アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎

クリニックフォア田町の皮膚科・アレルギー科では、アトピー性皮膚炎の患者様の治療を積極的に行っております。

アトピー性皮膚炎とは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に見られる慢性の皮膚の炎症を伴う疾患です。特に、花粉症と同様、アトピー性皮膚炎を罹患する患者さんの割合はますます増加しており、決して珍しい病気ではありません。

主な症状は「湿疹」と「かゆみ」で、残念ながら慢性の経過をたどることが多く、治療は長期に渡ることが多いことは否めません。

過去、ステロイドによる治療が悪者に挙げられることも多かったのですが、近年の医学の進歩に伴い、症状が顕在しているときだけではなく、落ち着いている間もステロイドの塗布を続けるほうがコントロール良好であるという考え方が主流になってきております。

当院では、ステロイドを含め積極的に薬剤を活用し、皮膚のバリア機能を回復すること・患者様の症状を改善することを最優先にして治療を行っております。

皮膚のバリア機能とは?

皮膚は、表面の皮脂層、その下の角質細胞、角質細胞間脂質などが一体となって、外部からの刺激を防ぐ、バリアの役割を担っております。また、外からの物質の侵入だけではなく、体の水分の蒸発による皮膚の乾燥を防いでいます。
アトピー性皮膚炎の患者様では、この「バリア機能」が弱まっています。結果として、外からの刺激が皮膚に入りやすい状態になってしまっています。
「皮膚のバリア機能」は、アレルギー体質等の先天性の要因もありますが、皮膚を引っかいたりこすったりといった物理的な刺激や、汗、石鹸、化粧品、紫外線などによっても低下することがあります。

 

アトピー性皮膚炎の症状は?

よくなったり悪くなったりを繰り返す、かゆみのある湿疹を呈する病気です。皮膚バリアが弱くなっているときに、特に強い症状を呈します。子供の頃は肘の内側や膝の裏側に、成人になると背中や頸部にも典型的な湿疹を呈します。
また一緒に合併する可能性のある疾患として、アトピー性皮膚炎と同じようにアレルギーが原因となっている気管支喘息や、アレルギー性鼻炎が挙げられます。これらの疾患をお持ちの患者様は診察の際に医師にお伝えくださるようお願いいたします。

アトピー性皮膚炎の原因は?

正直なところ、アトピー性皮膚炎の原因は完全に解明されておりません。
ただ、何らかの原因により皮膚のバリア機能が低下、そこにアレルギーを起こすような物質(ダニやハウスダスト等)が暴露すると炎症を起こすことはわかっております。
また、更に、遺伝的要因や環境的要因が大きく影響することもわかっています。
アトピー性皮膚炎の治療においては、これらの原因を幅広く精査し、その上で原因をできる限り除去することが重要になります。

○ アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの関係について

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーは、ともにアレルギー疾患の仲間であり、多くの患者様がこの療法の疾患に苦しんでいます。
ただし、食物アレルギーがあるからアトピー性皮膚炎になるわけではないため、アトピー性皮膚炎と食物アレルギーはそれぞれ治療が必要になります。

食物アレルギーでは、原因となる食物を食べ、5分後くらいから顔や全身にみみずばれのようなかゆみと赤み(じんま疹)が出現します。

日本では卵、牛乳、小麦、大豆による食物アレルギーの頻度が高いといわれています。食物アレルギーの確定診断は、症状の問診、食物アレルギーの血液検査・皮膚検査などで行います。
特に、最近となり、日本人が食物アレルギーを起こしやすい食物をあつめた検査キットも出来ており、採血にて食物アレルギーの検査を行うこともできるようになってきました。

また、喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など他のアレルギー疾患も、アトピー性皮膚炎に高頻度に合併します。
これらも食物アレルギーと同様に確定診断を行い、アトピー性皮膚炎とは別々に治療を行います。

アトピー性皮膚炎の診断・検査について

基本的には皮疹の形(湿疹、部位が特徴的、古い発疹と新しい発疹が混在する)で見分けます。
また、長期に渡って(1歳未満のお子様では2ヶ月以上、それ以外では6ヶ月以上)発疹が出たりよくなったりを繰り返します。他の皮膚科の病気を除外する必要があります。
血液検査で見る、血清IgEやTARC値(特定の白血球を活性化する白血球走化性因子と言われるものの1つです)は参考にはしますが、必須ではありません。

アトピー性皮膚炎の治療について

日本皮膚科学会作成のアトピー性皮膚炎診療ガイドラインに沿って治療を行います。
以下の2つのうち、どちらかを患者様と相談の上、ご自身の治療目標として設定を行います。

(1)症状がない状態にする、あるいはあっても日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない状態にする。
(2)軽い症状は続くが、急に悪化することはなく、悪化してもその状態が続かないようにする。

これは、治療の目標は患者さん、その症状によってそれぞれ異なりますし、同じ患者さんでもその時々により変更することもあるからです。
もちろん、我々医師が目指す治療の目標は、“アトピー性皮膚炎をきちんとコントロールして、症状がない状態(寛解)を達成する”ことです。
アトピー性皮膚炎は体質的な肌の乾燥、皮膚の炎症、かゆみと掻破を繰り返します。そのため皮膚に強いダメージが加わり、細菌の繁殖も増加する患者さんが多いです。
これを踏まえ、以下の4点を治療の基本としています。

1. 皮膚の清潔性の維持:入浴と洗浄
2. 皮膚を乾燥させない: 保湿薬の塗布
3. 皮膚の炎症を沈静化させ、バリア機能を回復する: 必要に応じ、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏を使用します
4. かゆみをコントロールする: 抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)を内服します

重症例では、紫外線療法、ステロイド内服やシクロスポリン内服を追加します。最近になりバイオ医薬品もアトピー性皮膚炎に使用されるようになってきています。
ただし、保湿薬・ステロイド外用薬・タクロリムス軟膏の適切な使用法を理解していれば、ほとんどのアトピー性皮膚炎は自分でコントロールできるようになります。

《ステロイド外用薬に対する誤解》

「ステロイド外用薬は恐ろしい」という風評は、今なお世界中に広がっています。

塗っても大丈夫だろうか? 副作用がでるのではないか? などと、どうしても心配になり、適切に使用されていないのが現状です。
しかし、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏、また保湿薬の効能を正しく理解し、その塗り方を習得すると、驚くほど治療効果があらわれます。
治療効果を体験しなければ、自分自身でアトピー性皮膚炎を上手にコントロールすることはできません。

○入浴・洗浄について

日常のケアとしては、毎日の入浴やシャワーが大切です。泡立てた石鹸でやわらかく洗い、すすぎをしっかり行いましょう。
引っ掻いて傷ついた皮膚は滲出液〈しんしゅつえき〉が付着し、細菌が繁殖しやすいため、入浴やシャワーによる皮膚の洗浄が必要です。

入浴やシャワーによって皮膚にうるおいを与えられますが、入浴後何もしないとすぐに乾燥してしまいます。皮膚が乾燥する前に、保湿薬を全身に塗るのがスキンケアのポイントです。

薬剤の副作用について

①「ステロイド」という文面から副作用を心配される方も多いですが、強いステロイド外用薬の一部で副腎機能の低下(コルチゾールというストレスホルモンの分泌が少なくなったりする)を心配される方が多いですが、弱いステロイドであれば副腎機能の低下や、成長障害は認められていません。
そのため適切に使えば副作用はあまりないので心配していただいて大丈夫です。ただ、眼の周囲に使う場合は、緑内障の可能性を高めるとの報告もあるので、慎重に様子を見ながら薬剤を調整していきます(場合によっては眼の周囲だけステロイド以外の軟膏を使います)。
長期に使用していると効果が急速に落ちてくるのでは、という心配をする方もいますが、基本的には効果が減弱することはあまりないと言われています。

② タクロリムス軟膏の副作用は、塗ったところが熱いとか、ほてってると感じることがあります。
また、粘膜や潰瘍など、体の内部に浸透すると思われる場所には使えません。

アトピー性皮膚炎のプロアクティブ療法について

再発&再燃の多いアトピー性皮膚炎では、「症状が出たときに治療する」という従来の方法では十分なコントロールがしにくく、近年は、症状の出る前から予防的に治療しておく「プロアクティブ療法」が推奨されるようになっています。

まず、症状が重度な場合、強力な外用薬を十分な範囲に、徹底的に塗って、寛解(完全に治っている状態)導入を目指します。ときに内服薬を併用することもあります。
成人で全身に塗る場合には、ステロイド外用薬1回20gが目安となります。
※FTU(フィンガーチップユニット)も参考になります。1FTUは、人差し指の先端から第1関節に乗る量で、約0.5gに相当します。これを、手のひら2枚分くらいの面積に塗ります。

寛解導入療法によって、かゆみが軽快し皮膚の見た目も落ち着いてきたら、「隔日外用→週2〜3回外用→週1回外用…」と減らしていきます(ただし、保湿剤は連日使用しましょう)。

また、徐々に使用量も減らし、1回10〜7gで全身に塗布するようにすれば大丈夫です(FTUで1/2〜1/3量)。なお、先に保湿薬を全身に塗っておくと、少ない量でものばしやすくなります。

プロアクティブ治療では、それまで炎症があった全ての部位に塗るのが鉄則です(症状がなくなっていても)それが再増悪を予防するためです。
また、プロアクティブ療法中にも再憎悪が起こる可能性はありますが、その際は再び寛解導入療法と同じ用量に治療を戻します。ただし、プロアクティブ治療中なら、再増悪してもすぐに症状がコントロールしやすいので、あまり長引かずにまたプロアクティブ法に戻れることが多いという特徴があります。

アトピー性皮膚炎

早期治療で日々を快適に

軽症の方ほど適切な治療を行うことにより早期にコントロールできる可能性が非常に高いです。正しい治療を行って、アトピー性皮膚炎をコントロールするようにしましょう

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア 田町|土日も診療便利な内科・皮膚科

田町 内科田町 皮膚科

カテゴリ:アレルギー科, 皮膚科 and tagged

 

©2018 クリニックフォア 田町【内科・皮膚科】

pagetop

予約