ニードル脱毛は効果ない?おすすめサロン・クリニック10選|針脱毛とは?また生えてくる?痛みや医療脱毛との違いも解説

12 min

ニードル脱毛(針脱毛)は医療脱毛?
ニードル脱毛は永久脱毛硬毛化するってホント?
顔・脇脱毛はクリニックのレーザー脱毛と併用が良い?

電気脱毛とは?
エステ脱毛なら電気脱毛でもリスクなし?

ニードル脱毛は1分かかるってホント?

ニードル脱毛は、レーザーやフラッシュ(光)が主流になっている今でも、メニューに取り入れられている最も古い脱毛方法です。

今回は、ニードル脱毛をメニューに取り入れている医療機関とエステサロンを紹介します。

編集部

編集部

ニードル脱毛のことを詳しく説明しながら、医療機関とサロンの違いについても触れていきますね。

ニードル脱毛ができるサロン

サロン名脱毛料金詳細公式サイト
脱毛サロンTBC
エステティック
TBC
・プレーンゾーン※1:110円/1本
・デリケートゾーン※2:121円/1本

(どちらもメンバー価格)
▼詳細公式サイト

ミス・パリ
24,200円/60分▼詳細公式サイト
※1:両ワキや両ヒジ下、両ヒザ下
※2:顔やえりあし、首、両手足の甲・指

ニードル脱毛と比べ料金が安く、さらに半永久的な脱毛効果を得られるということで年々人気の広まりを見せている医療脱毛のおすすめクリニックも、ぜひチェックしてみましょう。

目次

ニードル脱毛(針脱毛)とは?特徴を解説

ニードル脱毛とは?特徴を解説

ニードル脱毛(針脱毛)の歴史は古く、レーザー脱毛や光脱毛が主流となった今でもその技術は残っています。

この項目では、ニードル脱毛について簡単に説明しましょう。

ニードル脱毛の仕組み

ニードル脱毛は脱毛したい毛穴に針を刺し、電流を流すことで毛根組織を破壊する脱毛方法です。

一度破壊された毛根組織の毛穴から毛が生えることはなく、その脱毛効果はアメリカのFDA(日本でいう厚生労働省)から永久脱毛効果があると認められています。

1本1本おこなう細かい作業のため、時間がかかり強い痛みも伴いますが、医療レーザーよりも確実で効果的な脱毛方法です。

ニードル脱毛の種類

ニードル脱毛を大きく分けると、医療機関の「絶縁針脱毛(医療針脱毛)」とエステでおこなわれる「美容電気脱毛」があります。

医療機関絶縁針脱毛
(医療針脱毛)
毛穴に刺した針に電流を流して毛根組織を破壊する
(皮膚に触れる部分は絶縁されていて安全)
エステサロン美容電気脱毛先端が丸い電極を差し込んで電流を流し、発毛組織にダメージを与える
(医療機関のものより出力が弱い)

どちらも1本ずつアプローチしていく脱毛の仕組みは同じですが、エステの美容電気脱毛は医療機関の絶縁針脱毛に比べて弱めの出力になっています。

ニードル脱毛の料金

ニードル脱毛は他の脱毛方法に比べると料金が高い傾向にあります。

コース料金ではなく、脱毛する毛の本数や施術時間によって金額を設定しているところがほとんどです。

また、医療で採用される絶縁針脱毛(医療針脱毛)と美容電気脱毛でも価格が違います。

それぞれの相場を以下にまとめてみました。

種類本数時間
【医療】絶縁針脱毛400円/1本800円/1分
【サロン】美容電気脱毛130円 /1本250円/1分
編集部

編集部

医療のニードル脱毛は、サロンの美容電気脱毛に比べると3倍ほど高い料金設定になっています。

さらに、医療機関でおこなわれるニードル脱毛は、感染症の確認のため採血をおこなったり、衛生面を考えて専用の絶縁針を購入するなど、施術料金以外の料金が加算されることも覚えておきましょう。

【医療】ニードル脱毛の施術以外にかかるお金
  • 初診料(3,000円)
  • 感染症検査代(4,000~6,000円)
  • 絶縁針代(4,000~6,000円)
  • 軟膏代(500~3,000円)
  • 局所麻酔代(5,000円) など

ニードル脱毛ができるおすすめサロン・クリニック

ニードル脱毛ができる医療機関やサロン

これまでニードル脱毛の説明をしてきましたが、自分の状況にはニードル脱毛が最適!という方もいたのではないでしょうか。

この項目では、ニードル脱毛をおこなっているエステサロンや医療機関をいくつかご紹介します。

ニードル脱毛ができるサロン

ニードル脱毛(美容電気脱毛)ができるエステサロンの紹介です。

編集部

編集部

医療機関に比べて1本あたりの施術料金が安いところがエステで受けられるサロン脱毛のメリット

エステティックTBC

出展:TBC

エステティックTBCは、全国に130店舗を展開する 女性専用のエステサロン。

プローブと呼ばれる先端部分は、全て滅菌済みの使い捨てのものを使用しています。

1本ずつ毛の処理をおこなう電気美容脱毛は「TBCスーパー脱毛」というプラン名で、会員になるとメンバー価格で受けられる他、特典も用意されています。

《TBCスーパー脱毛》

ビジター価格メンバー価格
プレーンゾーン
(両ワキや両ヒジ下、両ヒザ下)
132円/1本110円/1本
デリケートゾーン
(顔やえりあし、首、両手足の甲・指)
145円/1本121円/1本
※価格は全て税込み
入会金13,200円
入会事務手数料3,300円
※価格は全て税込み
※2年間の有効期限あり

ミス・パリ

「ミス・パリ」は、男性専用の「ダンディハウス」も含め、国内外に約120店舗を展開しているエステティックサロン。

痩身やフェイシャルなどのエステメニューの他、美容電気脱毛を取り入れているところが大きな特徴です。

ミス・パリには、脱毛士の国際ライセンスを取得している有資格者が在籍しています。

また、サロン内で取り扱われている化粧水や機械は全て高品質なので、高級感溢れるエステを体験することができるでしょう。

脱毛料金24,200円/60分
※価格は税込み
編集部

編集部

女性向けのクリニックやサロンが気になる方は「【2022年】全身脱毛サロン・クリニックおすすめ10選|選び方や知識も詳しく解説!」もチェックしてみてくださいね。

ニードル脱毛ができるメンズサロン

一回の施術で効果を感じることができて、思い通りにデザインできるニードル脱毛は、男性のヒゲにも人気の脱毛方法です。

この項目では、ニードル脱毛(美容電気脱毛)ができる男性のエステサロンを紹介します。

メンズTBC

メンズTBC
出典:メンズTBC

「メンズTBC」はエステティックサロンTBCの男性専用のエステサロンです。

脱毛のコースには「スーパー脱毛」と「美容ライト脱毛」が用意されています。

  • スーパー脱毛
    …毛を1本1本処理していく美容電気脱毛のプラン
  • 美容ライト脱毛
    …肌に光(エピフラッシュ)を照射する光脱毛のプラン

「スーパー脱毛」は、使用する脱毛機によって料金が異なり、会員になることで1本あたりの価格を安くすることができます。

《スーパー脱毛の料金》

コース名通常価格会員価格
Hi-エピ145円/1本121円/1本
イオシスエピ-M132円/1本110円/1本
※価格は全て税込み
※2年間の有効期限あり
【メンズTBCの基本情報】
脱毛料金スーパー脱毛(Hi-エピコース)
145円(税込)/1本(会員価格:121円)

スーパー脱毛(イシオスエピ-Mコース)
132円(税込)/1本(会員価格:110円)

スーパー脱毛(EZ02エピ-M/ボディ専用)
132円(税込)/1本(会員価格:110円)

Sパーツ美容ライト脱毛(ボクサーショーツライン、手の甲&指など)
4,840円(税込)/1回

Lパーツ美容ライト脱毛(胸、腹部、ヒザ下、背中、ワキなど)
9,680円(税込)/1回
脱毛機器・Hi-エピ(ニードル脱毛)
・イシオスエピ-M(ニードル脱毛)
・EZ02エピ-M(ニードル脱毛)
・エピラッシュ(光脱毛)
シェービングスーパー脱毛はシェービングの必要なし
テスト照射初回1,000円の体験あり
予約方法電話・Web
店舗数49店舗(店舗を検索する
キャンセル受付期限:予約前日まで
ペナルティ:キャンセル料1,000円
キャンペーン初回体験1,000円
キャンペーンの詳細を見る

ダンディハウス

「ダンディハウス」はミス・パリの男性専用のエステサロン

エステメニューの他、男性のニードル脱毛(美容電気脱毛)ができるところも特徴です。

女性のエステサロン「ミス・パリ」と同じく、全サロンに美容脱毛士の資格を持ったスタッフを配置しています。

美容電気脱毛のプラン名は「ブレンド脱毛」で、本数ではなく脱毛にかける時間で料金が決まっているシステムです

《ブレンド脱毛の料金》

脱毛時間料金
10時間220,000円
※1時間あたり22,000円
30時間528,000円
※1時間あたり17,600円
50時間825,000円
※1時間あたり16,500円
※価格は全て税込み
編集部

編集部

脱毛時間は80時間や100時間もあり、長い脱毛時間を選ぶことで1時間あたりの料金が安くなります。

【ダンディハウスの基本情報】
脱毛料金ブレンド脱毛(1時間あたり250本前後脱毛可)
220,000円(税込)/10時間

ライト脱毛(1部位 ※ヒゲ・顔・VIOは不可)
13,200円(税込)/1回
脱毛機器・ブレンド脱毛
・NEQST(ネクスト)(IPL)
シェービングブレンド脱毛はシェービングの必要なし
テスト照射初回550円の体験あり
予約方法電話・Web
店舗数49店舗(うちライト脱毛は16店舗のみ)
店舗を検索する
キャンセル無料
キャンペーン学割:35%オフ
キャンペーンの詳細を見る
編集部

編集部

他のメンズクリニックやサロンもチェックしてみたい方は「ヒゲ脱毛おすすめサロン・クリニック12選|髭脱毛の効果・痛み・料金相場を徹底解説」も参考にしてみてくださいね。

ニードル脱毛ができるクリニック(メンズも可)

現在、医療機関でおこなう脱毛はレーザーが主流で、全国展開をしているような大手医療脱毛クリニックのほとんどがニードル脱毛をおこなっていません

以下でご紹介する医療機関は全国展開をしているクリニックではありませんが、メニューに針脱毛があるクリニック7院をピックアップしてみました。

編集部

編集部

今回ご紹介する医療機関に通えない方は、近くの皮膚科にニードル脱毛ができるか問い合わせてみてくださいね。

美容皮膚科 川口クリニック

住所東京都荒川区東日暮里5-52-2 神谷ビル 5F
TEL03-5811-7555
診療時間月曜〜金曜  11:00〜20:00
土曜・祝日  09:30〜17:00
日曜(隔週) 09:30〜17:00
休診日日曜(隔週)
初診料3,300円
血液検査料4,400円
絶縁針5,500円
軟膏代330円
脱毛料金3,300円/5分
※価格は全て税込み

大船T’s形成クリニック

住所〒247-0056
神奈川県鎌倉市大船1-25-4 ヴィレッジビルディング2F
TEL0467-47-3711
診療時間9:00~16:00
休診日木・日祝
20本まで11,000円
21本~220円(税込)/毛1本
女性VIO 20本まで16,500円
女性VIO 21本〜330円(税込)/毛1本
針代4,400円
クリーム麻酔(5g)2,200円
局所麻酔
(両脇相当の範囲あたり)
8,800円
※価格は全て税込み

きぬがさクリニック

住所難波院
大阪府大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル

姫路院
兵庫県姫路市駅前町241 フェスタビル北館5F

梅田院
大阪府大阪市北区曽根崎新地1-5-18 ゼロ北新地11階
TEL初診予約:0120-77-5511
難波院:06-6631-8111
姫路院:079-284-5111
梅田院:06-6442-7120
診療時間10:00〜19:00
休診日難波院:年中無休/姫路院:不定休/梅田院:月曜日
初回テスト脱毛無料
採血代5,500円
針代 5,500円
麻酔クリーム3,300円
局所麻酔11,000円
ワキ11,000円/15分
Vライン・乳輪・胸・腹部・アザ11,000円/15分
顔・うなじ11,000円/15分
女性:特殊部位
(陰部・肛門周囲)
11,000円/15分
※平日

13,200円/15分
※土・日・祝
男性:特殊部位
(陰部・肛門周囲)
13,200円/15分
※平日

15,400円/15分
※土・日・祝
※価格は全て税込み

渋谷皮フ科医院

住所渋谷区渋谷2-22-10タキザワビル7F
TEL0120-213-291
診療時間11:00〜20:00(月曜〜金曜)
9:30〜17:00(土・日・祝日)
休診日なし
初診料3,300円
血液検査料4,400円
絶縁針5,500円
軟膏代550円
麻酔クリーム代2,200円/1回
脱毛料金3,300円/5分
※最小単位
※価格は全て税込み

赤坂クリニック

住所福岡県福岡市中央区赤坂1-13-8
赤坂ウィングビル4F
TEL0120-04-4617
092-734-4617
診療時間9:30~18:30
休診日祝日、第2・第4木曜日
血液検査料5,000円
絶縁針4,000~4,500円
軟膏代500円(5g)
1,000円(10g)
局所注射
(キシロカイン)
5,000円
麻酔クリーム500円(5g)
1,000円(10g)
脱毛料金(顔)400円/1分
(体)300円/1分
※価格は全て税込み

ビューティースキンクリニック ※女性専門

住所東京都新宿区新宿3-17-10
HULIC&New SHINJUKU 5階
TEL0120-755-884
診療時間11:00~20:00
休診日年中無休
絶縁針4,400円
ガス麻酔3,520円
塗るクリーム麻酔
(10%リドカイン)
3,080円/15g
脱毛料金550円/1本
※価格は全て税込み
編集部

編集部

レーザー脱毛も気になる方は、医療脱毛おすすめ人気クリニックの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

ニードル脱毛はこんな人におすすめ

ニードル脱毛はこんな人におすすめ

ニードル脱毛のメリットとデメリットをご紹介したうえで、ニードル脱毛はどんな人におすすめなのかまとめてみました。

ニードル脱毛がおすすめの人!
  • ホクロ毛を永久脱毛したい
  • レーザー脱毛後の残った白髪をなんとかしたい
  • ヒゲやVIO、眉毛の形を整えたい
  • レーザー脱毛や光脱毛で硬毛化や増毛化になってしまった
  • レーザー脱毛や光脱毛のコース完了後に数本だけ生えてくる毛を処理したい

ニードル脱毛は、広範囲への施術となると時間もお金もかかるため不向きですが、数本だけ残った毛を処理したいという場合にはとても向いています。

ニードル脱毛でも数本なら安く済みますし、確実な永久脱毛効果を得られるという点もメリットです。

逆に、以下のような方にはニードル脱毛は向いていません。

ニードル脱毛が向いていない
  • とにかく痛みに弱い
  • 全身など広範囲の脱毛を希望している
  • 脱毛の費用を抑えたい
  • ムダ毛を生やした状態がムリ
編集部

編集部

自分の状況にニードル脱毛が合っているか再検討してみましょう。

ニードル脱毛をしたのに再び毛が生えてくる理由は?

ニードル脱毛をしたのに再び毛が生えてくる理由は?

ニードル脱毛は最も脱毛効果の高い脱毛方法であり、施術済みの毛穴から再び毛が生えてくることはありません。

ですが、毛根組織を完全に破壊することができなかった場合は再び生えてきます。

ニードル脱毛は高度な技術を求められる施術のため、施術者の技術の差によっても左右されるのです。

また、毛周期の関係で施術時に休止中だった毛には効き目がありません。

毛周期

表面に生えている毛にしか作用しないので、毛周期(2ヶ月おき)に合わせて通うことも大切です。

編集部

編集部

表面に見えている毛は全体の20~30%なので、完全に毛を無くすには同じパーツで少なくとも 5~6回の施術が必要ということになりますね。

ニードル脱毛(針脱毛)のリスク|後遺症はある?

ニードル脱毛(針脱毛)のリスクや後遺症はある?

ニードル脱毛は、140年前から続いている最も古い永久脱毛方法で、安全性と有効性も証明されています。

ですが、ニードル脱毛には次のようなリスクがあることも覚えておきましょう。

火傷

従来のニードル脱毛は火傷のリスクが高い傾向にありましたが、現在使用されている医療の絶縁針は、皮膚に触れる部分を絶縁してあるため火傷のリスクもかなり激減しています。

ですが、脱毛はどんな脱毛方法であっても少なからず火傷のリスクがあります。

色素沈着

脱毛の炎症によりメラニン色素がつくられ、それが排出されずシミになってしまう(色素沈着)ことがあります。

脱毛による色素沈着は、表皮層よりも下の真皮層まで入り込むこともあり、改善までにかなり時間がかかる場合もあります。

感染症
  • 肝炎(C型、B型など)
  • 梅毒
  • エイズ など

医療機関でのニードル脱毛では、血液を介して感染してしまう病気がないか予め血液検査がおこなわれます。

特に医療機関でのニードル脱毛は、感染症を防ぐために針を購入したり衛生管理も徹底しているので、ニードル脱毛で感染することはまずありません。

炎症性浮腫
  • 赤み
  • かゆみ
  • 浮腫み

電気熱による刺激で、脱毛後に赤みやかゆみ、浮腫みといった炎症が起こることがあります。

毛が太くて濃い部位や脱毛本数が多いときに出やすい症状ですが、3~10日で消えることがほとんどです。

毛嚢炎(もうのうえん)
  • ニキビのような炎症

脱毛部位の毛穴の奥に雑菌が入り込み炎症を起こしている状態を毛嚢炎といいます。

3日ほどで治まることがほとんどですが、酷くならないようできるだけ清潔に心がけましょう。

編集部

編集部

このようなリスクはありますが、ニードル脱毛による深刻な後遺症はなさそうです。

ニードル脱毛のおすすめサロン紹介へ戻る▲

ニードル脱毛(美容電気脱毛)のエステは効果がない?

エステのニードル脱毛(美容電気脱毛)は効果がない?

エステサロンの美容電気脱毛は、主に3つの種類に分けられます。

美容電気脱毛の種類
  • 電気分解法
    …効果は高いが施術時間が長く(1本につき1~3分)痛みも強いため、現在ではほとんど使われていない
  • 高周波法
    …高周波の熱を使って毛包の組織を凝固させ発毛機能を止める方法で、痛みが少なく短時間(1本につき1秒前後)で処理できる
  • ブレンド法
    …電気分解法と高周波法の良いとこ取りをした脱毛方法で、痛みが少なく効果も高い

どれも医療機関に比べると、弱い出力であることが医療機関のニードル脱毛との違いです。

また、エステサロンは医療機関ではないため麻酔や薬の処方をすることができません。

医療機関エステ
名称絶縁針脱毛美容電気脱毛
出力高い低い
麻酔×
薬の処方×

しっかり毛根組織を破壊することができれば二度と毛が生えてこないくらい効果絶大なのですが、うまく破壊することができなければ毛は再び生えてきます

そのため、施術者の技術や出力の高さも効果に影響を与えるということも理解しておいた方が良さそうです。

ニードル脱毛と医療レーザー・光脱毛の違いは?

ニードル脱毛と医療レーザーや光脱毛の違いは?

ニードル脱毛について、より理解が深まるよう他の脱毛方法とニードル脱毛の違いを比較してみましょう。

ニードル脱毛【医療】レーザー脱毛
※熱破壊式レーザー
【サロン】光脱毛
※IPL
脱毛方法毛根組織に直接電流を流して刺激を与えるメラニン色素に熱を与え毛根組織を破壊する(照射出力が高い)メラニン色素に熱を与え毛根組織にダメージを与える(照射出力が弱い)
脱毛効果永久脱毛
※医療針脱毛の場合
永久脱毛減耗・抑毛
痛みかなり強い強いやや強い
効果の出かたすぐに抜ける2~3週間2~3週間
回数6回前後5~8回12~18回
完了までの期間通う頻度による1~2年2~3年
料金
(ワキ)
施術時間や本数で料金が異なる約2万円/5回約2万円/12回

ニードル脱毛の料金は、本数で設定されている場合と時間で設定されている場合がほとんどなので、毛の量が多い場合はかなりの金額になってしまいます。

ですが、ニードル脱毛は即効性があり、施術後すぐに毛が抜けるため効果を実感しやすいところは魅力です。

電流で完全に破壊された毛根組織から毛が生えることは二度とないため、他の脱毛方法よりも脱毛効果が高いと言われています。

ニードル脱毛(針脱毛)のメリット

ニードル脱毛のメリット

この項目では、ニードル脱毛のメリットを紹介します。

ニードル脱毛のメリット①|肌の色や肌質に関係なく施術ができる

医療機関でおこなうレーザー脱毛や、エステで主流の光脱毛は、メラニン色素に反応させて脱毛をしていく方法のため、色素の黒い部分への照射をすることができません。
※脱毛機の種類によっては使用可能なものもあります。

ですが、ニードル脱毛は毛根組織そのものに直接電流を流して脱毛する方法なので、肌の色や肌質に関係なく施術することができます。

使用可能
  • 自黒
  • 日焼けした肌
  • 色素沈着
  • シミ
  • ホクロ
  • タトゥー
  • アトピー
  • 敏感肌
  • 乾燥肌
  • ニキビ肌
編集部

編集部

ニードル脱毛なら、ホクロやアザから生えている毛でもピンポイントで脱毛できますよ。

ニードル脱毛のメリット②|白髪や産毛も脱毛できる

レーザー脱毛や光脱毛では、黒い色素をもたない白髪や産毛を脱毛することはほとんどできません。
※脱毛機によっては使用可能なものもあります。

ですが、毛の色に関係なく毛根組織を破壊することのできるニードル脱毛なら、色素のない白髪や産毛にも脱毛効果を発揮することができます。

また、レーザー脱毛や光脱毛では照射不可になることの多い以下の部位にも、ニードル脱毛なら施術可能です。

  • 陰部の粘膜部分
  • 目の周り(眉周辺)
編集部

編集部

これまでレーザーや光で脱毛してきたけれど、白髪部分だけ残って困るという方の脱毛にもニードル脱毛は最適です。

ニードル脱毛のメリット③|効果を実感しやすい

現在主流の脱毛方法は、照射から2~3週間後に毛がポロポロ抜け始めることで効果を実感し始めます。

すぐに抜けるわけではないので”効果がない”と感じてしまう人もいるくらい脱毛までに時間がかかりますが、ニードル脱毛はその場で毛が抜けるため効果を実感しやすいです。

編集部

編集部

即効性があって永久脱毛効果もあるので、ニードル脱毛は効果を重視する方におすすめです。

ニードル脱毛のメリット④|ヒゲや眉毛などデザイン脱毛が可能

ニードル脱毛は、極細の針で1本1本細かい作業をおこなっていくため、狭い部分への脱毛を得意とします。

そのため、ヒゲや眉毛、VIOなどの細かいデザイン脱毛をしたい場合に最適です。

ニードル脱毛で1本ずつ脱毛していくことで理想の形に近づけることができます。

ニードル脱毛のメリット⑤|硬毛化や増毛化のリスクがない

レーザー脱毛や光脱毛のリスクに、硬毛化増毛化という症状があります。

  • 硬毛化…脱毛後に残った1本1本の毛が硬く太くなる現象
  • 増毛化…脱毛前より毛の本数が増えてしまう現象

これは、誰にでも起こりうる可能性がある現象で、はっきりした原因はわかっていませんが、顔や二の腕のような産毛が多い部位で起こりやすいと言われています。

硬毛化や増毛化になってしまったら、追加照射をおこなったり脱毛方式を変えるなどの対処法はありますが、 元の状態に戻すために1年以上かかることも。

ニードル脱毛は、そんな長引く硬毛化や増毛化した毛もしっかり処理できる脱毛方法です。

編集部

編集部

硬毛化や増毛化に対する保証があるクリニックもありますが、長引く場合はニードル脱毛を検討してみましょう。

ニードル脱毛(針脱毛)のデメリット

ニードル脱毛のデメリット

ここからは、ニードル脱毛のデメリットな部分をご紹介します。

ニードル脱毛のデメリット①|他の脱毛方法に比べて痛みが強い

ニードル脱毛は針を刺して電流を流すため、チクッとした痛みの後にパチッとした痛みがあります。

痛みには個人差があるものの、ニードル脱毛は脱毛方法の中でも最も痛みが大きく、中には耐えられず途中で辞めてしまう人もいるくらいの痛みです。

私自身は、激痛で断念しました。 ニードル脱毛を施術されていた方からお話を伺いましたが、技量により天国と地獄程の違いがあるそうです。

引用:Twitter

脱毛するなら早ければ早いほど良いと思う。白髪になるとニードル脱毛しかできなくなるけど、ニードル脱毛はとても痛いし、高額になりやすい。ニードル脱毛に比べたら、医療レーザー脱毛は痛くないように思える。

引用:Twitter

部位にもよりますが、皮膚が薄い部分(顔など)や皮下脂肪の少ない部分(指など)は特に痛みを感じやすいと言われています。

編集部

編集部

痛みの強いニードル脱毛は、麻酔を取り扱えないエステよりも医療機関で受ける方が安心です。

ニードル脱毛のデメリット②|広範囲の施術は不向き

ニードル脱毛は毛穴に1本ずつ針を刺していくという地道な作業です。

約500万本あると言われている人間の体毛を、ニードル脱毛で処理しようとするならば、莫大な時間とお金がかかってしまうでしょう。

施術者にもよりますが、ニードル脱毛で処理できる1分あたりの毛の本数は、多くても10~12本程度です。

これは、1時間で600~720本という計算になり、片ワキの3分の1しか完了できません。(女性の片ワキ=約1,800本)

また、1分あたりの料金が300円だとすると1時間で18,000円で、片ワキを完了させるには3時間必要になり54,000円かかることになります。

そのため、全身脱毛をしたい方にはニードル脱毛よりもレーザー脱毛の方がおすすめと言えるでしょう。

編集部

編集部

ニードル脱毛は確実に1本ずつ永久脱毛をおこなえる最も効果的な脱毛方法ですが、広範囲への脱毛には向いていません。

ニードル脱毛のデメリット③|ムダ毛を伸ばしておく必要がある

ニードル脱毛は、電流を流して毛根組織を破壊した後の毛をピンセットでつまみながら取り除いていきます。

そのため、毛が2~3mm伸びている状態がベストです。

施術後の毛がつまめるよう、ある程度ムダ毛を伸ばしておく必要があります。

編集部

編集部

見られたくないムダ毛(女性のワキなど)をあえて生やさなければいけないところはデメリットですね。

ニードル脱毛のQ&A

ニードル脱毛のQ&A

ここからは、ニードル脱毛に関する疑問を3つ解決していきます。

Q

ニードル脱毛で腋臭(ワキガ)が改善されるって本当?

A

ニードル脱毛によって、毛根付近にあるワキガの原因であるアポクリン汗腺が一部破壊されることがあります。
そのため、ワキガの軽減に繋がりますが、ワキガ改善のためにニードル脱毛をおこなうと不十分に感じられるでしょう。

Q

ニードル脱毛が向いている部位はどこ?

A

ニードル脱毛は広範囲よりも狭い範囲の脱毛に向いています。
向いていて人気の部位を女性と男性に分けて以下にまとめてみました。

女性男性
ワキ/顔/陰部ヒゲ/胸・腹/腕・手の甲

Q

ニードル脱毛をしたのにまた生えてきたらどうしたらいい?

A

ニードル脱毛で完全に毛根組織が破壊されない場合(出力が弱かったり、当て方が悪かったりなど)もあります。
再び生えてきてしまった場合はもう一度施術を受けてみましょう。

ニードル脱毛は脱毛効果が高い!

ニードル脱毛はここぞという状況にもってこいの脱毛方法です。

施術者の技術や出力の高さも肝心ですが、確実に毛根を破壊することで二度と毛が生えなくなります。

また、100年以上前から採用され続けている脱毛方法で、深刻な後遺症を心配する必要もありません。

自分のムダ毛の状態にピッタリ!と思った方は、是非一度カウンセリングを受けてみてくださいね。

関連記事