カテゴリ: インフルエンザ・予防接種

出社・登校禁止期間

周囲の方にインフルエンザの感染することを防ぐために、「発症後5日間、かつ、解熱後2日間は自宅で安静にしていただく」ということが基本的な考え方です。
これは、「学校保健安全法」で以下のように規定されており、多くの会社はこの規定を踏襲する形で定義していることが多いためです。

「学校保健安全法 施行規則第19条」
出席停止の期間の基準は、感染症の種類に従い次の通りとする。
インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)にあっては、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで。

また、発症とは、「発熱」の症状が現れたことを指します。更に翌日を第一日目と数えますので、水曜日に発熱症状が出現した場合、火曜日を1日目と考えます。
解熱は、体温が定常的に36度台に回復した状態と考えます。

いずれにせよ、周囲の方にインフルエンザを広げないために、適切な対応を取ることが望ましいと考えられます。

発症した後5日

「発症」とは、「発熱」の症状が表れたことを示します。
日数を超える場合は、発症した日(発熱が始まった日)を含まず、翌日を第1日と数えます。

解熱した後2日

解熱を確認した日が月曜日であった場合、その日は日数に数えず、火曜、水曜の2日間を休み、木曜日から出席ということになります。

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア田町

田町の内科田町の皮膚科

日付:  カテゴリ:インフルエンザ・予防接種

抗インフルエンザ薬

自費での抗インフルエンザ薬の予防投与も行っております。

インフルエンザウイルスは感染力が強く、家族の一人が感染すると、多くの場合、同居しているご家族も感染してしまいます。
特に、ワクチンを接種していない方は感染しやすいですし、感染すると重症化してしまうような高齢者や、感染により大きな影響を受ける受験生のような方もおります。

インフルエンザの治療薬(抗インフルエンザ薬)は、保険適用外ではありますが、感染のリスクを減らすための予防薬としても使用することが可能です。
100%とまでは行きませんが、ご家族や同僚の方の感染が発覚され次第、早期から服用することで感染のリスクはかなり減少します。

インフルエンザの患者さんと接触後、48時間以内に予防投与の内服を開始する必要があります。

ご家族がインフルエンザにかかった方、近々大事な仕事や受験などが控えている方など、抗インフルエンザ薬の予防投与をご検討ください。

当院では、

・イナビル:8500円(税抜)
・タミフル(オルセタミビル):7500円(税抜)
・ゾフルーザ:2錠10500円(税抜)(ただし、現在、ゾフルーザには予防投与の適応はありません)
の3種類を用意しています。

ゾフルーザは、2019年1月時点では予防投与の適応を取得しておりませんので、基本的には予防投与の場合には、イナビルかタミフルを処方しております。
この薬剤の内服で予防できるのは、イナビル・タミフルともに10日間になります。
以下に、薬剤ごとに、内服の方法、注意すべき点をまとめてありますので、予防投与をご希望の方はご確認ください。

イナビルの予防投与について

処方量:イナビル2容器を処方いたします。
使用方法:イナビル1容器(20mg)を1回分として、1日1回、2日間、口から吸入します。
対象者:10歳以上の患者さんが予防投与を行えます。
効果期間:飲み始めより10日間、予防効果があります。

 

【イナビルを「予防」で用いる場合の使用方法】

 

タミフル(オルセタミビル)の予防投与について

処方量:タミフルあるいはタミフルの後発品(オルセタミビル)を10錠処方いたします。
使用方法:1日1回1錠、10日間、内服します。
対象者:10歳以上の患者さんが予防投与を行えます。
効果期間:飲み始めより10日間、予防効果があります。

 

ゾフルーザの予防投与について

ゾフルーザの予防投与については、2018年度に塩野義製薬が臨床試験を実施すると発表しております。(現在、ゾフルーザには予防投与の適応はありません)

処方量:80kg未満の方 2錠、80kg以上の方 4錠
使用方法:処方後すぐに内服(2錠あるいは4錠を一度に内服)します。

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア田町

田町の内科田町の皮膚科

日付:  カテゴリ:インフルエンザ・予防接種

インフルエンザ

インフルエンザ
インフルエンザ

インフルエンザワクチンの接種も実施しております。

毎年、11月から2月末まで中学生以上の方を対象にインフルエンザワクチン接種を受け付けております。

 

小学生以下の方に接種をご希望の方は、当院までご連絡ください。平日の日中、土曜日の午後等、比較的空いているお時間であれば、対応させていただくことも可能です。

ご希望の方は、オンラインで予約をお取りの上、ご来院ください。
価格は、4000円(税抜き)となります。
在庫がない場合は、ホームページに掲載するようにいたします。

また、お子様はご両親と一緒の受診をお願いしておりますが、お子様がお一人でインフルエンザワクチン接種をご希望される方は、事前に問診票をダウンロードの上、ご両親の同意書サインを頂いた上でご来院ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

>> インフルエンザワクチン問診票のダウンロードはこちら

各種証明書には英文含め対応可能です。
どうぞよろしくお願いたします。

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア田町

田町の内科田町の皮膚科

日付:  カテゴリ:インフルエンザ・予防接種

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチン
肺炎球菌ワクチン

注射イヤだ〜っていう方はよくいらっしゃいますね。予防接種、あなただけでなく周りにとっても大切です。

肺炎球菌ワクチンについて

ここでは肺炎球菌ワクチンの65歳以上の方の説明です。
肺炎球菌ワクチンは、肺炎の原因菌の第一位の肺炎球菌に対する予防接種です。肺炎球菌の型は93種類あるのですが、そのうちの23の型をカバーするニューモバックスと、13の型をカバーするプレベナーという商品があります。プレベナーは小児でも接種するので聞いたことある方もいらっしゃるかもしれません。

ワクチンでどこまで予防できるのか

つまりここでわかることは、肺炎球菌ワクチンを接種していたとしても、全部の肺炎球菌感染症を予防できるわけでないということです。だいたいその型が一致するのが、データによりばらつきはあるのですが13型カバーが40%前後、23型カバーが48-67%くらいという感じなので、それ以外の型には効かないということです。一応、13型カバーの肺炎球菌ワクチンは65歳以上の侵襲性肺炎球菌感染症(つまり重症ってことです)や、肺炎球菌性の肺炎を減少させたという研究があります。(出典:日本感染症学会ホームページ)

肺炎球菌ワクチンの予防接種

さて、65歳以上の高齢者の方は、予防接種法という法律に基づき、65歳以上で人生に1回だけ、公費で肺炎球菌ワクチンの予防接種が受けられます。対象者の方は毎年変わりますが、自宅に郵送で、その案内が届くはずです(自分が予防接種の対象かどうかは、厚生労働省のホームページ、もしくはお問い合わせください)。連続接種する場合は、23型→23型では5年あけて、13型→23型ではブースター効果(免疫が残っているときに接種するとより抗体量が増える)を期待して6ヶ月-4年で行います。 23型→13型では、1年あければ問題ないですが先ほどのブースター効果はなさそうと言われています。なお、糖尿病、慢性呼吸器疾患(COPD)、心疾患、腎不全、肝疾患や血液悪性腫瘍の方は受けた方がいいのと、脾臓摘出した方は感染が重症化するので受けましょう。どのような接種スケジュールにするかは、よく主治医の先生と相談しましょう。

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア田町

田町の内科田町の皮膚科

日付:  カテゴリ:インフルエンザ・予防接種 and tagged ,


 

©2018 クリニックフォア田町【内科・皮膚科】

pagetop

予約