日焼け

日焼け
日焼け

夏場は日焼けの季節です。最近はオゾン層の破壊が深刻で、さらに日焼けすることがリスクになっています。

紫外線の分類について

紫外線は UVA、UVB、UVCの3タイプに分かれます。

UVA 315-400nm
UVB 280-315nm
UVC 100-280nm

紫外線はだいたい何%が地表に届いているの?

だいたいほとんどのUVCと、90%のUVBがオゾン層に吸収されます。そのため、私たちが浴びるのはメインはUVA、そしてUVBの一部です。UVBが目や皮膚に有害です。UVAもUVBほどではありませんが、長期浴びたときは健康障害が懸念されています。

曇りの日とか冬ってどうなの?

90%のUVが雲を通過するので、紫外線量が少なくなることはありません。冬の日も太陽光が反射しているので、紫外線は浴びます。特に冬山は雪が紫外線を反射するので紫外線を多く浴びます。

日焼けってどういう状態??

ヤケドしている状態です。日焼けはUVを長時間浴びた状態で、目(角膜炎になります)や自己免疫期間にも影響を与えます。
長期間繰り返し日焼けすることにより、細胞や、体の繊維組織や、血管に影響を与え、年取らせます。また、長期で起こるものとして皮膚ガンと、白内障があります。紫外線暴露をすると、サンバーン→サンタンという経過で皮膚が変化します。

サンバーン

紫外線を浴びて数時間後に赤くなります。やけどの状態です。日焼けして少ししてからヒリヒリ痛くなるのを経験した人もいるのではないでしょうか?8−24時間くらいでピークとなります。

サンタン

サンバーンの数日後に黒くなります。メラニンという色素が沈着して起こり、紫外線に対する体の防衛反応と考えます。ただし、紫外線に対する防止効果は低いため、意図的に黒くするのは避けたほうがいいと考えられます。

じゃあ紫外線って悪者なの?

太陽光自体は、ビタミンD合成に必要と言われているので、太陽光は適度に浴びることが必要です。だいたい10分の直射日光か、もしくは20分程度の木陰でビタミンD合成は十分と言われています(直射日光よりも、木陰のほうが作用が高いと思われます)。また、太陽光を浴びることは精神状態とも関わりがあると考えられます。病院では、紫外線療法と言って、特定の光をあてることによってアトピー性皮膚炎などの皮膚の病気を治療することもあります。

日焼けの治療は??

日焼けの治療はヤケドと一緒です。冷やし、こすらないようにします。炎症を抑えるためにステロイドの塗り薬を使うこともあります。

日焼けの対策は??

日焼け止め剤がありますが、日焼けを避けられない時に塗るのはいいですが完全に紫外線を防ぐものではありません。日焼け止め剤は、紫外線吸収する成分と、散乱させる成分がありますが、吸収剤はかゆみやかぶれを起こすことがあるので、日焼け止めによる皮膚炎にも注意しましょう。
目の紫外線の減少のためには帽子とサングラスが有効です。サングラス、メガネ(UVカット)は横からも紫外線が反射して入ってくるので、顔の形にあったものを選びましょう。

日焼け止めの効果は?

日焼け止め剤にはSPFとPAという表記があります。SPFは、UVBが当たったことで翌朝生じる赤みを指標にします。(例 SPF50であれば、直射日光に160分程度当たれば赤みが出る)SPF50以上はあまり性能的な差がないので、SPF50+という表示になっています。 UVAについては紫外線が当たった直後からメラニンを作る即時性黒化という反応を指標にしています。PA+〜PA+++という分類になります。つまり、この2つの値を組み合わせて、強ければ強いほど防御効果はあります。ただし完璧ではありません。

きちんとした量を使うことも大切で、物によりますが、だいたいリキッドタイプで真珠玉1個分を計2回、重ね付けして顔に塗ります。それくらいの量でないと、十分でありません。全身に塗ることが大事で、首や耳たぶの裏など、漏れなく塗る必要があります。水や汗で落ちると日焼け止め効果が落ちますので、3時間毎などで塗りなおすことをお勧めします。

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア 田町|土日も診療便利な内科・皮膚科

田町 内科田町 皮膚科

カテゴリ:皮膚科 and tagged

 

©2018 クリニックフォア 田町【内科・皮膚科】

pagetop

予約