肺炎

肺炎
肺炎

風邪から肺炎へ

風邪を拗らせて、肺炎になり、入院した、っていう経験した方もいるのではないかと思います。風邪かと思って様子見てたら、苦しいし、咳長引くし、熱が38度代でなかなか下がらない‥‥。ってなったら注意した方が良いでしょう。

肺炎は重症化する

肺炎は死亡率第3位です。重症度や原因菌によりますが、65歳以上が死亡の95%以上を占めているので、ご高齢の方はリスクになります。原因菌1位の肺炎球菌については、65歳以上の方々の予防接種が推奨されており、定期接種が制度化しております(詳しくは肺炎球菌ワクチンについて)。また、糖尿病や自己免疫疾患などの、免疫力が弱くなっている方も重症になりやすいので注意が必要です。

肺炎の症状

最初に申し上げたように、肺炎初期は風邪のような症状だったりしますので、初期だと診断がつきにくい場合があります。なぜなら肺炎は、呼吸音の変化(医師が聴診器でじっくり聞いてるアレです)→胸のレントゲンの変化に時間的なタイムラグがあるので、レントゲンでも影がはっきりしないことが多々あるのです。そのため、最初に風邪と診断されたからと言って安心せずに、症状がなかなか良くならなかったり、水分も取れないくらいぐったりするようならまた再度診察を受けてください。特に免疫力が弱い方は症状が急速に進行することがあります。

肺炎の原因菌は一つだけではない

なお、肺炎球菌だけでなく、様々な菌やウィルスでも肺炎は起こりますので、その原因菌に合わせた適切な抗菌薬や抗ウィルス薬を使う必要があります。最初の初期症状の時に抗生剤を使っていると、ひどくなった時に痰や血液の培養で菌を特定しようとしてもみつからない場合もあるので、治療の方針は医師とよく相談しましょう。

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア田町|土日も診療便利な内科・皮膚科

田町 内科田町 皮膚科

カテゴリ:内科 and tagged , ,


 

©2018 クリニックフォア田町【内科・皮膚科】

pagetop

予約