2020.05.12

薄毛に悩む女性が増えている…原因や対策方法について医師が解説します。

薄毛と聞くと男性に起こりやすいというイメージが強いですが、薄毛は男性だけでなく女性にも起こりうるものであり、薄毛で悩む女性も増えてきています

今回は薄毛に悩む女性に向けて、女性特有の薄毛の原因や対処法について医師が詳しくご紹介します。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

薄毛に悩む女性はどれくらいいるの?何歳から?

女性薄毛は男性に比べるとそれほど多くはないといわれています。ですが、とある調査によると女性の約10%が薄毛に悩んでいるという結果が出ています。女性の薄毛は更年期に差しかかったくらいの40歳~50歳位から気になりだすという方多いものの、近年では20歳~30歳位の若い女性でも薄毛に悩んでいるという女性がいらっしゃいます。また、自分自身で鏡で髪の毛を見て薄毛を気になりだしたという方もいらっしゃれば、家族など他人からはげてきていると言われたなど薄毛であることを指摘されて気づいたという方もいらっしゃいます。

男性型の脱毛症のことをAGAというように呼び、この言葉は聞いたことのある方も多いかもしれません。一方で女性型の脱毛症のことはFPHL(female pattern hair loss)というように呼ばれています。

女性の薄毛の兆候とは?

女性の薄毛の兆候にはどのようなものがあるのでしょうか。女性の薄毛はAGAと異なる点がいくつか見受けられます。男性の場合、前頭部や頭頂部が薄くなることが特徴で、頭の上から円状に薄くなっていくという方や、前髪の生え際が徐々に後退していくという形で髪の毛が抜けていきます。ですが、女性の場合基本的なヘアラインと言われる髪の生え方や髪型は変わらないものの、頭頂部を中心に広い範囲で抜け毛が見られるようになります。ですので、髪の毛のボリュームが少なくなった、髪を触ると頭皮に触れるようになったという形で抜け毛に気づくことがあります。

30代の平均毛髪数は3本程度なのですが、40代の平均毛髪数は約2.2本、50代は約2.0本と徐々に減っていっており、これが薄毛に関与しているということが考えられています。また、女性においては髪の毛を触った時にハリやコシがなくなった、少し触っただけで髪の毛が抜けやすくなった、くしで髪を梳かしたりシャンプーをした後に抜け毛がたくさん見られるようになったりということが薄毛の兆候として見られるようになります。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

女性の薄毛の原因は?

薄毛の原因は、主に生理的なものと病的なもの、生活習慣によるものに大別されます。

加齢

生理的なものには加齢とホルモンバランスがあります。先ほどもご紹介したように、女性の薄毛は更年期以降に増加する傾向にあります。これは年齢を重ねるごとに髪の毛が軟毛化していくことが挙げられ、特に40歳代から髪の毛が細く軟わらかくなっています。また、50歳代以降ではヘアサイクルが変化していき、成長期の毛髪の割合が減少して休止期の毛髪の割合が増加していきます。これによって抜ける髪の毛の量は増えていくのに発毛量が減っていくため薄毛になっていきます。

ホルモンバランス

また、女性のホルモンバランスは年齢によって変動があり、40歳代から50歳代に入ると閉経を迎える方が増え、ホルモンバランスがそれまでとは異なるようになります。女性ホルモン濃度が高ければ高いほど髪の毛の成長を止めたり、退行させる時期に移行しにくくなるため髪の毛が抜けにくいのですが、女性ホルモンの濃度が下がれば下がるほど髪の毛の成長を遅くし、退行期を早めてしまうため、髪の毛が抜け落ちやすくなっていくということが考えられています。

妊娠、出産を経験した女性ならばお分かりいただけるかもしれませんが、妊娠中は髪の毛が全然抜けずしっかりと生えていたのに、出産後急に髪の毛が抜け落ちるようになります。これは妊娠中に高まった女性ホルモンの濃度が出産後に一気に通常レベルに戻るために生じる現象なのですが、これが、更年期にはいり、女性ホルモンの分泌量が低下して抜け毛を増加させるメカニズムと同じなのです。

また、女性ホルモンに加えて男性ホルモン(DHT:ジヒドロテストテロン)の分泌量が増加することも関係しています。もともと女性も男性ホルモンが微量ですが分泌されています。閉経をすると男性ホルモン量が相対的に増加するため、AGAと似たようなメカニズムで薄毛となることが考えられています。

遺伝

年齢やホルモンのバランスによる抜け毛は遺伝も関係しています。そのため、親族で薄毛の女性が多いという方は、薄毛になる可能性が高くなります。

病気

病気が理由の場合は膠原病や慢性甲状腺炎などの全身性疾患の症状として脱毛が見られたり、貧血で血液のめぐりが悪く、頭皮に十分な栄養が送られないことによるもの、消耗性疾患により栄養が充分に摂れていないというものが原因として考えられます。

生活習慣

生活習慣としては、ストレス、髪の成長に関係する成長ホルモンの分泌を促すために十分な睡眠がとれていない、ダイエットなどの無理な食事制限が考えられます。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

女性の薄毛の対策方法は?

気になる女性の抜け毛を改善させるにはさまざまな方法があります。ここでは、病気による抜け毛に該当しない場合の抜け毛の対策方法についてご紹介します。

ノキシジル

1つ目はお薬の使用です。女性の抜け毛の治療に使える唯一のお薬は、ミノキシジルとなります。ミノキシジルは発毛と抜け毛の進行予防の効果が認められているお薬です。女性の場合男性よりも少ない濃度のミノキシジルで十分効果が期待できます。外用薬での使用が推奨されていますが、医師の診断によっては内服で処方されることもあります。

スピロノラクトン

内服薬はもともとこれに加えて、スピロノラクトンも女性の脱毛を予防する効果が期待できます。スピロノラクトンは、ジヒドロテストテロン(DHT)という男性ホルモンを抑制する効果が期待できます。皮膚科の分野ではニキビの治療薬としても使用されることがあります。女性であっても微量ながら男性ホルモンが分泌されているのですが、この男性ホルモンが優位になることによって抜け毛や薄毛を誘発することもあり、そういった場合には特に有効なお薬です。

生活習慣の見直し

また、お薬を使いつつ生活習慣を見直すことも必要です。ストレスをためないように適宜発散することや、成長ホルモンが分泌される22時~2時の間にしっかりと睡眠をとること、バランスのとれた食事をし、無理な食事制限をしないということは抜け毛を予防、改善するために大切なことです。お薬の内服と合わせて行うことで、より効果が期待できます。

サプリメント

2つ目はサプリメントの活用です。クリニックフォアでは、女性の抜け毛のケアをすることができるサプリメントをご用意しています。ビオチンや亜鉛、ビタミン類といった髪の成長に必要不可欠な成分を詰め込んだサプリメントは、使用することで、ハリやコシのある髪の毛を育ててくれます。遺伝的に髪の毛が薄くなる可能性があるという方にはぜひ活用していただきたいサプリメントです。

薄毛に悩まれている女性で、病的な因果関係がなく、薄毛が気になり始めたという方、まずはサプリメントで気軽に育毛ケアをしてみたいという方は、クリニックフォアのサプリメントをご活用ください。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:5月11日