ピルにニキビの改善効果はある?メカニズムやオススメの種類など徹底解説

ピルは避妊効果を主効果としていますが、副効果の中には「ニキビの改善効果」が含まれています。

今回は、ピルによってニキビが改善されるメカニズムやオススメの種類などを徹底解説。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

オンライン診療について
詳しくはこちら

ピルによってニキビが改善されるのは何故か

先の通り、ピルにはニキビの改善があると説明しました。ここでは、そのメカニズムについてより深く説明していきます。

ニキビができる原因は生理前の黄体ホルモンの上昇

ニキビにはさまざまな原因があります。しかし、大人になってからできるニキビの原因には、だいたい生理1週間前の黄体ホルモン過剰分泌が特に挙げられます。

生理の約1週間前に黄体ホルモンの一種である「プロゲステロン」の分泌量が最大となり、その時期にニキビができやすくなります。その後は急速にホルモン値が下がって生理を迎えます。ホルモンバランスが乱れているわけではなく、通常のホルモン周期として生理1週間前はニキビができやすいのです。

黄体ホルモンは男性ホルモンと似た性質を持つ

ニキビに関係しているホルモンは、黄体ホルモンであるプロゲステロン。

プロゲステロンは、子宮内膜を着床しやすいように変化させ、女性の身体が妊娠しやすいようにし、妊娠を維持する際にも重要な役割を果たします。

一方でプロゲステロンは男性ホルモンの一種であるテストステロンに変化します。その作用によって、皮脂の量が増えたり毛穴が詰まりやすくなったりするので、ニキビができやすくなります。

また、プロゲステロンがアクネ菌から肌を守るペプチドの発現量を減らす報告もあります。そのため、排卵後から次の月経までの「黄体期」にはニキビができやすくなるのです。

ピルの服用によって黄体ホルモンの産生を抑える

ピルには黄体ホルモンの産生を抑える効果があるため、黄体ホルモンが原因であるニキビの改善に繋がるのです。

ピルをやめたらニキビが再発する可能性もある

そのため、ピルをやめることで黄体ホルモンの産生が再開し、ニキビが再発してしまう可能性があります。

オンライン診療について
詳しくはこちら

ピルで治らない症状もある

ピルはニキビ跡に対して有効では無い

ピルはあくまでも黄体ホルモンが原因であるニキビに対して、効果を発揮します。そのため、ニキビの予防にはなるものの、ニキビ痕の治療には得意ではありません。

ニキビ跡の原因はメラニン。ニキビの炎症によりメラノサイトが刺激され、メラニンが生成されます。そして、そのまま色素沈着することによってニキビ跡ができるのです。

そのため、ピルではニキビ痕を治すことは困難です。しかし、他の治療方法によってしっかりと治すことができます。詳しくはコチラの記事をご覧ください

関連記事:ニキビ跡って治療で消せるの?正しい治療と対策について、医師が解説します。

ピルを飲んでもニキビが治らない場合もある

ピルを飲んでもニキビが治らない場合もあります。ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れはもちろんですが、それ以外にも肌の乾燥や寝不足によるターンオーバーの遅れなど、様々な原因があります。

クリニックフォアでは皮膚科もオンライン診療をおこなっているので、ぜひご相談ください。

オンライン診療について
詳しくはこちら

ニキビに効くピルは?オススメのピルは3種類

どのピルでもニキビに効果が同じわけではありません。そのため、ピル選びは重要です。

クリニックフォアで取り扱うピルの中でニキビ改善にオススメのピルは以下の3種類。

  • ヤーズフレックス(超低用量ピル)
  • ファボワール(低用量ピル)
  • マーベロン(低用量ピル)

これらのピルは研究の結果、トリキュラーなどの他の低用量ピルよりもニキビ・肌荒れの改善効果が高いという結果がでています。

引用:Hormonal Contraceptives and Acne: A Retrospective Analysis of 2147 Patients(J Drugs Dermatol. 2016;15(6):670-674.)

オンライン診療について
詳しくはこちら

【オンライン診療】低用量ピルの処方ならクリニックフォア!最短翌日到着

ピルは薬局では販売していません。通販サイトなどもありますが、偽物が紛れていたり不純物が混入していたりと大変危険です。

しかし、「わざわざ病院に行くのが面倒臭い・・・」という方も多いかと思います。

クリニックフォアでは初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピル・中用量ピルの処方を行なっています。事前問診3分、診療3分のみで完了し、薬は最短当日発送いたします。

ピルの値段・料金

クリニックフォアでは以下の価格で、ピルを取り扱っています。

低用量ピル・超低用量ピルの料金表

薬剤価格(税込)
トリキュラー(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
ラベルフィーユ(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
アンジュ(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
マーベロン(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
ファボワール(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
ルナベルULD(国産 21錠タイプ)11,000円
※定期配送の場合:9,350円
フリウェルULD(国産 21錠タイプ)7,150円
※定期配送の場合:6,077円
ヤーズフレックス(国産 28錠タイプ)12,100円
※定期配送の場合:10,285円

※初診の場合は、別途診察料1,650円(税込み)と送料550円(税込み)がかかります。
3か月分まとめた処方でお薬代は5%OFFになります。さらに、半年分まとめた処方は10%OFFに。
※全ての薬剤にsai+のピルケースがつきます (アンジュ以外)
※アンジュにはsai+のピルケースではなく、製薬会社の専用ピルケースをおつけしております。

 

オンライン診療について
詳しくはこちら