シナール(ビタミンC)ってどんなお薬?スキンケアへの効果について、医師が解説します。

美容皮膚科の治療でもよく活用されるシナール。シナールがどのようなお薬なのかを詳しく解説していきます。

シナールってどんなお薬?

シナールとは主成分であるアスコルビン酸とパントテン酸カルシウムを配合した複合型のビタミン剤のことをいいます。ちなみにこのアスコルビン酸はビタミンCの別の言い方ですので、ビタミンCが配合されていると考えていただければよいでしょう。パントテン酸カルシウムはビタミンCの働きを助けてくれる成分であり、服用することで、効率よく体内にビタミンCを吸収できるといえます。

医療機関では妊娠中や授乳中でビタミンCが不足している方の補給や、病気によってビタミンCが消耗されてしまう方のビタミンCの補給として処方されることが多いお薬です。妊娠中や授乳中でも使えるお薬ですので安全性は高いといえるでしょう。

シナールの効果とは?

シナールの効果は先ほどもご紹介したようにビタミンCの補給ができるという効果を期待して処方するのが一般の診療科です。では、皮膚科や美容皮膚科ではどのような目的でシナールを処方するのでしょうか。

実はシナールに含まれるアスコルビン酸はメラニン色素の形成を抑える効果があるため、シミを予防する効果を期待することができるのです。また、新たにできるシミだけでなく、既存のシミのメラニンを還元してくれる効果もあるため、シミを薄くしてくれる効果も期待できます。そのため、美容皮膚科では、シミの予防や改善のために処方されることも多く、美白効果も期待できます。

ニキビ跡の色素沈着や、そばかすのケアにも活用していくことができます。また抗酸化作用もあるため、肌の細胞を整えることによって、ニキビができにくくなりますし、コラーゲンの生成と保持にも関係するためきめの細かい肌を作ることもできます。

これらの効果を期待してシナールを内服する場合には、即効性はないため、継続して服用をしていくことが必要です。服用を始めて約3ヶ月くらい経過して初めて目に見える効果が現れてきます。継続していけばいくほど、効果が実感できるようになります。

また、シナールの主成分であるビタミンCは水溶性ビタミンですので体内に蓄積することはできず、尿などに溶けて体外へ排出されてしまいます。およその目安ですが、シナールを服用してから9時間後には尿中にシナールの成分は見られなくなっていることから、服用から9時間を経過すると完全に体内からシナールの成分が排泄されてしまっていることが考えられます。そのため、長期間飲み忘れてしまうと体内から完全にシナールの成分が体内から排泄されきってしまうので、シナールの効果が完全に失われてしまう可能性があります。

↓↓簡単に受診できる

シナールのオンライン診療について

シナールの副作用はあるの?

シナールは先ほどもご紹介したように代謝や排泄が早いことから体内に長期間残りにくいため、過剰症なども起こりにくく妊娠中や授乳中でも服用できる安全性の高いお薬としています。ですが、お薬ですので副作用は全くないということではありません。

シナールの副作用として挙げられているのは胃不快感、悪心、嘔吐、下痢といった消化器症状です。ですが、シナールは副作用の頻度や発現の確率などの大規模な調査が実施されていないため、どの程度の確率で副作用が起こるかについてはわかりません。そのため、もしも副作用症状が出現して、日常生活にも支障をきたしてしまっているという場合には服用を一旦服用を中断して医師に相談してみてください。

シナールの正しい服用方法とは?

シナールは医師の処方通りに服用をしてください。もしも、シナールを服用中に健康診断などを受けられる場合には、シナールを服用している旨をお伝えください。

特にシナールを服用している方が気をつけていただきたいのが尿検査です。シナールの主成分であるアスコルビン酸は尿糖や潜血、ビリルビン、硝酸塩の検出を妨害することがあるため、尿検査で正確な検査結果を得ることができません。また、ほかにも便潜血検査の結果を偽陰性にしてしまうこともあり、正しい結果を得ることができなくなるため、検査の際だけでなく、検査前にも医師にシナールを服用している旨を伝え、指示に従ってください。

シナールは医薬品が効果的?どこで処方してもらえるの?

ビタミンCはサプリメントや食品からも摂ることが可能ですが、濃度も高く、よりシミや美白に効果が期待できるのはやはり医薬品のシナールとなるといえます。

シナールの服用だけでなく、自宅に居ながらもっと高いシミのケアをしていきたいと考える方は、日本の皮膚科医が監修したメディカルスキンケアプログラムsai+skincareを活用してみてはいかがでしょうか。

sai+ skincareは、年間10000件以上の美容皮膚科臨床ケース、学術論文によって、安全性と高効果が認められた医療成分を使用しています。また、美容皮膚科に精通する医師がオンラインでしっかりと一人ひとりの肌悩みに向き合い、濃度や組み合わせがカスタマイズしてくれるので、より高い効果を実感できるのです。

皮膚科医に処方してもらうとなると医療機関を受診するなどの手間がかかりますが、sai+ skincareはオンラインで診療を受けることができるため、いつでもどこでも手軽に自分の肌悩みを皮膚科の医師に相談することができます。自宅にいながら皮膚科医の監修したプログラムで治療を受けられるsai+ skincareをぜひご活用ください。

↓↓簡単に受診できる

シナールのオンライン診療について

参考文献

https://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=16929

添付文書 https://vet.cygni.co.jp/include_html/drug_pdf/vitamin/JY-12179.pdf

https://www.e-pharma.jp/druginfo/tempbunsyo/3179115F2034