医師推奨 GLP-1メディカルダイエット
オンライン診療を予約する
クリニックフォアグループ診療実績 3,000,000件以上突破
オンライン診療の満足度
95%
これからも続けたい
95%
我慢も無理もいらない、新しいダイエットの選択肢。GLP-1メディカルダイエット
リベルサスはアメリカをはじめとする先進国で抗肥満薬として承認されている医薬品と同じ有効成分を有するお薬です
たるんだお腹周りが引き締まってスッキリ!
6ヶ月間で体重12.2kgの減量成功
体重-12.2kg
3ヵ月間で7.4kgの減量成功
体重-7.4kg
USER VOICE
  • USER VOICE#1

    ライフスタイルを変えずに2ヶ月間で-8kg達成!

    #1

    自然と少ない量でも満足できるように。

  • USER VOICE#2

    食べたいものを我慢せずにダイエットできるなんて

    #2

    GLP-1なら好きなものを楽しみながらダイエットできるのが嬉しい

  • USER VOICE#3

    オンライン診察で簡単に始められました

    #3

    診察からお薬の受け取りまでオンラインで完結するのが便利

オンライン診療を予約する
昔に比べて体重が落ちにくくなった
おうち時間が増えて最近ゴロゴロしがち
つい食べ過ぎるとすぐ体重にでる
実はそれGLP-1が原因かもしれません
GLP-1とは
GLP-1が少ない人
GLP-1が多い人
GLP-1が少ない人は太りやすい
GLP-1が多い人は太りにくい
そこで今注目されているのが、GLP-1メディカルダイエット
ストレスなく痩せれられる・体脂肪のつきにくいカラダへ・太りにくいカラダへ
食事制限×運動不要
医師推奨 1日1回飲むだけ!
GLP-1メディカルダイエット 3つのポイント
point1 食事制限・運動なしで健康的に痩せられる!
point2 簡単でラクラクだから始めやすい!続けやすい!
point3 いつでも、好きな時にオンラインで診察完了!
ライフスタイルに合わせて選べる二つのプラン
オンライン診療を予約する
診察からお薬のお届けまで簡単3STEP!
step1 専用フォームから診察日と時間帯を選択します
step2 スマホorパソコンごしに医師がオンライン診察
step3 最短翌日ご自宅に専用の医薬品をお届け
よくあるご質問
クリニックフォアオンラインとは?
「クリニックフォア」は東京都内にて6つの医院をもつ医療機関です。美肌のプロである当医院の美容皮膚科医がお手持ちのスマホやパソコンを通じてあなたの肌状態を診断。今の肌に必要な医薬品を処方し、ご自宅までお届けするサービスです。
初診からオンラインだけで終わりますか?
はい、オンラインのみで完結します。もしオンラインの治療では解決できない場合、対面診療でもご対応いたしますのでご安心ください。
パソコンがなくてもスマートフォンのみで受診できますか?
スマートフォンで受診可能です。
保険証は必要ですか?
自由診療の場合は保険証は不要です。
診察はどれくらい時間がかかりますか?
事前問診で約3分、診察で約3分となります。
現在、症状がなくても受診できますか?
はい、受診いただけます。生活習慣に関するお悩みや、どのプランがあっているのかなどお気軽にご相談ください。
指定する薬だけ処方してもらいたいのですが可能ですか?
当院の医薬品は医師の診断のもと処方する医療用医薬品になります。症状に応じて処方出来ない場合もございますが、ご希望がある場合は診察時ご申告ください。
料金はいくらくらいかかりますか?
期間やプランによって異なりますが、平均月10,000〜20,000円程度となります。
予約時間は変更・キャンセルできますか?
クリニックフォアの予約管理ページにログインいただき、予約内容の確認・変更 ページ内、「ご予約時間の変更」または「ご予約のキャンセル」から、お手続きをお願いします。(メール・お電話での予約変更・キャンセルはお受けしておりません)

予約の空き状況

ご希望の日程を選択してください。

prev
前の3日間
次の3日間
next
日時
none
without or banned

情報が取得できませんでした。

Precautions

クリニックフォアでは、国内未承認医薬品および承認医薬品の承認とは異なる目的で使用している医薬品がございます。

リベルサス

未承認医薬品等 リベルサスは、2型糖尿病の治療薬として厚生労働省に承認されています。肥満治療目的での処方は国内で承認されていません。
入手経路等 当該医薬品は、国内正規販売代理店(医薬品卸業)から仕入れています。
国内の承認医薬品等の有無 リベルサスと同成分のウゴービ、またサノレックス等が肥満症の治療薬として国内で承認されています。
諸外国の安全等の情報
および副作用
同一成分の注射製剤がアメリカ食品医薬品局(FDA)で肥満症治療薬として承認されています(承認年月日:2021/06/04)
安全性等に関わる情報としては、急性膵炎、低血糖症状(冷や汗、気持ち悪くなる、手足の震え、ふらつく、脱力感)、嘔吐、腹痛、下痢、便秘といった症状が記載されています。
医薬品副作用被害救済制度について 万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

オゼンピック

未承認医薬品等 オゼンピックは、2型糖尿病の治療薬として厚生労働省に承認されています。肥満治療目的での処方は国内で承認されていません。
入手経路等 当該医薬品は、国内正規販売代理店(医薬品卸業)から仕入れています。
国内の承認医薬品等の有無 オゼンピックと同成分のウゴービ、またサノレックス等が肥満症の治療薬として国内で承認されています。
諸外国の安全等の情報
および副作用
同一成分の注射製剤がアメリカ食品医薬品局(FDA)で肥満症治療薬として承認されています(承認年月日:2021/06/04)
安全性等に関わる情報としては、急性膵炎、低血糖症状(冷や汗、気持ち悪くなる、手足の震え、ふらつく、脱力感)、嘔吐、腹痛、下痢、便秘といった症状が記載されています。
医薬品副作用被害救済制度について 万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

サクセンダ

未承認医薬品等 サクセンダと同成分であるビクトーザが、2型糖尿病の治療薬として厚生労働省で承認されています。サクセンダは肥満治療目的での処方は国内で承認されていません。
入手経路等 日本国内未承認医薬品・医療機器等は厚生局の正式なプロセスを経て、当院医師の判断の下、輸入をしたものになります。
輸入された医薬品の入手経路について詳細は下記URLをご確認ください。
当院で輸入している医薬品の入手経路について
また、個人輸入サイト等を通して一般の方が医薬品を購入して使用するリスク・健康被害に関しては、厚生労働省から注意喚起が出されております。
個人輸入された医薬品等の使用によるリスク
国内の承認医薬品等の有無 ウゴービ、サノレックス等が肥満症の治療薬として国内で承認されています。
諸外国の安全等の情報
および副作用
サクセンダはアメリカ食品医薬品局(FDA)で肥満症治療薬として承認されています(承認年月日:2014/12/23)
安全性等に関わる情報としては、急性膵炎、低血糖症状(冷や汗、気持ち悪くなる、手足の震え、ふらつく、脱力感)、嘔吐、腹痛、下痢、便秘といった症状が記載されています。
医薬品副作用被害救済制度について 万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

セチリスタット

未承認医薬品等セチリスタットは肥満症の治療薬として厚生労働省に承認されています。海外製セチリスタットは同成分の医薬品です。
入手経路等 日本国内未承認医薬品・医療機器等は厚生局の正式なプロセスを経て、当院医師の判断の下、輸入をしたものになります。
輸入された医薬品の入手経路について詳細は下記URLをご確認ください。
当院で輸入している医薬品の入手経路について
また、個人輸入サイト等を通して一般の方が医薬品を購入して使用するリスク・健康被害に関しては、厚生労働省から注意喚起が出されております。
個人輸入された医薬品等の使用によるリスク
国内の承認医薬品等の有無セチリスタットは肥満症の治療薬として厚生労働省に承認されています。海外製セチリスタットは同成分の医薬品です。
諸外国の安全等の情報
および副作用
セチリスタットは諸外国では承認されておりません。
日本では承認されており(承認年月日:2013/9/20)、安全性等に関わる情報としては、下痢、脂肪便、腹痛、肝機能障害といった症状が記載されています。
医薬品副作用被害救済制度について 万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。

ルセフィ/海外製フォシーガ後発品

未承認医薬品等 SGLT2阻害薬(ルセフィ・海外製フォシーガ後発品)は、2型糖尿病の治療薬として厚生労働省に承認されています。肥満治療目的での処方は国内で承認されていません。
入手経路等 日本国内承認医薬品は国内正規販売代理店(医薬品卸業)から仕入れています。
日本国内未承認医薬品・医療機器等は厚生局の正式なプロセスを経て、当院医師の判断の下、輸入をしたものになります。
輸入された医薬品の入手経路について詳細は下記URLをご確認ください。
当院で輸入している医薬品の入手経路について
また、個人輸入サイト等を通して一般の方が医薬品を購入して使用するリスク・健康被害に関しては、厚生労働省から注意喚起が出されております。
個人輸入された医薬品等の使用によるリスク
国内の承認医薬品等の有無ウゴービ、サノレックス等が、肥満症の治療薬として国内で承認されています。
諸外国の安全等の情報
および副作用
フォシーガはアメリカ食品医薬品局(FDA)で糖尿病治療薬として承認されていますが、諸外国でも肥満症治療薬を目的とした使用は承認されていないため重大なリスクが明らかになってない可能性があります。
安全性等に関わる情報としては、膀胱炎など尿路感染症(排尿痛、残尿感、頻尿、多尿)、陰部感染症(陰部や性器のかゆみ、痛み、おりもの)、口渇、ケトーシス、食欲減退、多飲症、便秘、下痢、腹痛といった症状が記載されています。
医薬品副作用被害救済制度について 万が一重篤な副作用が出た場合は、国の医薬品副作用被害救済制度の対象外となります。