糖尿病

糖尿病
糖尿病

当院では、糖尿病の治療は、糖尿病専門医(金子医師)により診療を行います

また、大きな病院と同様に、
・糖尿病教室 ・管理栄養士による栄養指導
・インスリン/GLP1アナログによる注射療法
・自己血糖測定 ・持続血糖測定(フリースタイルリブレ、テルモCGM等)
等による専門性の高い治療を、平日夜間や週末も含め提供致します。

合併症等の検査は、近隣の大病院と連携して実施しますのでご安心して受診ください。

金子和真, 医師・医学博士
専門医:糖尿病専門医、内科学会認定医
所属学会:日本糖尿病学会、日本内科学会、日本内分泌学会
2003年 新潟大学医学部卒業(医師免許取得)
2010年 東京大学大学院医学系研究科卒業(医学博士号取得)
2003年〜2005年 新潟大学医学部附属病院
2005年 横浜市立大学医学部附属病院
2006年〜2011年 東京大学医学部附属病院
2018年〜 横浜市立大学医学部附属病院 非常勤講師

 

糖尿病は、症状も最初はないですが体の中を進行し、気づいたら色々な症状が出てくる恐ろしい病です。逆に、ちゃんと血糖値がうまくコントロールできれば、合併症を予防できると考えられています。そんな糖尿病についての記事です。
なお、糖尿病患者は徐々に増加していて、2016年の厚労省の国民健康・栄養調査では、糖尿病患者で1000万人(HbA1c 6.5%以上)、糖尿病予備軍の患者で1000万人(HbA1c 6.0-6.5%)となっており、それぞれ20歳以上の男女の12.1%ずつを占めているので、10人に2人以上は糖尿病と関わりがあるということになります。

糖尿病はどんな病気か

糖尿病は、インスリンと血液中の糖のバランスが崩れ、血液中に糖が多く認められる病気です。「糖尿病」の元々の語源は、血液検査が発足されてなかったかなり昔でも、尿を舐めると甘かったのでこの名前がつけられました。(血液中に糖が多くなると、腎臓で糖が血液中に再吸収されずに尿に出るためです)

糖尿病の症状について

糖尿病の初期は症状がありません。高血糖状態が続くことにより、神経や血管に動脈硬化を引き起こしていきます。

糖尿病の原因

インスリンが出なくなる1型と、インスリンが効きにくくなる(インスリン抵抗性)2型に分かれます。1型は自己免疫が関与していると言われていますので、20代など若い世代でも起こります。2型は、食事をはじめとした生活習慣や、家族歴などで起こると言われています。

糖尿病を放っておくと?!

高血糖状態をずっと放置している場合は、三大合併症は
1 糖尿病性網膜症→出血すると失明する恐れがあります
2 糖尿病性腎症 →腎機能がどんどん低下して行くと透析の恐れがあります
3 糖尿病性神経症→神経障害で足先や手先がビリビリしてくることがあります。足は血流が落ちると足が腐ってくるので、足切断の恐れがあります。

糖尿病の診断方法

診断は、HbA1cという2−3ヶ月の血糖値を表す指標を検査します。

糖尿病の治療方法

治療は、1型か2型かにより異なってきます。

1型の場合は、血糖値を下げるインスリン量が減ってきているので、インスリン補充のためにインスリン注射を行うことが多いです。

2型糖尿病であれば最初は食事と運動です。食事でも、糖分を控えて、たんぱく質や脂質を多くとる食事をとります(腎機能が落ちてきたらタンパク質を制限する場合もあります)。間食を控え、果物も抑えめにすることが多いです。

病院を受診するタイミング

1型は症状発症が急激なことがあるので、風邪を引いた後にだるくてなかなか治らないなどのことがあれば、糖尿病以外の原因検索のためにも医療機関を受診したほうがいいと思います。2型は健康診断などで見つかることがありますが、治療のために、通いやすいクリニックを受診することが大切です。

糖尿病を防ぐために

最近は家族で糖尿病の人がいることが、自身が糖尿病になりやすい可能性があると考えられています。そのような背景がある方は、糖尿病になる前から運動や食生活に気をつけたほうが良いかもしれません。遺伝子検査などでも徐々に明らかになってきている分野です。

田町駅近の内科・皮膚科|クリニックフォア田町|土日も診療便利な内科・皮膚科

田町 内科田町 皮膚科

カテゴリ:生活習慣病

 

©2018 クリニックフォア田町【内科・皮膚科】

pagetop

予約