クリニックフォアグループの「低用量ピル オンライン診療」をご利用いただいている皆様へ

 クリニックフォアグループで取り扱う低用量ピル(海外製医薬品を含む)に関して、当グループの見解を、改めてご共有させていただきます。

 現在、患者様が使用されている・処方をご希望される低用量ピルは、保険診療で処方できる国内製医薬品・自費診療でのみ処方できる国内製医薬品・自費診療でのみ処方できる海外製医薬品を含めて非常に多くの種類が存在しています。これらは、「有効成分」や「承認を受けている適応疾患」の違いのみならず、「剤形(錠剤・カプセルなど)」や、「有効成分以外の成分(例:賦形剤:有効成分以外のお薬の成分のことです)」にも違いが存在しています。また、結果的に、患者様の費用負担にも大きな差があることはご存知のとおりです。

 過去、私共が患者様の診療を行う中で、国内で流通している医薬品ではご自身の体には合わない(代替品として内服できない)、あるいは、経済的な負担が大きいために使用を継続できないと訴えを頂くことも多くありました。

 現実的には、そのような方々の一部は、仕方がなく、ご自身が希望する薬剤を海外サイトから個人輸入を行い内服していると診療の中で伺っています。しかしながら、厚生労働省が指摘するように、個人輸入では偽薬などが混入し、健康被害が生じるリスクもあります。実際に、偽造された医薬品が流通されている事例も報告されています。

 私共は、低用量ピルの処方に際し、『女性に、幅広い選択肢を、安心・安全に提供すること』が重要な要素であると考えております。

 国内承認薬を幅広く提供させていただくことは当然のこと、代替品が存在しない海外製医薬品をご希望される方も多いことや、個人輸入で海外サイトから購入して使用するリスクが多大であること等を踏まえ、「規制を遵守」したうえで「安心・安全に提供できること」を前提として、海外製医薬品の処方準備も行うことと致しました。

 海外製医薬品については、「製造元が信頼できる製薬会社であること」「米国FDAを含む各国行政機関により適切な承認を得ている医薬品であること」「信頼できる輸入経路を活用できること」を前提に、厚生局による適切な審査手続きを経た上で輸入を行い、海外製医薬品による補償制度についての違いについても事前にご理解いただいた上で処方を行っております。当然、一部で指摘されている「マーベロン」についても、行政の適切な審査を経て輸入したものを取り扱っております。

 今後も、行政の指導・規制を遵守しつつ、患者様が、安心して自分に合う薬剤を選択できるよう、私共は、適切な体制を提供するつもりです。

 万が一、当グループより処方させていただきました海外製低用量ピルに関して、ご不安・ご質問がございましたら、以下のメールアドレス宛にお気軽にお問い合わせください。
メール: online-support@clinicfor.life
対応時間: 平日10:00 ~ 18:00

マーベロン(海外製)

■国内未承認医薬品等であることの明示

クリニックフォアグループで処方している海外製マーベロンは、日本国内で生産されておりませんので、国内承認薬では有りません(国内未承認薬となります)。国内未承認薬であるため、行政の適切な審査を受け、規制を遵守し、医師の責任の下、海外より輸入を行い処方させていただいております。

■入手経路等の明示

クリニックフォアグループが処方している海外製マーベロンは、行政の適切な審査・手続きを受け、株式会社ドクターズファーマシーに手続きを委託し輸入を行っております。

■国内の承認医薬品等の有無の明示

国内承認薬には、同じMSD社製のマーベロンという製剤が存在しています。また、他の種類の低用量ピルも国内承認薬として存在しています。しかしながら、国内承認のマーベロンは、「痤瘡(にきび)」「PMS」の適応症は取得しておりません。

■諸外国における安全性等に係る情報の明示

日本でも製造販売を行っているMSD社の正規品を輸入しておりますので、海外製のマーベロンに関しても、米国FDAの基準に準じる安全性を担保した生産体制が担保されております。(MSD社は、2018年度では世界第5位の非常に大きな製薬会社です)

※厚生労働省「個人輸入において注意すべき医薬品等について」(https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/)

■医薬品副作用救済制度の有無について

国内承認薬を承認を受けている適応症に使用した場合に限り、「医薬品副作用救済制度」というものが適応されます。しかし、国内承認薬を適応外使用した場合(例:国内製マーベロンをニキビ・PMSの治療目的に使用した場合)や、海外製医薬品(例:海外製マーベロン)は、この「医薬品副作用救済制度」の適応にはなりません。海外製マーベロンをご希望の方は、この違いをご理解の上、医師にご希望をお伝え下さい。

ヤーズ(海外製)

■国内未承認医薬品等であることの明示

クリニックフォアグループで処方している海外製ヤーズは、日本国内で生産されておりませんので、国内承認薬では有りません(国内未承認薬となります)。国内未承認薬であるため、行政の適切な審査を受け、規制を遵守し、医師の責任の下、海外より輸入を行い処方させていただいております。

ヤーズの海外製は、ニキビ治療としては国内では承認がされておらず、適応外使用になる為、厚労省との正式な手続きを経て、輸入薬を使用しております。

■入手経路等の明示

クリニックフォアグループが処方している海外製ヤーズは、厚生局の適切な審査・手続きを受け、株式会社ドクターズファーマシーに手続きを委託し輸入を行っております。

■国内の承認医薬品等の有無の明示

日本でも製造販売を行っているバイエル社の正規品を輸入しておりますので、海外製ヤーズに関しても、米国FDAの基準に準じる安全性を担保した生産体制が担保されております。(バイエル薬品社は、2018年度では世界第15位の非常に大きな製薬会社です)

■諸外国における安全性等に係る情報の明示

日本でも製造販売を行っているバイエル薬品社の正規品を輸入しておりますので、海外製のヤーズに関しても、米国FDAの基準に準じる安全性を担保した生産体制が担保されております。(バイエル薬品社は、2018年度では世界第15位の非常に大きな製薬会社です)

※厚生労働省「個人輸入において注意すべき医薬品等について」(https://www.yakubutsu.mhlw.go.jp/individualimport/healthhazard/)

■救済制度の有無

国内承認薬を承認を受けている適応症に使用した場合に限り、「医薬品副作用救済制度」というものが適応されます。しかし、国内承認薬を適応外使用した場合(例:国内製ヤーズをニキビの治療目的に使用した場合)や、海外製医薬品(例:海外製ヤーズ)は、この「医薬品副作用救済制度」の適応にはなりません。海外製ヤーズをご希望の方は、この違いをご理解の上、医師にご希望をお伝え下さい。