医療脱毛の効果に個人差がある3つの理由|部位別の回数目安と効果がない場合の対処法

11 min

短い期間と少ない回数で、優れた脱毛効果を期待できる医療脱毛。

しかし、即効性を期待する人にとって気になるのが、実際はいつから減毛効果を感じられるかですよね。

また、医療脱毛で効果を実感できる平均回数は5回といわれていますが、5回の脱毛が完了した時点で満足いく仕上がりになっていなかった場合、費用がかさむのではないかと不安な人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、脱毛効果を実感できる部位別の目安回数と、医療脱毛の効果に個人差がある理由についてわかりやすく解説します。

医療脱毛で効果を感じられなかったときの対処法についても触れているので、少しでも早く理想の状態を手に入れたい人は必見です。

医療脱毛の効果に個人差がある3つの理由

横顔の女性の写真

前述したとおり、医療脱毛で減毛効果を実感できる目安回数は平均して5です。

しかしながら、医療脱毛の効果には個人差があるため、実際に通っていると5回の施術では満足いく理想の仕上がりが手に入らないことも

そこで注目したいのが、医療脱毛の効果に個人差がある以下の3つの理由です。

  1. 求めるゴールによって必要な回数が変わる
  2. 部位によって効果と回数が変わる
  3. 脱毛機によって効果が変わる

ではさっそく、詳しい内容について順番にみていきましょう。

①求めるゴールによって必要な回数が変わる

医療脱毛の効果に個人差がある1つ目の理由は、求めるゴールによって必要な回数が変わる点です。

自分が納得できる理想の仕上がりは、人によって異なります。

「カミソリ」や「毛抜き」を使った自己処理が楽になるまでを目標にする人もいれば、ツルツルの無毛状態を目標にする人もいますよね。

前者と後者では、医療脱毛に必要な回数が大きく変わってくるのです。

そのため、医療脱毛で減毛できる平均的な目安回数が、必ずしもゴールになるわけではありません。

編集部

編集部

自分が求めるゴールをあらかじめ決めておくと、医療脱毛に必要な回数を明確にすることができるため、クリニックや脱毛プランも選びやすくなるでしょう。

②部位によって効果と回数が変わる

続いて2つ目の理由は、脱毛する部位(パーツ)によって1回あたりの効果と、脱毛完了までのトータル回数が変わるからです。

そもそも医療脱毛とは、レーザーを照射することで発毛の大元となる領域を熱で破壊し、脱毛効果を得ます。

しかしながら、1回の施術ですべての毛に対して脱毛効果を得られるわけではありません。

なぜなら「毛周期」が大きく関係しているからです。

体に生える毛には、すべてヘアサイクルである毛周期が存在し、以下の3つのサイクルを繰り返します。

毛周期のサイクル
  • 成長期 → 皮膚の中からぐんぐんと毛が伸び、毛母細胞が活発に分裂を始める時期
  • 退行期 → 皮膚の表面に生えている毛が抜け落ち、毛母細胞の分裂が止まる時期
  • 休止期 → 次の成長期を迎えるまでのお休みの時期

この中で、脱毛効果を期待できるのは毛母細胞が活発な分裂を繰り返す成長期のみです。

退行期や休止期には、残念ながらレーザーが反応しません。

部位によって毛周期のサイクルは大きく異なるので、退行期や休止期が長いI・Oラインの毛は、1回あたりの脱毛で高い効果を得ることができないのです。

他の部位と比較しても、回数が多かったり脱毛完了までの期間が長かったりします。

さらに、医療脱毛で使用するレーザー脱毛機の多くは黒色のメラニン色素に反応させることで、発毛組織に熱を伝達させます。

色素の濃い毛には脱毛効果を発揮しやすいメリットがある反面、色素の薄い産毛には反応しにくいといったデメリットがあるのです。

産毛の多い背中や顔は、脱毛効果を得るまでに回数と期間がかかりやすいと覚えておきましょう。

③脱毛機によって効果が変わる

最後3つ目は、脱毛機の種類によって効果が異なる点です。

クリニックで導入している脱毛機には、次のようにいくつかの種類があります。

  • アレキサンドライトレーザー
  • ヤグレーザー
  • ダイオードレーザー(熱破壊式)
  • ダイオードレーザー(蓄熱式)

アレキサンドライトレーザーのように、黒くて濃い毛が得意な脱毛機器もあれば、ダイオードレーザー(蓄熱式)のように、色素の薄い産毛を得意とする脱毛機器もあるのです。

自分が脱毛したい部位の毛質を得意とするレーザー脱毛機を導入しているクリニックを選べば、少ない回数と期間で嬉しい変化を得られやすいでしょう。

編集部

編集部

なお、医療脱毛で使用するレーザー脱毛機の種類や特徴に関しては、後ほど詳しく解説します。

【部位別】脱毛効果に満足できる回数目安

足に触れる女性の写真

ここからは、脱毛効果に満足できる回数目安を部位別でみていきましょう。

先述したように、医療脱毛は脱毛する部位によって施術する回数や通う期間が異なります。

各部位の脱毛にかかる平均的な回数目安は、以下のとおりです。

脱毛パーツ自己処理が不要になる回数産毛なしのツルツルになる回数
全身8〜10回10回以上
8〜10回10回以上
ワキ5〜6回6回以上
Vライン5〜6回6回以上
I・Oライン8〜10回10回以上
腕・足5〜6回6回以上
お腹・胸5〜6回6回以上
背中8〜10回10回以上

カミソリや毛抜きを使った自己処理が不要になるまでの回数は、平均して5回です。

しかしながら産毛の多い顔や背中、さらには毛周期の寿命が長くてなおかつ頑固な根深い毛が多いI・Oラインは、自己処理が不要になるまでに8回以上の回数が必要となります。

また、産毛までしっかりと取り除いたツルツルの状態を目指すのであれば、脱毛効果を実感しやすい部位でも6回以上の回数が必要です。

毛周期が成長期のタイミングでのみレーザーが反応する仕組みを考えると、部位によっては想像している以上に回数が必要となる可能性も。

編集部

編集部

特に、産毛のないツルツルの状態を目指すのであれば、理想の仕上がりを手に入れるまでに10回以上かかることも想定しておきましょう。

医療脱毛は脱毛機でも効果が変わる!

脱毛機の写真

医療脱毛は、使用するレーザー脱毛機によっても1回あたりの施術で得られる効果が大きく変わります。

では具体的にどのように変わってくるのか、以下に記載した種類別の特徴をご覧ください。

アレキサンドライトレーザーヤグレーザーダイオードレーザー
(熱破壊式)
ダイオードレーザー
(蓄熱式・SHR方式)
機械の特徴黒色のメラニン色素に素早く反応する波長が長いから肌の深部までレーザーが届くあらゆる肌質や毛質に対応バルジ領域を狙うから幅広い肌色や毛の色に対応
得意な毛質色素の濃い太い毛根深い頑固な毛濃くて太い毛〜薄くて細い毛産毛や細い毛
日焼け肌の脱毛×(対応不可)◎(対応可能)△(程度によって対応可能)◯(対応可能なケースが多い)
痛みレベル★★★ 
(普通)
★★★★
(強い)
★★〜★★★
(やや弱い)
★★
(弱い)
脱毛機の名称ジェントルレーズプロ / ジェントルレーズプロ / ジェントルマックスプロ /クラリティツイン /エリートプラス / エリートMPX / スプレンダーXジェントルヤグライトシェアデュエット / ベクタスメディオスターNext Pro / ソプラノチタニウム / アリー / クリスタルプロ / ラシャ

特に注目したいのが、脱毛機器の種類によって異なる「得意な毛質」です。

アレキサンドライトレーザーのように、色素が濃くて太い毛を得意とする脱毛機器は、色素の薄い産毛は苦手です。

一方で、産毛や細い毛を得意とする蓄熱式のダイオードレーザーは、色素が濃くて太い毛が苦手になります。

つまり、短所は長所の裏返しとなるのです。

なお、このメカニズムで考えるとヤグレーザーにも同じことが当てはまります。

レーザーの波長が長い分、根深い頑固な毛に対して優れた効果を期待できますが、産毛や細い毛は毛根の位置が浅いため、脱毛効果があまり得られません。

得意な毛、不得意な毛を感じにくいのは、大きな長所と短所のない熱破壊式のダイオードレーザーになるでしょう。

ちなみに、医療脱毛を取り扱うクリニックによっては複数の脱毛機器を導入し、肌質や毛質で使い分けをしています。

最も効果を実感できる脱毛機器をプロの目線で選んでもらえるため、少しでも早く理想の仕上がりを手に入れたい人におすすめです。

編集部

編集部

クリニック選びに迷ったら、導入している脱毛機の数や種類にも注目してみましょう。

医療脱毛の効果はいつから?回数ごとの効果の表れ方を解説

考える白衣の女性の写真

即効性が期待される医療脱毛ですが、実際には何回目から脱毛効果を実感できるのでしょうか。

ここでは、回数ごとの効果の表れ方についてみていきましょう。

医療脱毛1回の効果

医療脱毛を取り扱うクリニックによっては、初めての人を対象に1回かぎりのトライアルを行っていたり、都度払いの1回プランを用意していたりします。

しかしながら、これらのプランやキャンペーンは医療脱毛を初めて体験する人のお試しや、脱毛の回数コース終了後に追加で受けたい人のためにある便利なシステムです。

編集部

編集部

残念ながら、肌の表面に生えている成長期の毛は全体の20%ほどといわれているため、1回の施術では満足いく脱毛効果を期待することができません

ですが、成長期の毛に脱毛効果を発揮することによって抜け落ちる感覚は実感できるでしょう。

毛周期のタイミングによっては、一時的に目立つ毛がすぐに生えてこないため、自己処理が楽だと感じるかもしれません。

医療脱毛5回の効果

医療脱毛を5回ほど繰り返すと、次の部位で自己処理が不要になったと感じる人が増えてくるでしょう。

  • ワキ
  • Vライン
  • 腕・足
  • お腹・胸

こまめにカミソリで剃ったり、毛抜きで抜いたりしなくても、肉眼で確認できる目立つ毛があまり気にならなくなる状態です。

なお、産毛や細い毛は残っているため無毛にはなりません。

医療脱毛8回の効果

医療脱毛が8回目になると、5回目までは気になっていた次の部位の毛に対する自己処理が不要になります。

  • 背中
  • I・Oライン

全身脱毛に挑戦中の人も、背中の毛が気にならなくなることで、完成に近づいた達成感が得られるでしょう。

また、前述した5回で自己処理が不要になるワキ・Vライン・腕・足・お腹・胸といった部位は、産毛も目立たなくなりツルツルの状態に近づきます。

医療脱毛10回の効果

医療脱毛が10回目になれば、全身のあらゆる部位の毛が、ツルツルになります。

高い満足度を得られるため、医療脱毛の完了が頭をよぎる人も少なくありません。

しかし人によっては、根深い頑固な毛が生えるI・Oラインや、産毛の多い顔・背中に引き続き脱毛が必要だと感じることもあります。

編集部

編集部

このような場合は、都度払いの1回プランを活用して様子をみるのがおすすめです。

医療脱毛の効果がない場合の対処法

案内する白衣の女性の写真

せっかく優れた脱毛効果を期待できる医療脱毛を始めても、効果を実感できなければ何年も通い続けなければいけません。

回数が増えれば費用もかさむため、できるだけこのような事態は避けたいですよね。

そこでぜひ実践してもらいたいのが、医療脱毛で効果を得られなかった場合の以下の対処法です。

医療脱毛で効果を得られなかった場合の以下の対処法
  • 毛周期のサイクルに合わせて脱毛の施術を受ける
  • 日焼けは極力避ける
  • 脱毛後の肌を適切にケアする
  • コース終了後に追加照射する
  • 複数の脱毛機を導入してるクリニックへ転院する

では具体的な内容について、一つ一つみていきましょう。

毛周期のサイクルに合わせて脱毛の施術を受ける

しつこいようですが、医療脱毛は毛周期が成長期のタイミングでのみ脱毛効果を発揮します。

発毛の大元となる毛母細胞の活動がストップしている「退行期」や「休止期」にレーザーを照射しても、高い効果を期待できません。

そのため、医療脱毛の効果がないと感じている人は、レーザーを照射するタイミングを成長期に合わせる工夫をしてください。

具体的な方法としては、脱毛に通うペースを乱さないことです。

2〜3ヶ月のペースで繰り返しレーザーを照射すれば、成長期のタイミングから大幅にずれてしまう心配がありません。

できる限り予約した日を変更しなくて済むように、計画を立てて通いましょう。

日焼けは極力避ける

紫外線は、季節に限らず1年中降り注いでいます。

正しいUVケアをしていないと、うっかり日焼けしてしまうことも少なくありません。

肌が日焼けによって炎症を起こしたり、黒く焼けたりすると、脱毛の施術が受けられないことも。

予約を取り直す事態となり、毛周期がズレて十分な脱毛効果を期待できなくなる可能性があります。

また、脱毛の施術後に日焼けをしてしまうと、色素沈着を引き起こす原因になるでしょう。

色素が変化した部分はレーザーを当てられないため、無理に施術をお願いすると仕上がりにムラが発生するリスクを高めます。

このような事態を避けるためにも、医療脱毛の施術を受けている期間はしっかりと日焼け止めを使用し、次のような行動もできる限り避けるのが無難です。

施術期間中に避けるべきレジャー

屋外のスポーツ/海水浴/ゴルフ/スキー/スノーボードetc.

編集部

編集部

特に紫外線の強い春〜夏にかけては注意しましょう。

脱毛後の肌を適切にケアする

医療脱毛のレーザーを照射した後は、肌の水分量が通常よりも少なくなります。

乾燥やかゆみによって肌状態が悪化すれば、十分な脱毛効果を得られなくなるでしょう。

そこで重要となるのが、徹底した保湿ケアです。

肌に刺激の少ない低刺激タイプのボディーローションやクリームを活用し、乾燥しがちな肌をしっかりと保湿してあげてください。

コース終了後に追加照射する

医療脱毛で得られる効果には、個人差があります。

目標とするゴールや、脱毛する部位によって必要回数は異なるため、契約したコースを終了したからといって、必ずしも満足いく効果を得られるわけではありません。

自分が理想とする脱毛効果を得られていない場合は、たとえコースが終了していたとしても、脱毛が完了するまで継続して通いましょう。

都度払いの1回プランを上手に活用して追加照射を行えば、回数を無駄にすることなく納得したゴールに到達した時点で医療脱毛から卒業できます。

複数の脱毛機を導入してるクリニックへ転院する

十分な脱毛効果を得られない人の中には、契約しているクリニックの脱毛機器が合っていない可能性もあります。

自分に最も適したレーザー脱毛機で施術を行うためには、複数の脱毛機器を導入しているクリニックへ転院するのがおすすめです。

編集部

編集部

のりかえ割などを上手に活用し、お得に医療脱毛を完了させましょう。

脱毛効果◎複数の脱毛機を導入してるクリニック3選

医療脱毛で取り扱うレーザー脱毛機は、種類によって得意な毛と不得意な毛があります。

しかしながら脱毛の回数が進むにつれて毛量が少なくなると、適した脱毛機の種類も変化するため、状況に合わせて自分自身で選ぶのは非常に困難です。

そこでおすすめしたいのが、複数の脱毛機を導入している以下のクリニックになります。

おすすめポイントや料金プランについてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

リゼクリニック

おすすめポイント
  • 一人ひとりの肌状態に合わせて4種類の脱毛機から選んでもらえる
  • 有料オプション(麻酔)以外の追加費用が0円
  • 安心して通える契約後のサポートシステムが充実

リゼクリニックでは、表記している脱毛コース以外の追加料金が一切発生しません。

痛みを軽減するための麻酔だけオプションとなりますが、カウンセリング料はもちろん剃り残しシェービング料も無料です。

また、リゼクリニックは脱毛効果を高めるための取り組みとして、種類の異なるレーザー脱毛機を4種類も導入しています。

一人ひとりの肌質や毛質に合わせ、最も適したものを選んでもらえるため安心です。

契約後も安心して通えるように、横浜院と新潟院を除いて自由に店舗間移動ができます。

コース終了後は特別価格にて追加照射が可能となるので、お財布にも優しいですね。

項目内容詳細
取り扱いプラン・全身脱毛・パーツ脱毛
脱毛料金・全身脱毛(VIO、顔を除く) 5回:269,800円(月々5,400円 / 60回)
・VIO脱毛 5回:99,800円(月々3,100円 / 36回)
・顔脱毛 5回:99,800円(月々3,100円 / 36回)
・ワキ脱毛 5回:19,800円(月々3,300円 /6回)
脱毛機種・ライトシェアデュエット(熱破壊式ダイオードレーザー)
・ラシャ(蓄熱式 / 熱破壊式ダイオードレーザー※切り替え可能)・メディオスターNeXT PRO(蓄熱式ダイオードレーザー)
・ジェントルヤグプロ(熱破壊式ヤグレーザー)
シェービング代無料
麻酔代・麻酔クリーム 3,300円 / 1回 
・笑気麻酔 3,300円 / 30分
予約変更・キャンセル受付期限:予約当日3時間前まで可能ペナルティ:1回分消化 
店舗数24店舗
店舗移動可 (一部の院はのぞく)

アリシアクリニック

おすすめポイント
  • あらゆる毛質に対応した3種類の脱毛機器を導入
  • 当日キャンセル料が無料だから急な予定変更も安心
  • お得に契約できる充実した割引・特典制度

アリシアクリニックは、医療脱毛に初めて挑戦する人でも安心できる0円システムが豊富です。

当日の予約キャンセルも無料となるので、ペナルティとしてお金がかかったり1回分が消化されたりする心配がありません。

予約時刻の2時間前までなら、会員サイトからキャンセルできるのも便利です。

また、アリシアクリニックには脱毛プランをお得に契約できる各種割引があります。

友達を紹介すると嬉しいプレゼントがもらえるので、かなりお得感がありますね。

導入している脱毛機は3種類となりますが、あらゆる毛質・肌質に対応しています。

痛みが苦手な人や、敏感肌の人も安心して通えるため、幅広い世代の女性から好評です。

項目内容詳細
取り扱いプラン・全身脱毛・パーツ脱毛
脱毛料金・全身脱毛(VIO、顔を除く) 5回:198,000円(月々4,400円 / 60回)
・VIO脱毛追加 4回:39,600円
・顔脱毛追加 5回:52,800円
・ワキ脱毛のみ 3回:30,030円 
脱毛機種・ライトシェアデュエット(熱破壊式ダイオードレーザー)
・ソプラノチタニウム(蓄熱式ダイオードレーザー)
・スプレンダーX(熱破壊式アレキサンドライトレーザー + ヤグレーザー)
シェービング代4,000円/1回(襟足・背中・腰・Oラインは無料)※事前予約制 
麻酔代・麻酔クリーム 3,300円/1部位
・笑気麻酔 11,000円 / 1回(池袋院・銀座6丁目院のみ)
予約変更・キャンセル受付期限:当日でも可ペナルティ:なし
店舗数21店舗
店舗移動可 

レジーナクリニック

レジーナクリニック
おすすめポイント
  • 太くて濃い毛〜産毛にもしっかりと対応する複数の脱毛機を導入
  • 最短8ヶ月で全身脱毛が完了できる
  • シェービング代や麻酔代が無料

レジーナクリニックは、短期間で効率よく通えるため、5回の全身脱毛が最短8ヶ月で完了します。

少しでも早く医療脱毛から卒業したい人には、最適なクリニックになりますね。

さらに、医療脱毛業界では珍しい麻酔代0円のクリニックです。

剃り残しシェービング料も無料となるので、表示されている脱毛費用以外は一切発生しません。

導入している脱毛機も、熱破壊式と蓄熱式の2種類となり、太くて濃い毛〜産毛にまでしっかりと対応しています。

その都度、毛の状態に合わせて脱毛機を選定してもらえるため、満足度の高い仕上がりが期待できる優良なクリニックです。

項目内容詳細
取り扱いプラン・全身脱毛・パーツ脱毛
脱毛料金・全身脱毛(VIO、顔を除く) 5回:207,900円
・VIO脱毛 5回:92,400円
・顔脱毛 5回:105,600円
・ワキ脱毛 5回:13,200円 
脱毛機種・ジェントルレーズ プロ(熱破壊式ダイオードレーザー)
・ソプラノアイスプラチナム(蓄熱式ダイオードレーザー)
・ソプラノチタニウム(蓄熱式ダイオードレーザー)
シェービング代無料
麻酔代・麻酔クリーム 無料
予約変更・キャンセル受付期限:予約前々日20時まで可能ペナルティ:1回分消化
店舗数23店舗
店舗移動可 

医療脱毛の効果に関するよくある疑問

エステ施術の風景写真

最後に、医療脱毛の効果に関するよくある疑問について2つご紹介します。

  • 医療脱毛とサロン脱毛で迷っている
  • 全身脱毛はいくらかかるのか知りたい

このような疑問を抱いている人は、ぜひ目を通しておいてください。

医療脱毛とサロン脱毛、ぶっちゃけどっちがいい?

医療脱毛とサロン脱毛には、次の違いがあります。

脱毛方法医療脱毛サロン脱毛
特徴・発毛の大元になる組織を熱破壊できる
・半永久的な減毛効果が期待できる
・発毛の大元になる組織に熱ダメージを与える
・出力の抑えた光を照射することで痛みを軽減できる
メリット・少ない施術回数と短い期間で持続的な減毛効果が得られる
・痛みの軽減に医療麻酔を利用できる
・脱毛1回あたりのコストが抑えられる
・エステ感覚で気軽に通える
デメリット脱毛機器によっては痛みがある脱毛完了までに回数と期間がかかる
向いている人の特徴・脱毛を早く完了させたい人
・持続的な減毛効果を得たい人
・気軽な気持ちで気長に通いたい人
・麻酔を使わずに脱毛の痛みを抑えたい人

医療脱毛は、1回の脱毛で優れた効果を発揮するため、少ない回数と短い期間で理想の仕上がりを手に入れることができます。

脱毛中の痛みもレーザー脱毛機の種類や麻酔によってコントロールができるので、少しでも早く脱毛を完了させたい人には、医療脱毛がおすすめです。

一方、サロン脱毛は気軽に通えて痛みが少ないといったメリットがある反面、1回の脱毛で得られる効果がそこまで高くありません。

脱毛機器の照射威力が医療脱毛と比較すると劣るため、理想の仕上がりを手に入れるまでに時間がかかります。

全身脱毛いくらかかった?

全身脱毛にかかる費用は、脱毛のコース料金だけではありません。

契約したプランで完了しなかった際の追加照射料や、他のクリニックに転院した際の費用も考えると、トータルで支払う費用には大きな個人差があります。

そこで、全身脱毛を体験した人が実際にいくらかかったのか、SNSや口コミ掲示板を中心にリサーチした結果、次の数字が明らかとなりました。

全身脱毛完了までのトータル回数の平均 : 6〜8回

・全身脱毛完了までのトータル費用の平均 : 35〜50万円

編集部

編集部

支払った金額に大きな差があるのは、毛質や肌質さらには使用した脱毛機器で異なる回数の違いと、クリニックで定めている全身脱毛の価格に違いがあるからです。

複数の脱毛機器を導入しているクリニックであれば、状況に合わせて最適なレーザー脱毛機を選定してもらえます。

その結果、少ない回数で高い脱毛効果を得られるため、全身脱毛にかかるトータル費用も抑えることができるのです。

また、脱毛は健康保険が使えない自由診療なので、クリニックによって設定している価格は大きく変わってきます。

全身脱毛の費用を少しでも抑えたい人は、

  • クリニックで導入している脱毛機の種類と数
  • クリニックが設定している全身脱毛の費用

この2つにしっかりと注目してみましょう。

まとめ

医療脱毛は1回あたりの脱毛効果が高いといわれていますが、理想の仕上がりを手に入れるまでの回数は脱毛する部位や目標とするゴールによって異なります。

では、今回ご紹介した内容を簡単に振り返ってみましょう。

  • 医療脱毛に必要な回数は、求めるゴール・脱毛する部位によって変動する
  • 医療脱毛で自己処理が不要になる回数とツルツルになるまでの回数は部位で変わる
  • レーザー脱毛機の種類によって脱毛の施術で得られる効果は異なる
  • 複数の脱毛機を導入して毛質・肌質に合わせて使い分けているクリニックがおすすめ

医療脱毛を少しでも早く完了させるためには、まず目標とするゴールを定めておきましょう。

そうすれば、部位によって必要な回数をある程度把握することができます。

また、脱毛機の種類によって得意な毛と不得意な毛があるため、状況に合わせて脱毛機を使い分けてくれるクリニックを選ぶのも大切です。

医療脱毛を検討している人は、ぜひ役立ててみてくださいね。

関連記事