脂漏性角化症

脂漏性角化症
脂漏性角化症

年をとったら黒いしみが出てきた。これは悪いもの??と疑問に持っている方に読んで欲しい記事です。

脂漏性角化症とは

皮膚の老化では、シワ、色素斑などが起こります。色素斑のうち、表面に黒い鱗状のものをつけて盛り上がってきたものが脂漏性角化症です。色は褐色から黒色まで様々で、表面も凸凹したものとか、なめらかなものまで様々です。
分布は、こめかみから耳の前の部分に多いです。

脂漏性角化症の原因

皮膚の光による老化による影響です。

脂漏性角化症を放っておくと?

特に色素斑や、脂漏性角化症であれば、特に治療の必要はありませんし悪性化する可能性はありません。似たような感じで、悪性化する病気(後述)がありますので、急速に大きくなってきたら注意が必要です。また、確実に良性とわからないものであれば、美容的な治療はやめたほうが賢明かと思います。

診断方法

見た目と分布、ダーモスコピーというカメラで観察することにより行います。

治療方法

治療は特にありません。

いつ病院を受診したらいいのか

鑑別すべきは似たような感じで「日光角化症」「悪性黒子(悪性のほくろ)」です。これらは見た目は似ていますが、それぞれ有棘細胞癌と、悪性黒色腫という悪性腫瘍に侵攻する可能性があります。ただし、初期は脂漏性角化症と区別がつかないことが多いので、大きなものや、拡大傾向があったり、濃いところと薄いところが混じり合っていたり、黒い部分が混在していたり、赤みがあるようなものは精査の必要があるので、大きい病院を受診したほうがいいと思います。

日光角化症

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア 田町|土日も診療便利な内科・皮膚科

田町 内科田町 皮膚科

カテゴリ:皮膚科

 

©2018 クリニックフォア 田町【内科・皮膚科】

pagetop

予約