2020.06.09

つむじや頭頂部の薄い女性が改善すべきこととは?医師が解説します

つむじや頭頂部の毛が薄くなり始めて気になるという方に、セルフで行える対策から治療法まで医師が解説します。本気で頭頂部やつむじの薄毛を改善したいという方は必見です。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

1.女性は髪が長いからつむじの薄毛が目立つ?

女性はなぜ、つむじや頭頂部の薄毛が目立ってくるのか、その理由は多々ありますが、ここではその理由を2点ご紹介します。

女性特有の髪型

1点目は女性特有の髪型です。女性にもさまざまなヘアスタイルの方がいらっしゃいますが、やはり割合としてはロングヘアやミディアムヘアが多い印象を受けます。また、おしゃれの一部であったり、仕事の決まりであったりさまざまな理由で、ロングヘアやミディアムヘアの方はもちろん、ショートヘアであっても髪の毛を結わえている女性を多く見受けます。髪の毛を結わいてしまうと牽引性脱毛症を引き起こすことが考えられます。

牽引性脱毛症とは、毎日同じヘアスタイルで、同じ位置で髪を結び続けたりブラッシングを過度に行ったりと頭皮に負担をかけることで、頭皮の血行不良が起こり、毛が抜けてしまうことを言います。アイロンで髪を引っ張る、ショートヘアの方でも毎日同じ分け目にしているという場合でも、牽引性脱毛症を引き起こす可能性があります。これによって頭頂部やつむじが薄毛になることが考えられます。

女性ホルモンのバランス

2点目は、女性ホルモンのバランスにあります。加齢に伴い女性ホルモンのバランスが変化することによってヘアサイクルも変化するため、年齢を重ねるごとに髪の毛が軟毛化していきます。特に40歳代に迎える更年期から、そして閉経に向けて、髪の毛が細く軟らかくなっています。

閉経を迎えると、女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌量が一気に低下します。このエストロゲンは女性の髪にハリやツヤ、コシを与える効果があります。ですが、エストロゲンの分泌量が低下するとハリやツヤ、コシがなくなってしまい軟らかい髪の毛になります。コシのない軟らかい髪の毛が増えていけば髪の毛は抜け落ちやすくなるため、抜ける髪の毛の量が増加していきます。

また、これに加えて男性ホルモンも関係していきます。女性にも少なからず男性ホルモンが分泌されているのですが、女性ホルモンの分泌量が減ると男性ホルモンの身体の中での濃度が相対的に高くなります。そうすると男性型の脱毛症と同じメカニズムをたどり、髪が軟毛化していきます。発毛の量も減っていき、生える髪の毛が少なくなり、抜ける髪の毛が増えていってしまうため薄毛になっていくことが考えられます。

このとき、男性の場合は頭頂部からだけでなく前頭部や後頭部など抜け方にさまざまなタイプの方がいるのですが、女性の場合は頭頂部から抜け落ちる方が多いため、頭頂部から薄くなっていくのです。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

2.つむじからはげてくる女性の薄毛のタイプとは?

つむじや頭頂部から薄毛になってくる場合には、加齢や女性ホルモンのバランスの乱れによる軟毛化も考えられますが、女性型の脱毛症、いわゆるFPHL(female pattern hair loss)によるものが考えられます。女性型の脱毛症は頭頂部を中心に広い範囲で抜け毛が見られることが特徴です。頭頂部を触ってみて薄いな、ハゲてきたなと感じた時にはこの女性型脱毛症の可能性もあります。

また、先ほどご紹介した牽引性脱毛症もつむじから髪の毛が薄くなる脱毛症のタイプです。特に毎日髪をきつく結ぶ方は、髪の毛が引っ張られてつむじや頭頂部が薄くなっていきます。女性型脱毛症の場合は全体的に髪が薄くなるのですが、牽引性脱毛症の場合は髪の頭頂部やつむじなど分け目や結ぶ時に負荷がかかる部分が部分的に薄くなることが特徴です。

3.つむじから薄くなる場合の対策とは?

つむじから薄くなっていく場合の対策は脱毛症のタイプによって異なります。牽引性脱毛症によってつむじが薄くなっている場合には髪の結び方や分け目を変えることです。全く同じヘアスタイルではなく、髪の結ぶ位置を変えたり、緩く結んだりすることも良いです。また、分け目を定期的に変えることでも対策は可能です。

これに加えて頭皮ケアも重要です。つむじや頭頂部、後頭部をマッサージすることも対策になります。また、直接的な改善にはつながりませんが、頭頂部をヘアアイロンなどを使ってふんわりとさせるヘアスタイルをするという方法があります。こうすることで見た目で頭頂部やつむじの薄毛が目立たなくなるため、周りの目を気にしてストレスに感じるということはなくなるでしょう。

また、栄養バランスのとれた食事をすることも薄毛の対策のために重要です。L-シスチンやビタミンB、パントテン酸、亜鉛等を多く含む食材をバランスよく摂取することで、育毛にもつながります。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

4.クリニックフォアでの治療法とは?

クリニックフォアでは、頭頂部やつむじの薄毛に対する治療を行っております。クリニックフォアでは、薄毛が進行する予防としてスピロノラクトン、治療としてミノキシジルの処方を行っております。

スピロノラクトンはもともと利尿作用があるお薬ですが、その副作用に男性ホルモンを抑える効果があります。そのため、女性ホルモンの濃度が低くなり男性ホルモンの濃度が相対的に高くなった方に対しては、女性ホルモンの濃度を相対的に高めることで、ヘアサイクルが閉経前と同じようになり、髪のハリやコシがなくなり軟らかくなるということを防いで、抜けにくい髪の毛を作り出してくれます。

ミノキシジルは発毛や育毛効果が強く期待できる薬で、女性の脱毛症への高い治療効果が証明されているお薬です。ミノキシジルには内服薬と外用薬があります。このお薬はもともと降圧薬として血圧が高いという症状の方に使われていました。そのため、血圧がもともと低い方や循環器系の病気をお持ちの方は使用することができません。クリニックフォアでは丁寧に診療をさせていただき、ミノキシジルを内服しても安全かどうかをしっかりとチェックさせていただきます。ですが、ミノキシジルの外用薬においては皮膚のかぶれやかゆみといった副作用が起こりうる可能性はあるものの、循環器系に及ぼす副作用がほぼないため比較的安全に使用できるお薬です。ミノキシジルは約4ヶ月で効果を強く実感することができるお薬ですので根気よく継続して使用をすることが必要になります。

これらの治療法に加えてぜひ併せて活用していただきたいのがサプリメントです。成分はクリニックフォアの医師が監修し、育毛の効果が期待できる成分を凝縮しています。栄養バランスを考えた食事を毎日継続して作って食べることは非常に難しいためこのサプリメントを活用していただくこともおすすめです。

この記事を読んでいただき、頭頂部やつむじの薄毛の治療を本気でやりたい、サプリメントを活用したいと考えた方はクリニックフォアへご相談ください。

↓↓クリニックフォアの女性薄毛治療はこちら

公開日:6月9日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

https://www.jstage.jst.go.jp/article/sccj/45/1/45_35/_pdf

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000001.000038401.html

株式会社リクルートライフスタイルhttps://www.recruit-lifestyle.co.jp/uploads/2019/07/RecruitLifestyle_HBA_20190725_2.pdf

資生堂 https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB009121/

持田ヘルスケア株式会社 http://hc.mochida.co.jp/skincare/dandruff/dandruff6.html

大正製薬 https://brand.taisho.co.jp/contents/riup/detail_201.html

公益社団法人日本皮膚科学会ガイドライン https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

サワイ製薬 https://kenko.sawai.co.jp/healthy/201904.html

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00062871

小林製薬https://www.kobayashi.co.jp/brand/inochinohaha/jyosei_h.html

バイエル薬品株式会社https://kami-katsu.bayer.co.jp/cause/female-hair-loss/traction/