かみの毛がない

かみの毛がない
かみの毛がない

年齢が経つにしたがって、だんだん頭が寂しくなってきた。色々育毛剤とか出てるけど、何かやったほうがいいのかな?という方に読んでほしいコラムです。男性だけでなく、女性にも深刻な悩みであります。

かみのけがない「脱毛症」

毛の周期が短くなり、もともと毛が生えていたところに毛が生えなくなることを言います。「毛の成長期」の状態である毛が少なくなり、毛根が休んでいる状態になります。
男性に起こる男性型脱毛症と、女性に起こる女性型脱毛症はちょっとメカニズムが違うのと、治療も違うので、分けて説明していきます。

脱毛症の原因

遺伝的背景と男性ホルモンが原因で起こると言われています。染色体にある遺伝子のとある型が、男性ホルモンが作用するような毛の受容体を作り出すようです。また男性ホルモンが変化して(ジヒドロテストステロン)、頭の毛の男性ホルモン受容体に作用することで、柔らかい毛になったり、生えなくなったりすることが原因として言われています。20代から徐々に始まり、40-50代で完成します。一方女性型脱毛症は、男性ホルモンはあまり関係なく、更年期が関係しているようです。

脱毛症が進行すると

進行していけば、育毛剤で治療しても不可逆的になると考えられます。価値観は人によって様々ですが、見た目は生活の充実度にかなり影響すると考えられますので、普段からのケアが大事であると言えます。

脱毛症の診断方法

見た目の分類で行います。また、拡大して毛根を観察したりします。
また他の病気によって脱毛を引き起こされていないかをチェックする必要があります。膠原病や、慢性甲状腺炎、貧血や、過度の栄養失調などです。

脱毛症の治療方法

育毛剤については、やったほうがいい治療があります。
日本皮膚科学会のガイドラインをまとめると、男性脱毛症で強く勧められているのは、「フィナステリド内服、デュタステリド内服、5%ミノキシジル外用」、勧められているのは「アデノシンの外用」です。

他に、ちゃんと経験がある技術者の元での自家毛移植(自分の毛を移植すること)が勧められています。LEDおよび低出力レーザー照射も勧められていますが、日本では研究に使われたような高出力機器はまだ認可されていません。一方女性脱毛症については、研究が十分進んでいないせいか、「やってもいい」くらいの弱いエビデンスしか、おしなべてありません。女性型脱毛症では1%ミノキシジル外用は強く勧められるものといわれています。
注意:ミノキシジルの内服は勧められていません。

市販の育毛剤について

いつ病院を受診すればいいの?!

治療については副作用もあるため、上記治療で一番適切なものは何かを主治医とよく相談することが大事です。

進行を抑えるには早期治療を

早期から育毛剤を使うことによって、進行を抑えることができると考えられています。

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア 田町|土日も診療便利な内科・皮膚科

田町 内科田町 皮膚科

カテゴリ:皮膚科

 

©2018 クリニックフォア 田町【内科・皮膚科】

pagetop

予約