナウイルスは現在特効薬ともいえる薬がありません。ですが、日本の医療は日進月歩をしており、新型コロナウイルスの治療薬を日々研究しています。今回は新型コロナウイルス感染症において期待されているお薬をご紹介します。

コロナウイルスの薬はいつできるの?

実は、日本及び世界のいくつかの国ではもう新型コロナウイルスに有効であると考えられている薬は存在しています。米国においては新型コロナウイルスの予防に有効とされるワクチンの開発も進んでいます。ですが、開発された薬をすぐに世に出して使用をするということはできません。開発された薬が世に出るまでには、臨床いわゆる医療現場で安全性を確かめるための試験を複数回あるいは複数年かけて行い、安全性が確認されれば国に申請を出し、承認をされて初めて世に出ることができます。

今回はもうすでに国内での試験が進められているアビガン、コロナウイルスの新薬候補として研究が進められているイベルメクチンという2種類のお薬についてご紹介します。

アビガンって何?

アビガンとは抗インフルエンザウイルス薬で日本ではすでにインフルエンザの治療薬として承認されて2014年3月より医療機関で使用をされています。アビガンとは商品名で、薬の成分名としてはファビピラビルと呼ばれています。この薬はインフルエンザウイルスの遺伝子に関係するたんぱく質を阻害することによってウイルスの増殖を抑えることで効果を発揮します。さまざまな研究によって新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスのこのたんぱく質の型が類似しているということが分かり、抗ウイルスの効果を発揮するのではないかと考えられています。臨床での試験ではウイルス感染後にすでに症状が出ている方の改善効果も出ており、今後は世界と協力しながら研究を進めつつ、日本での使用拡大も視野に入れています。

アビガンには副作用として催奇形性(女性・男性ともに、内服した際に胎児に悪影響を及ぼす可能性がある)があると考えられていることや、インフルエンザの治療薬ではあるものの第一選択のタミフルなどに対して効果がなかった方に使用されていたという背景があるため、一般の方に処方される目途は臨床試験の進み具合などにもよります。ですのでまだ具体的な時期については公表されていませんが、ニュースでは6月末にも臨床試験を終了する旨の予測が立っています。

イベルメクチンって何?

イベルメクチンとはマクロライド系の抗菌薬で、駆虫薬として用いられることの多いお薬です。具体的には疥癬に用いられるお薬で、犬を飼っている方なら知っている方も多いであろう、フィラリアという病気の予防にも用いられるお薬です。日本人が発見したお薬としてノーベル賞を受賞したこともあるお薬です。HIVやデングウイルスの抑制効果もあるとしていますが、このお薬が新型コロナウイルス感染症を改善させる可能性があるということをオーストラリアのモナッシュ大学の研究チームが発表しています。まだ、人に対して応用として使われてはいないものの、期待が高まっているお薬です。

また、最近イブプロフェンの内服がコロナウイルスを悪化させる危険なものであるという情報が出回っていますが、これについての科学的な根拠は得られていません。

今後コロナウイルスのに対するどのようなお薬が出てくるのか、飲んではいけないお薬が出てくるかなど、コロナウイルスに関する最新情報をこちらのサイトで、お伝えしていきますので、ぜひ記事をチェックしてみてください。

クリニックフォアグループのオンライン診療について

より便利に診療を受けていただくために、初診から受診可能なオンライン診療を始めました。自宅で・オフィスで・外出先で・スキマ時間に、ご来院いただかなくても、便利に診療を受けて決済いただき、必要なお薬をご自宅までお届けします。
クリニックに来院することによる新型コロナウイルス感染リスクを防ぐ為にも、ぜひご利用ください。

↓↓初診からOK!オンライン診療はこちら(内科・皮膚科・アレルギー科)

「新型コロナ相談」LINE公式アカウント

クリニックフォアグループでは、Lineの「新型コロナ相談」アカウントを開設し、BOT形式で疑問・ご質問にお答えしています。
クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

監修:クリニックフォア医師
更新日:5月5日

※本記事は、上記公開日時点での状況・情報・エビデンスをもとに記載しています。新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化し、また新しくわかることも多々ありますので、最新の情報は、直近の記事や情報をご参照くださいますようお願いいたします。