看護師転職求人サイトおすすめ5選!採用までの流れや成功のコツをご紹介

8 min

「看護師になってみたけれど、身体的・精神的にしんどい」
「より興味のある分野で学びを深めたくなった」
「夜勤がないところで働きたい」

など、看護師をしているとさまざまな理由で転職を考えたくなることありますよね。

そこで、いざ転職について考え出したはいいけれど、何から始めたらよいか分からない、今の職場で働きながらの転職活動は大変そうなど転職について悩む看護師さんにおすすめしたいのが、看護師専門の転職求人サイトです。

「看護師が働く場所 = 病院」はもう古い!

看護師の資格を活かして働ける場所は皆さんが想像しているよりはるかに多いかもしれません。
転職サイトはそんな最新の情報をたくさん握っています。

今回の記事では看護師転職求人サイトのおすすめを、採用までの流れや転職成功のコツまで含めてご紹介します。

転職を検討している皆さんのお力になれること間違いなし。
ぜひ最後まで読んでみて下さい。

看護師のおすすめ転職サイト

看護師におすすめの転職サイトを、その特色と共にランキング形式でご紹介します。

いずれのサイトも無料で利用でき、転職の効率をあげてくれるものばかりです。

自分の働き方や分野、施設形態などに合わせて転職サイトを選んでみましょう。

編集部

編集部

興味のあるサイトいくつかに登録すると、より多くの求人情報を紹介してもらえるのでおすすめです。

1位|看護roo!

看護roo!
編集部おすすめポイント
  • 求人掲載数圧倒的1位!
  • 応募施設形態が豊富!
  • 充実したサポート内容

看護roo!は、「転職手続ガイド」や「内定~入職まるわかりガイド」など看護師にとって必要な情報が凝縮されたサイトです。利用したことのある人も多いのではないでしょうか?

その中のサービスの一環として、看護roo!転職サポートがあります。

看護roo!の一番の魅力は、何といってもその公開求人数の多さです。
転職を考えている人にとって、より多くの選択肢のなかから候補を絞っていくことができるのは大きな魅力です。

掲載数56,569件
応募施設形態一般病院、大学病院、一般+療養病院、療養型病院、精神病院、クリニック、訪問看護、介護施設、健診センター、保育園・学校、その他施設
対応方法電話、メール
サポート内容求人紹介、情報提供、履歴書サポート、面接対策、面接で聞かれる質問の共有、面接日程の調整、病院見学、条件交渉、内定辞退の代行、円満退職アドバイスなど
受付時間平日9:00~21:00
運営会社株式会社クイック
※ 2021年8月現在

2位|マイナビ看護師

マイナビ看護師
出典:マイナビ看護師
編集部おすすめポイント
  • 応募施設形態が充実している!
  • 人気の美容クリニックの求人多数!
  • キャリアアドバイザーと直接会うことで、今後の働き方が明確になる

マイナビ看護師の最大の魅力は、応募施設形態が幅広いことです。

なかでも、最近注目を集めている

  • 美容クリニック
  • 産業保健分野

の求人情報が充実しているのが嬉しいポイント。
保健師の資格を活かしたい人にもピッタリです。

病院以外の場所で看護師として働きたい人におすすめのサイトです。

掲載数52,251件
応募施設形態病院、クリニック・診療所、美容クリニック、施設(有料老人ホーム、老健など)、訪問看護ステーション、看護師資格・経験を活かせる一般企業、治験関連企業(CRA、CRCなど)、保育施設、その他
対応方法電話、メール、面談(Web含む)
サポート内容面談・相談、求人紹介(マイナビだけの非公開求人含む)、応募先の決定、履歴書サポート、面接対策(面接練習、マナー、日程調整)、内定辞退代行、入職直前・入職後アフターフォロー
受付時間不明
運営会社株式会社マイナビ
※ 2021年7月現在

3位|看護のお仕事

看護のお仕事
出典:看護のお仕事
編集部おすすめポイント
  • 年間4000件を越える職場訪問に基づいて「働きやすさ」を重視した職場探しをサポート
  • LINEやメールで求人情報を受け取ることができる
  • 希望の日時に、応募先に合わせた模擬面談を受けることが可能

看護のお仕事では、勤務条件に加えて「働きやすさ」にも重点をおき、「ながく働ける職場」探しを手伝ってくれます。

年間4,000回を越える職場訪問をしていて、医療方針や退職した人の理由など、転職を考えている看護師が「本当に」知りたい情報をたくさん持っています。

転職先選びにおいて働きやすさを重視している人には特におすすめです。

掲載数50,000件
応募施設形態病院、クリニック、介護施設、訪問看護、健診センター
対応方法電話、LINE、メール
サポート内容転職相談、求人紹介、履歴書添削、面接対策、日程調整、休日や給与面の条件交渉代行、退職のしづらさなど現職場の悩みの相談、入職後アフターフォロー
受付時間平日9:00~21:00
運営会社株式会社レバレジーズメディカルケア
※ 2021年7月現在

4位|医療ワーカー

医療ワーカー
出典:医療ワーカー
編集部おすすめポイント
  • 働き方に合わせた特集が豊富
  • 転職に役立つコラムや押さえておきたいポイントのまとめがわかりやすい
  • おすすめの求人情報をLINEで受け取ることができ、見やすい

医療ワーカーのサイトには、「働き方別求人特集」が組まれています。

「美容クリニック求人特集」、「応援看護師求人特集」、「日勤常勤求人特集」など、希望する働き方別に求人が整理されています。

希望する就職先を見つけやすいのはもちろんのこと、それぞれの働き方のメリットや求人探しのポイントまで記載されているため、働き方を考える上で一度はチェックしてみたいものです。

掲載数30,186件
応募施設形態病院、クリニック、介護関連施設、訪問看護、企業、その他
対応方法電話
サポート内容転職相談、求人紹介、面接サポート、条件交渉代行、入職後のアフターフォロー
受付時間不明
運営会社株式会社トライト
※ 2021年7月現在

5位|ナース人材バンク

ナース人材バンク
出典:ナース人材バンク
編集部おすすめポイント
  • 長期間の情報を持っている(2005年~)
  • LINEでのやりとりが可能
  • Web上病院見学が可能

老舗の転職サイトなので、同じ病院や施設であっても今までの転職変遷について情報を持っているところが強みの転職サイトです。

キャリアアドバイザーとの連絡もLINEで行えるため、空いた時間を活用して転職活動を進めたい人にもおすすめです。

掲載数不明
応募施設形態病院、クリニック、訪問看護、企業・学校・保育園、介護施設全般
対応方法電話、メール、LINE
サポート内容電話相談、求人紹介、面接調整、条件交渉代行
受付時間不明
運営会社株式会社エス・エム・エス
※ 2021年7月現在

看護師向け転職サイトを選ぶポイント

パソコンを打つ女性

看護師向け転職サイトのおすすめをランキング形式でご紹介しました。

魅力的な転職サイトばかりでどれを利用しようか悩んでしまいますよね。

編集部

編集部

ここで看護師向けの転職サイトを選ぶ際のポイントを整理してみましょう。

掲載求人の数

看護師向け転職サイトを選ぶうえで、掲載求人の数はやはり重要なポイントになってきます。

全体的な求人数が多いことももちろんですが、自分が希望する施設形態(例:クリニック、美容クリニック、訪問看護師、介護施設、保育施設など)の掲載求人数が多いことも重要です。

看護師向け転職サイトに登録する前に、各サイトを訪問し自分が希望する施設形態の求人の検索をかけてみて、数を比較してみることをおすすめします。

面接同行やコンサルタントなどのサポート制度

サポート内容も、転職サイト登録前に確認しておきたいものです。

転職サイトで一般的に受けられるサポート内容を具体的にご紹介します。

転職相談

どちらのサイトでも、利用登録後にはまず転職相談を受ける形になります。

自分の転職理由や転職先に求める条件などについて、キャリアアドバイザーと相談しながら明確にしていくことが可能です。

求人紹介

自分の転職への条件を加味して、キャリアアドバイザーから求人の紹介を受けることができます。

転職サイトを利用せずに自分の力だけで求人情報を探すことも可能ではありますが、かなりの時間と労力が必要です。

また、転職サイトは非公開求人も数多く把握しており、効率的に情報収集をすることが可能になります。

面接日程調整

ほとんどの転職サイトでは、応募先決定後に面接日程調整を依頼できます。

先方に自分でアポを取るとなると緊張してしまいますが、サイト側が行ってくれるのは一安心ですね。

ここまでは一般的なサポート内容になります。

これらにプラスして、サイトによっては以下のようなサポートを受けられることがあります。

履歴書添削

就職試験前に履歴書を送付することになります。

アルバイトの履歴書や現在働いている施設への履歴書など、皆さんは過去に何度か履歴書を書いた経験があると思いますが、何回目であっても緊張しますよね。

転職理由や、看護師としての今までの経歴も重要視される点となってきます。

そのような部分を中心に、転職に有利な履歴書の作成方法をアドバイスしてもらえるサポートがこの履歴書添削です。

特に、転職未経験者におすすめのサポートになります。

面接練習、同行

看護師の転職では、面接での試験が一般的です。

就職面接で聞かれる内容は、病院や施設によってだいたい決まっていることが一般的です。

面接練習では、転職サイトが把握している過去の面接内容を知ることができ、加えて面接の練習まで行えるサポートです。

中には、面接に同行してくれるサイトもあります。

転職未経験の人には面接練習、同行をおすすめします。

面接は転職活動の中でも最も緊張する場面であるため、しっかりと対策をして望めると安心ですね。

条件交渉代行

「もう少し給与が高い方が良い」、「有給休暇は消化できるのか」など、就職先に希望したいことは山ほどあると思います。

条件交渉は、上記のような、少し自分では応募先に聞きにくいような勤務条件の面をフォローしてくれるサポートです。

入職前後のアフターフォロー

無事転職先が決まった!けれど、心配事や不安はつきませんよね。

そういった入職前の不安感や、万が一入職後に「面接時と勤務条件が違う」などといったトラブルが起きた際にサポートを受けられるサービスです。

転職という人生の転機にもなりかねない大イベントで、万が一の時のサポートがあるだけで不安が軽減されますね。

求人の鮮度

求人の多さはもちろんですが、その鮮度も大変重要です。

求人情報や条件、勤務形態などは日々変化しますので、転職活動では最新の情報をキャッチすることがカギとなります。

転職サイトによっては、自分の希望を伝えてそれにマッチする求人情報が出た際に速やかにメールやLINEで求人情報を送ってくれるサイトもありますので、確認しておきましょう。

転職サイトから実際に採用が決まるまでの流れ

看護師の面接シーン

転職サイトへの登録が済んだ後から実際に採用が決定するまでの流れについてご紹介します。

転職サイトを利用することで、採用決定までの流れをスムーズに進めることができるということを覚えておいてください。

① 転職サイトの登録

まずは、いいなと思った転職サイトへの登録を行います。

どのサイトも、サイトにアクセスしたトップページに「登録はこちらから」「転職サポートを受ける」などのバナーが表示されますので、そこから表示に沿って登録を行いましょう。

この時、

  • 希望する勤務地
  • 希望する勤務形態(日勤、夜勤など)
  • 保有資格(看護師、保健師、助産師)
  • 施設形態
  • 氏名、住所、電話番号などの個人情報

を入力することになります。

個人情報を入力することに抵抗がある人もいるかもしれませんが、転職サイトはそれぞれ会社により運営されており、サイト下部にも必ず「個人情報保護について」の記載がありますので怖がらなくて大丈夫です。

転職サイトへの登録が完了したら、コンサルタントからの連絡を待ちましょう。

② コンサルタントからの連絡・ヒアリング

転職サイトに登録後、担当のコンサルタントから連絡が入ります。

登録した時間などによって異なりますが、平日日中の登録であれば概ねその日のうちの営業時間内に連絡が入ります。とっても早いですよね。

そこで、転職理由や転職先に希望する条件などのヒアリングが行われますので、その時点でわかっていることだけでもよいので伝えておくようにしましょう。

サイト登録時にメモに書き出しておくと安心です。

③ 希望の条件から求人を紹介

ヒアリング結果を基に、条件にマッチする求人や、全ての条件にはマッチしないけれど視野に入れられる可能性のある求人の情報が、電話やメール、LINEなどを介して紹介されます。

最近ではよりタイムリーな求人情報の公表という点で、LINEを使っているサイトも多くあります。

求人の紹介方法や連絡方法に希望がある場合は、②のヒアリングの時点でコンサルタントに伝えておきましょう。

④ 求人の応募

応募したい転職先が見つかった場合は、いざ応募となります。

応募もコンサルタントが行ってくれますので安心しましょう。

⑤ 面接の日程を決める

応募後はいよいよ面接の日程調整になります。

こちらも、コンサルタントを介して行えるので安心しましょう。

⑥ 面接に関するアドバイスを受ける

応募先の過去の面接試験内容などを基にしたアドバイスを受けることが可能なことが多いです。

面接でどのようなことが聞かれるのか、事前にチェックして本番に望みます。

⑦ 面接を受ける

いよいよ面接です。

⑧ 結果の連絡を受け、採用だった場合は就職

面接の結果はコンサルタントを通して通知されることが多いです。

採用だった場合は、就職に向けて必要な手続きなどもコンサルタントから案内があります。

⑨ 内定決定後のサポート

就職先への不安なども、コンサルタントに伝えましょう。

場合によっては就職先に掛け合ってくれたり、問題が発生した場合は解決に向けて一緒に考えてもらうことが可能です。

以上、転職サイトへの登録から転職先決定までの流れをご紹介しました。

転職サイトを利用することで、とてもスムーズに進められることがわかりましたね。

看護師の転職を成功させるためのコツ

勉強する女性

「転職サイトに任せておけば安心♪」と思ってしまいそうですが、それではいけません。

転職を成功させるためには、転職理由や希望する条件などを明確にしておく必要があります。そこがぶれてしまうと、転職が成功しづらくなってしまいます。

編集部

編集部

最低でも、以下のことは事前にじっくり考えておきましょう。

自分がどんな働き方をしたいのか明確にしておく

転職を機に、何を変えたいのか、どのような働き方をしたいのか、ということを明確にしておくことが転職成功の肝かもしれません。

看護師の働き方は以前と比較し大分多様化されてきました。

選択肢が多くあることで逆に迷ってしまうかもしれませんが、

何故転職したいのか?

今の職場で嫌なこと、改善したいこと

どのような働き方をしたいのか?

日勤のみなのか、夜勤もするのか
病院なのか、クリニックなのか、美容クリニックなのか、訪問看護なのか…
ワークライフバランスは?
結婚、出産などのライフプランは?
年収は?

の2点に関しては、必ずいつでも答えられるくらいはっきりとさせておくことをおすすめします。

希望する条件は先に伝えておくこと

どのような働き方をしたいのかを考えた後は、それをコンサルタントに伝え忘れないようにすることが大切です。

特に、

  • 働く場所
  • 施設形態
  • 年収
  • 働く時間
  • 手当

について、譲れない条件がある場合は、必ずコンサルタントに伝えましょう。

ここでは遠慮する必要は全くありませんので、自分が希望するものは全て必ず伝えるようにしましょう。

コンサルタントに細かく伝えることで、コンサルタントも求人情報を探しやすくなります。

また、希望する条件とマッチする職場を紹介してもらえる可能性がぐんと高くなります。

忘れないようにメモに書き出して置くと良いかもしれません。

担当コンサルタントの連絡はこまめに返事

仕事をしながらの転職活動となると、コンサルタントとの連絡をタイムリーにとるのも困難な場合が出てきますが、できる限りこまめに返事をするようにしましょう。

なぜなら、よい求人が出た際、コンサルタントとの連絡が取りやすい人から順にその情報を手にすることになるからです。

自分にピッタリの求人をみすみす逃していては、大変もったいないです。

すぐに連絡がとれない場合でも、コンサルタントに自分の勤務予定などを伝えておくとスムーズになります。

同じ求人案件の応募は重複しないようにすること

これは、特に複数の転職サイトを利用する人に注意してほしいポイントになります。

同じ求人が複数のサイトに掲載されたり、複数のコンサルタントから紹介されることがあります。

この場合、必ず1つのサイトからのみ応募しましょう。

経歴やスキルは正直に伝えること

コンサルタントに経歴やスキルを伝える際、正直に伝えるようにしましょう。

嘘をいったり隠し事をしてしまうと、あとから必ずわかってしまいます。

その際には信用問題にもなり兼ねなく、最悪の場合「内定取り消し」になってしまう可能性もあります。

社会人として当然のマナーにはなりますが、今一度確認しておきましょう。

まとめ

パソコンを触る男性

今回は、看護師の転職におすすめな転職サイトをご紹介しました。

記事の内容をまとめると、

  • 看護師向け転職サイトの特色に合わせて自分に合ったものを選択する
  • 求人数、サポート内容、求人の新鮮さは必ず確認を
  • 看護師向け転職サイトを利用することで、転職までの流れがスムーズになる
  • 転職理由、求める条件は明確に!

となります。

魅力的な転職サイトばかりですので、実際にサイトを覗いてみて下さいね。

関連記事