2020.09.08

インフルエンザの時服用すると危険な解熱剤とは?医師が解説します。

インフルエンザにかかり、熱が辛くなると解熱剤を使用して対処しようと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、インフルエンザに罹った時の解熱剤の選択には注意が必要です。

今回は、インフルエンザに罹った時の解熱剤の使用とその注意点について詳しく解説していきます。

インフルエンザに罹った時に使用してよい解熱剤は?

インフルエンザウイルスに感染したことによって高熱が出た場合、使用してよい解熱剤は、アセトアミノフェンという成分を含む薬剤となります。アセトアミノフェンを含む解熱剤は、アンヒバ坐剤®、アルピニ―坐剤®、カロナール®などです。大人の方であれば、イブプロフェンという成分を含む解熱剤も使用可能です。

アセトアミノフェンは、解熱以外にも頭痛や歯痛などによく使われるお薬です。副作用のリスクが少ないということもあり、高齢者や乳幼児の発熱の症状に対して用いられることが多い薬剤となります。

インフルエンザウイルスに感染し、発熱が辛いという場合にはこちらのお薬を用法、用量を守ってお使いください。

なぜ他の解熱剤は使用してはいけないの?

それではなぜ、アセトアミノフェン以外のお薬を使用してはいけないのでしょうか。これは、インフルエンザ脳症という合併症が関係しています。

インフルエンザ脳症とはインフルエンザウイルスに罹患後、高熱・意識障害・けいれんなど急速に進行する神経の障害が見られる病気です。この結果脳神経系に異常が生じ、死に至ることもあり、インフルエンザ脳症となってしまった患者さんの約30%が死亡、約25%が後遺症を残しています。主に5歳以下の乳幼児ですが、数は少なくとも成人での発症も報告されています。

当初、インフルエンザ脳症の原因は明らかになっていませんでした。ですが、1999、2000年のインフルエンザ脳炎・脳症研究班(森島恒雄班長)の報告によると、インフルエンザ脳症を発症した方が使用した解熱剤に、ジクロフェナクナトリウムまたはメフェナム酸という成分を含んだ薬剤が使用されていたという報告があり、この成分がインフルエンザ脳症の発症にかかわっているのではという見解があります。ジクロフェナクナトリウムとはボルタレンやロキソニンという名前の薬剤に含まれている成分であり、メフェナム酸はポンタールという薬剤に含まれている成分です。

このことから、ロキソニンやボルタレンなどをインフルエンザによる発熱の時に使用するとインフルエンザ脳症の発症が関係する可能性がある、死亡につながる可能性があるという見解から使用しないことが推奨されています。ロキソニンやボルタレンは非ステロイド性消炎鎮痛薬というお薬で、このお薬以外にもさまざまな薬剤があります。現在のところ、上記の薬剤以外の使用が少ないということもあり、研究のデータが取れておらず、他の薬剤の安全性について確認できていません。インフルエンザ脳症とのかかわりが指摘されているお薬があるという観点からすべての非ステロイド性消炎鎮痛剤がインフルエンザによる発熱の際には使用しないことが推奨されています。

インフルエンザに罹ったか分からない時、解熱剤の選択はどうする?

高熱が出ているが、インフルエンザにかかっているかどうかが分からない、けれども症状が辛く解熱剤を使用したいという場合には、インフルエンザ脳症との関係を鑑みて、アセトアミノフェンの使用がおすすめです。また、インフルエンザ脳症と薬剤の関係性、発症の原因などについてもまだまだ研究段階となっています。そのため、どの薬剤がインフルエンザ脳症の発症に関係しているのかはわからず、唯一アセトアミノフェンを含む解熱剤の安全性が高いということが分かっています。

ですので、インフルエンザにかかっているのかどうかはわからないけれど高熱が出て辛いという場合には、アセトアミノフェンを第一選択とされることがおすすめです。

熱が辛くなったら医療機関に相談するのもあり!

熱が辛いがインフルエンザに罹っているかどうかが分からないので解熱剤の使用を躊躇してしまうという方もいらっしゃるかもしれません。熱が辛くて、解熱剤を使用したいが、不安という方は、ひとまず医療機関に相談するというのも選択肢のひとつです。

いつから熱が出ているか、どのような症状なのか、インフルエンザの患者と濃厚接触をしたかなどの情報があれば、医師は、インフルエンザかどうかの判断をし、場合によってはその場でインフルエンザの検査をしてくれるかもしれません。ですが、発熱直後にインフルエンザの検査をしたとしても感度が低いため、インフルエンザウイルスに感染していたとしても陰性と出てしまう可能性があります。

その場合は再度受診をしなければならないということもありますが、今の症状が楽になるように、医師が最善の薬を処方して対処をしてくれます。そのため、インフルエンザにかかっているかわからないけれど症状が辛い、発熱が辛いという方は、医療機関を受診してください。特に基礎疾患など何かしらの病気にかかっているかたは、自己判断されずに医療機関で医師の指示を仰ぐことがおすすめです。

クリニックフォアグループの内科でも、インフルエンザの検査を実施しているとともに、インフルエンザに罹っているかどうかが分からないという方の診療を行っておりますので、お気軽にご相談ください。

公開日:9月8日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

日本小児神経学会 https://www.childneuro.jp/modules/general/index.php?content_id=64

日本小児科学会 https://www.jpeds.or.jp/modules/activity/index.php?content_id=201

インフルエンザ脳症ガイドライン 日本小児科学会 https://www.jpeds.or.jp/uploads/files/influenza090928.pdf北里大学 https://www.kitasato-u.ac.jp/jp/news/20190110-04.html