クリニックフォアグループでの
PCR検査について

クリニックフォアグループは、新型コロナウイルスの感染拡大に立ち向かうため、東京都のクリニックでは初めて、公費でPCR検査を行える機関として、東京都に認定を受けました。特に、田町院においては、別スペースにて発熱外来も設置し、症状がある方も含めて、診療を行っております。
このような背景のもと、新型コロナウイルスPCR検査を行っており、自費・公費、また、無症状の方、海外渡航目的の方、症状がある方、と、どのような方でもPCR検査をお受けできる体制を構築しております。
2020年7月までに延べ8000件以上の検査実績があり、現在はグループ全体で1日500人以上の検査をお受けする体制を構築しておりますので、検査をご希望の方は、田町・大手町・飯田橋の各院にご来院ください。

個人向け検査について

クリニックにて
PCR検査を受けるには

クリニックフォアグループでは、現在、田町院・大手町院・飯田橋院にてPCR検査を実施しております。
ご都合の良いクリニックにご来院頂ければ、予約なしでも検査を受けていただくことが可能です。
お問い合わせ

01訪問するクリニックを
選択する

症状のある方・保健所より濃厚接触と指定を受けた方:田町院
海外渡航に伴うPCR検査を受けたい方:田町院・大手町院
その他、自費でPCR検査を受けたい方:田町院・大手町院・飯田橋院

感染拡大防止の為、症状のある方・保健所より濃厚接触者と指定を受けた方は、田町院をご予約ください。

見積り・検査日程の調整

02WEBから来院予約

ご希望のクリニック・日時でご予約をお取りください。
ご予約がなくてもPCR検査をお受けいただくことは可能です。
また、自費PCR検査については、年齢制限はございません(乳幼児でも実施可能です)。

検査キットの郵送・検査名簿の提出

03クリニックにて
PCR検査を実施

ご予約の日時にご来院頂き、PCR検査を実施いたします。
特にご指定がない場合は、唾液での検査を実施しておりますが、綿棒での検査も実施可能ですので、ご希望の場合は受付にてお申し付けください。

*厚生労働省より、唾液と綿棒で上咽頭粘液を採取する方法に差がないことがアナウンスされています。
*渡航先によっては綿棒(スワブ)での検査を指定している場合もあります(マレーシアなど)。

検査の実施・検体の提出

04検査結果のご報告

海外渡航用のPCR検査を除き、翌々日にご報告となります。
陽性の方:医師・看護師より、携帯電話にお電話を差し上げます。不明な番号でもお出になるようお願いいたします。
陰性の方:翌々日12時以降にWebでご確認いただけます。マイページにログイン頂き、PCR検査結果よりご確認ください(Web予約無しでご来院いただいた方はWebでご確認いただくことができません)。
検査実施日の翌々日以降であれば、クリニックに直接ご来院頂く形でも結果のご報告が可能です。
診断書については、基本的にはご来院頂き中身をご確認にただいた上でご共有しております。郵送をご希望の方は、受診時にお伝え下さい。

検査費用

PCR検査 唾液での検査可能 一人当たり25,000円(税抜き)〜(最大4万円。お申し込みの人数によって変わります)

高熱等の症状があり、医師が臨床的に新型コロナ感染を疑う場合に限り、公費でのPCR検査を行うことが可能です。その場合は、PCR検査費用は公費でのお支払いとなりますが、診察料などは通常の保険診療と同様に3割のご負担となります

診断書発行費

和文診断書 5,000円(税抜)
英文診断書 10,000円(税抜)

海外渡航に伴う
PCR検査について

クリニックフォアグループでは、経済産業省・日本渡航医学会の指定クリニックとして、海外渡航に伴うPCR検査および英文診断書の発行を行っております。
海外渡航に伴う方のPCR検査は、時間制限が厳しい国もあり、優先的に実施しているため、クリニックフォアグループは、最短で翌日夜に結果・診断書をお渡しすることが可能です。
2020年7月末までに、東アジア・東南アジア・欧州・アフリカ・北米に渡航される方々を対象に2000名以上の方々の渡航のサポートを行わせていただいており、これまでに渡航できなかったというようなご連絡は頂いておりません。
各国の求める基準はそれぞれ異なり、日々変化しているため、私共のコラム(海外渡航に関する自費での新型コロナPCR検査について) をご参考いただいた上で、必ず最新の情報をご自身でもご確認いただくようお願いいたします。

よくあるご質問

Q.PCR検査を受けられるクリニックはどこですか?場所はどこでしょうか?

クリニックフォアグループの中で、PCR検査を受けられるクリニックは、田町院・大手町院・飯田橋院の3箇所です。
 その中でも、対応できるPCR検査が異なりますので、ご自身の症状や目的を踏まえ、来院されるクリニックをご選択ください。  各院のリンク先より、クリニックの場所をご確認ください。
田町院:発熱外来・海外渡航PCR・自費PCR
大手町院:海外渡航PCR・自費PCR
飯田橋院:自費PCR

Q.PCR検査を受ける時に、なにか持参すべきものはありますか?

保険診療を行わせて頂く可能性も考え、可能であれば、保険証をご持参ください。
また、海外に渡航する目的でPCR検査をお受けになる場合は、パスポート番号の記載が必要になります。
パスポートの顔写真のあるページの写真あるいは原本をお持ちください。

Q.海外渡航に伴うPCR検査はどこで受けられますか?

クリニックフォアグループは、日本渡航医学会、および、経済産業省のビジネストラック指定のクリニックとなっております。
海外渡航に伴うPCR検査は、現在、田町院・大手町院で実施させていただいております。予約無しで直接ご来院いただいても、検査を受けていただくことは可能ですが、WEB予約を頂いたほうがおまたせする時間が少なくなります。ご検討ください。

Q.海外渡航のスケジュールについて相談したいです

渡航先の時間制限によってお考えください。
 基本的には、土日・祝日も含め、検査を受けられた翌日18時を目処に、結果のご報告と英文診断書をお渡しすることが可能です。
 ただし、極稀に、再検査に回り、この時間に結果をお伝えできないことがあるため、渡航先の条件が許すのであれば、もう一日余裕を持って、診断書を確実に手に入れたい日の前々日に検査を受けられることをお勧めしております。

Q.症状がある方、感染が疑われる方でも検査を受けることができますか?

自費PCRで無症状の方のみとしている医療機関も多いですが、どのような症状がある方、どのような事情がある方でも、クリニックフォアグループでは、PCR検査を受けていただくことが可能です。
ただし、高熱や咳・頭痛など、明らかに新型コロナウイルスを強く疑う症状がある方、保健所より濃厚接触者に指定を受けている方は、発熱外来を設置している田町院にご来院くださいますようお願いいたします。
症状によっては、保険診療での対応も行わせていただくことも可能です。     

Q.最短でいつ受けることができますか?

当日も検査を受けることが可能です。ご希望のクリニックの診療時間をご確認の上、ご来院ください。診療時間内に来院頂ければ、当日、PCR検査を行うことが可能です(予約をとっていただくことが望ましいですが、予約がなくても検査を行うことが可能です)。

Q.検査方法は唾液ですか?それとも綿棒(スワブ)で鼻咽頭粘液を採取する方法ですか?

どちらでも可能です。
7月中旬に、厚生労働省より、無症状の方でも唾液でのPCR検査を使用して問題ない、という旨のガイダンスが発出されました。2つの方法の間に、差がなかったということを前提としています。これを踏まえ、基本的には、唾液での検査を行うこととしています。
しかしながら、ご来院頂く場合は、どちらでも対応可能です。綿棒(スワブ)での検査をご希望の場合は、クリニック来院時にその旨をお伝え下さい。
海外渡航の方は、渡航先によっては、綿棒(スワブ)での採取を指定されている国もありますので(例:マレーシアなど)、綿棒での採取を行わせていただくこともあります。

Q.PCR検査の方法・試薬・基準について教えて下さい

クリニックフォアグループが使用している検査の試薬・機械は、以下のとおりです。
試薬:Roche社 Cobas SARS-CoV-2
メーカー:Roche Diagnostics株式会社
測定機器:Cobas 8800 system - Real time RT-PCR法

米国FDAの認可した試薬を使用しており、CLIA指定のラボでの実施となっております(英文診断書には、使用した試薬、手法について記載いたします)

Q.申込みはどうすればいいですか?

個人の方の場合、お申込みは不要です。 ご希望するクリニックのHPより、WEBで予約をお取りの上、ご来院ください WEBでご予約いただいた方のみ、結果をWEBでご確認いただくことが可能になります。
田町院
大手町院
飯田橋院     

Q.本日受けることができますか?予約は必要ですか?

クリニックにご来院いただいた場合、当日でもPCR検査をお受けいただくことが可能です。
HPよりご予約いただいたほうがおまたせする時間は少なくなりますが、ご予約無しでご来院いただいても当日にPCR検査をお受けいただくことが可能です。

Q.土日・祝日も検査を受けることができますか?

田町院・飯田橋院は土日・祝日も診療を行っております。PCR検査も同様に週末・祝日もお受けすることができます。
検査自体も平日と同様に行っておりますので、基本的には翌々日(海外渡航の方に限り翌日夜)のお渡しとなります。
診療時間が平日とは異なりますのでご注意ください。

Q.結果はいつ知ることができますか?

基本的には翌々日のご報告となります。
海外渡航のPCR検査に限り、時間制限があるため、翌日夜18時を目処に結果をご共有いたします(ただし、稀に再検査に回ることも有り、この時間帯に結果が出ないことがあることは事前にご了承ください)。
翌々日の診療時間内(朝からで問題ありません)に、クリニックまでご来院頂ければ、結果をご共有いたします。
陽性の方には、クリニックから直接お電話にてご連絡を差し上げます。陰性の方には、クリニックからのご連絡は行っておりません。ご了承頂ますようお願いいたします。
また、事前にHPよりご予約いただいた上で、ご受診いただいた方は、Webで結果をご確認いただくことも可能です。HPよりマイページにログイン頂き、PCR検査結果よりご確認ください。翌々日の昼ころを目処に結果をWebでご確認できるようになります。

Q.結果はどのような方法で知ることができますか?

クリニックにご来院いただくか、WEBでご確認いただくかの2つの方法になります。
大変申し訳有りませんが、電話・メールでの結果のご共有は一切受けておりません。検査を受けられる方の数が多いこと、また個人情報でもあるため、ご了承頂ますようお願いいたします。
翌々日の診療時間内(朝からで問題ありません)に、クリニックまでご来院頂ければ、結果をご共有いたします。
事前にHPよりご予約いただいた上で、ご受診いただいた方は、Webで結果をご確認いただくことが可能です。HPよりマイページにログイン頂き、PCR検査結果よりご確認ください。翌々日の昼ころを目処に結果をWebでご確認できるようになります。

Q.万が一陽性だったときはどうすればよいですか?

陽性の方には、クリニックの医師・看護師より直接ご本人にお電話でご連絡を差し上げます。 クリニックより、保健所に発生届を提出しますので、ご本人に行っていただく作業はございません。
陽性の方ご本人は、他の方に感染させないよう、他の方との接触を極力避けて頂き、保健所からの連絡をお待ち下さい。
入院・ホテル滞在・自宅待機については、保健所の指示に必ず従うようにお願いいたします。

Q.COCOA(アプリ)で通知を受けました。PCR検査を受けることができますか?

2020年8月23日の厚生労働省のアナウンスを踏まえ、医師が適切だと判断した場合、公費でのPCR検査を実施いたします。
公費でのPCR検査は、田町・大手町のみで対応させていただくことが可能です。ご注意ください。
また、公費でのPCR検査の実施に関しては、保険証をご提示いただくことが必要です。別途、診察料等の3割の事故負担部分はご負担いただくことになります。ご了承頂ますようお願いいたします。
診療の際に、COCOAの通知画面を医師にご提示いただくようお願いいたします。

Q.検査結果が陽性だったら、保険診療・公費に変えてもらえませんか?

大変申し訳ありませんが、保健所の指導により、自費のPCR検査を結果が陽性だとしても、あとから保険診療・公費へと切り替えることはできません。申し訳有りませんが、ご了承ください。

Q.過去に陽性となった人も検査を受けられますか?

はい、可能です。
 新型コロナウイルス陽性となって入院あるいは自宅待機となった方でも、退院/待機終了になったあとに検査を受けていただくことは可能です。PCR検査で陰性となった方には、診断書も発行させていただきます。
 ただし、PCR検査で陰性となるためには、個人差がありますが、発症後2−4週程度はかかると考えられています。
 また、現在のところ、発症後10日〜2週間程度で、医師の判断で退院となった患者さんは、他の方への感染拡大リスクは低いと考えられています。

Q.保健所の対応はどのようにすればよいですか?自分で連絡する必要がありますか?

クリニックより保健所に発生届を提出しますので、ご本人に行っていただくことは有りません。
クリニックが届け出を出したあと、翌日・翌々日くらいに、保健所より濃厚接触者についての問い合わせがある場合があります。その場合は、保健所の指示に従って対応をいただくことになります。
ご自身の所属する会社等には、事前にご報告をすることを推奨しております。

Q.WebでPCR検査の結果を見るにはどうしたらいいですか?

クリニックフォアのアカウントを作成いただき、HPより受診予約をいただき検査を受けられた患者様は、Webで結果を確認できるようになりました。
大変申し訳ありませんが、クリニックフォアのアカウントがない方・検査の予約を取らずにご受診された方については、データの紐付けができませんので、結果をWebでご確認いただくことができません。メール・お電話での結果のご連絡は承っておりませんので、ご来院の上、結果をお受け取りになるようお願いいたします。

Q.診断書・陰性証明書はもらえますか?

和文診断書は1枚5000円(税別)、英文診断書は1枚1万円(税別)にて作成を承っております。 診断書は、医師の名前・署名・公印が入ったもので、公的な書類には診断書をご活用頂く必要があります。
診断書のPDFをメールでお送りすることは承っておりません。送料・手数料1000円にて、レターパックにて郵送することは可能です。検査を受けられたときに、お申し出ください。

Q.海外渡航の証明書は最短でいつもらえますか?

海外渡航の場合は、時間制限もありますので最優先で対応させていただいております。 最短で、翌日18時を目処に結果のご共有と、英文診断書の発行を行っております。前日の検査実施分は、午前分であっても夕方の文であっても全て翌日18時以降のご報告となります。午前の早い時間に検査を受けていただいたからと言って、翌日の早い時間に結果が出るわけではありません。
検査を受けられた際にお申し出頂ければ、英文診断書の郵送も承っておりますが、署名入り原本が必要なケースが多く、メールでのPDF送付は承っておりません。
また、スペル等をご確認いただくほうが良いため、大変恐縮ですが、クリニックまでご来院頂き、ご確認の上お渡しする方法をお勧めしております。
検査受診証明書や、他の英文書類もリクエスト頂ければ作成させて頂きます。皆様の渡航が可能になりますようサポートをさせていただきます。

Q.労災は使えますか?

現在のところ、明確な基準は定められていないようです。
ただし、会社あるいは会社関連施設での感染と労働基準監督署が認め、新型コロナウイルス陽性の方に限っては、公費であれ、自費であれ、PCR検査費用が労災で補填されると確認が取れています。
ご自身で、労働基準監督署およびご勤務されている会社にご確認ください。
労災申請の用紙については、2000円(税込み)にて作成させていただきます。

Q.支払いは、現金だけですか?カードも使えますか?

はい、クレジットカード、交通系IC、QRコード決済、全てご使用いただけます。
来院いただきましたら、お会計の際にご希望の会計方法をお申し付けください。

Q.支払いは請求書対応可能ですか?

団体様のみ請求書での対応をお受けしております。個人でのお申込みの場合は、請求書対応はお受けしておりません。

Q.領収書は出してもらえますか?

可能です。ご指定の宛名で作成いたしますので、検査を受けられる際に、受付にお申し出ください。

Q.領収書を再発行してもらえますか?

大変申し訳有りませんが、紛失の場合、顧問税理士の指導により、再発行は一切お受けしておりません。
 宛名・内容の修正については、原本をご返却頂ければ、修正したものを改めて発行いたします。

Q.本人以外の人が結果を取りに行ってももらえますか?

検査を受けていただいた際に、検査結果引き換え書をお渡ししております(複写式の紙になります)。そちらをお持ち頂ければ委任状とみなし、結果をお渡しいたします。

PCR検査ご予約

個人向けPCR検査

ご予約はこちら

ご不明点等お問い合わせの方は下記へお願いいたします。
お問い合わせはこちら
企業・団体でPCR検査をご希望の方はこちら