破傷風のポイント

接種が必要な方

世界的に発症しており、どこの国・地域でも感染する危険性があります。特に渡航先が発展途上国であったり渡航先で怪我をする可能性が高い場合、小児期に3回以上の予防接種を完了していない方は、接種を強く推奨します。

これまでに3回以上の予防接種を行っていない方の場合、合計3回の接種が必要で、渡航までに最低2回の接種が必要です。

3種類のワクチンがあり、それぞれ予防できる疾患・補償制度などが異なります。

価格

国産破傷風ワクチン 4,500円/本+診察料
国産ジフテリア/破傷風ワクチン 5,500円/本+診察料
輸入破傷風/ジフテリア/百日咳ワクチン(T-dap) 9,800円/本+診察料

どこへ渡航する時に破傷風ワクチン接種が必要でしょうか?

破傷風菌は世界中の土壌の至る所に存在し、特に動物の糞便で汚染された土壌が危険であるため、途上国に渡航される場合は接種を強く推奨します。
破傷風は傷口から感染するので、渡航先が途上国でなくても、冒険旅行などで怪我をする可能性の高い場合は接種をおすすめします。

破傷風の感染経路と症状は?

破傷風は破傷風菌が産生する毒素である神経毒素(破傷風毒素)によりけいれんなどが生じる急性の伝染性疾患です。破傷風は、傷口から破傷風菌が体の中に侵入することにより感染します。

感染すると3日から3週間の潜伏期間の後に、口を開けにくい、首筋が張る、顎が疲れる、体が痛いなどの症状に始まり、その後体全体のしびれや痛み、歩行や排尿・排便の障害などを経て、重篤な場合は全身の筋肉が固くなって全身を弓なりに反らせたり(けいれん発作)、呼吸ができなくなり、死亡することもあります。

接種可能な破傷風ワクチンの種類と価格は?

クリニックフォアグループでは3種類の破傷風ワクチンをご用意しています。輸入ワクチンに関しては、国際的に広く使用されている、安全性の高いワクチンを輸入しております。

A. 国産破傷風ワクチン(破傷風トキソイド)

B. 国産ジフテリア/破傷風ワクチン(DTビック:破傷風とジフテリアを予防するワクチン)

C. 輸入破傷風/ジフテリア/百日咳ワクチン(T-dap)(Boostrix:破傷風とジフテリアと百日咳を予防するワクチン)

*:別途、診察料が必要になります。

様々な特徴を踏まえると、クリニックフォアグループ トラベルワクチンセンターとしては、

これまで基礎接種(3回以上の接種)が完了しておらず、破傷風に加えてジフテリアの予防もしたい場合には国産ジフテリア/破傷風ワクチン、基礎接種が完了しておらず破傷風のみ予防すれば良い場合には国産ジフテリアワクチン

これまで3回以上の接種が完了している方の追加接種には、破傷風・ジフテリアに加えて百日咳も予防したい場合には輸入破傷風/ジフテリア/百日咳ワクチン、国産ワクチンの安心、予防接種健康被害救済制度を求める方は国産破傷風ワクチンまたは 国産ジフテリア/破傷風ワクチン

をお勧めいたします。

他のワクチンと一緒に接種できますでしょうか?

他のワクチンと同時に接種可能です(ご希望の方はスタッフにお申し付けください)
本ワクチンの接種前に、他のワクチンを接種している場合は、一定期間の間隔を開けることが必要です(生ワクチンは4週間、不活化ワクチンは1週間あける必要があります)
本ワクチンは不活化ワクチンであり、接種後次回ワクチン接種まで、少なくとも1週間あける必要があります

渡航までに、何回接種する必要がありますか?どれくらいの期間が必要ですか?

破傷風は小児の定期予防接種項目の一つで、第1期(生後3〜80ヶ月)にDPTーIPV(ジフテリア/百日咳/破傷風/ポリオ:4種混合ワクチン)を4回、第2期(11・12歳)にDT(ジフテリア/破傷風:2種混合ワクチン)を1回接種することになっています。これまでに3回以上破傷風ワクチンの接種を行なっている方(破傷風に対する基礎免疫獲得済みの方)で過去5〜10年間に最後の接種を行なっていない方は、1回の接種が必要です。これまでに破傷風ワクチン接種を行なったことがない方、1回、2回のみ行った方は、2回の初回免疫(初回から3〜8週間あけて2回目の接種)および1回の追加免疫(初回免疫終了後標準的に12〜18ヶ月後に1回接種)を行う必要があります。 
渡航前に、国産破傷風ワクチン、国産ジフテリア/破傷風ワクチンは2回接種が必要で、渡航の最低3週間前に初回の接種を行う必要があります。

半年後〜1年後の接種の時に日本にいないのですがどうしたら良いでしょうか?

半年後〜1年後の追加接種の時に、日本にいないケースが多くあります。
渡航までに最低2回の接種が推奨されていますが、破傷風に対する免疫を獲得するためには、合計3回の接種が必須であり、3回目の接種も忘れずに行う必要があります。国産の破傷風ワクチン(破傷風トキソイド)、国産ジフテリア/破傷風ワクチン(DTビック)は、現地のクリニックや病院で置いている場合が多いわけではありませんので、帰国されたタイミングで実施することが多いです。

接種証明書は発行していただけますか?

ご希望の方には、接種記録カードを無料で発行しております。
必要があれば、英文での接種証明書(INTERNATIONAL CERTIFICATE OF VACCINATION OR PROPHYLAXIS)を発行します(有料)

カード払い、あるいは、請求書払いは可能でしょうか?

クリニックフォアグループでは、保険診療・自費診療含め、全てのお支払いにクレジットカード、iD/QuickPay, 交通系IC(Suica/Pasmo)、QRコード決済(Paypay、LinePay)等をご使用いただけます。
また、まとまった人数での接種が必要な場合、企業単位でのご請求書での支払いも承ります。
企業のご担当者様より、contact@clinicfor.lifeまでご連絡ください