2020.07.22

アフターピルってなに?詳しい効能や用法について、医師が解説します。

避妊の方法の選択肢の1つであるアフターピル。アフターピルがどういったお薬かを知らないという方に、ここではアフターピルがどんなお薬なのかを詳しくご紹介します。

↓↓アフターピルのオンライン診療はこちら

・アフターピルって何?どんな時に飲むの?

まずは、アフターピルとはどういったお薬なのかをご紹介します。アフターピルとは「緊急避妊薬」のことを指します。日本では2011年に認可されて医療機関で処方することができるようになりました。性行為後でも避妊の効果を得ることができるため、最後の避妊手段あるいはモーニングピルなどと呼ばれることもあります。

アフターピルの定義は「避妊せずに行なわれた性交、または避妊したものの避妊手段が適切かつ十分でなかった性交の後に、緊急避難的に服用する避妊薬」とされています。

アフターピルが避妊を成立させるメカニズムはいくつかあるのですが、主となるのは、排卵前に服用することによって正常な排卵を抑制する、ということです。排卵直前に、卵胞を育てるためホルモンが一時的に多量に分泌されるLHサージという現象が起こるのですが、アフターピルを内服すると、このLHサージが抑制される、あるいは遅延すると考えられています。そのため、排卵が阻害されて避妊が成立するということです。

約80%の女性で、5日間以上、その効果が続くといわれています。つまり、アフターピルを内服してから5~7日間は排卵がなくなりますので、この期間に性器内に侵入しているすべての精子が受精能力を失い、妊娠の成立を防ぐということです。また、排卵後に服用した場合でも、子宮頸管粘液の性質を変化させることで精子の侵入を抑制したり、着床を阻害する効果があるため、排卵後でも服用をすることは可能とされています。

避妊の方法の選択肢の1つであるアフターピル。アフターピルがどういったお薬かを知らないという方に、ここではアフターピルがどんなお薬なのかを詳しくご紹介します。

↓↓アフターピルのオンライン診療はこちら

・アフターピルの副作用は?避妊に失敗することもあるの?

アフターピルの副作用として報告されているのが出血と月経の乱れ、嘔気です。人によってはこれらの副作用のほかに頭痛や倦怠感、腹痛などの症状が見られる方もいらっしゃいます。出血については内服から 7 日以内に約16%の女性が月経と無関係な出血を経験するとされています。また、約50%の方が月経が数日前後ずれるとされています。

嘔気については一時的であることがほとんどですが、なかにはアフターピルを服用したものの、強い嘔気によって嘔吐してしまい、確実にお薬を服用することができなかったというような例もあります。万が一、服用してから2時間以内に嘔吐してしまった場合には、再度医師の診察を受けて追加内服を検討する必要があります。

アフターピルの避妊率は、指定された時間以内に服用すれば98%以上で避妊が得られるとされていますが、100%でない点には注意が必要です。また、体重 75 キロを超える方、または体格指数(BMI)が 30 kg/m2 よりも大きい方には効果が減少する可能性が指摘されています。

↓↓アフターピルのオンライン診療はこちら

・アフターピルより避妊効果が高いのは低用量ピル?

普段からの高い避妊効果を求める方は低用量ピルをご活用いただくことをおすすめします。低用量ピルは、女性ホルモンのプロゲステロンとエストロゲンと同様の成分を含有したお薬です。女性ホルモンと同様の成分のため、低用量ピルを服用することでホルモンが補充されていると身体が認識し、排卵を抑制したり子宮内膜を菲薄化させたりする効果が期待できます。また、PMSや月経痛、月経困難症、過多出血といった月経にまつわる悩みを改善させる副効果もあり、女性にとってメリットの多いお薬と言えます。

低用量ピルは1日1錠を21日あるいは28日周期で服用していくお薬です。毎日一定時間に飲み忘れることなくしっかりと内服できていれば、約99%の避妊効果があるといわれています。飲み忘れがあった場合でも、気づいたタイミングですぐに内服をするなど対応ができていた場合で92%の避妊効果があります。

様々な避妊法の中でも高い避妊率となります。低用量ピルにも副作用はありますが、重篤なものを除けば服用しているうちに徐々に落ち着いてきます。また、妊娠を希望する場合には服用をやめれば妊孕性が速やかに回復することもポイントです。

クリニックフォアでは、オンライン診療で低用量ピルとアフターピルの処方をさせていただきます。医療機関を受診する暇がないという方、気軽にピルを処方してもらいたいという方はクリニックフォアへご相談ください。

↓↓国内最安クラス!

低用量ピルのオンライン診療について

公開日:7月22日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

一般社団法人日本家族計画協会 https://www.jfpa.or.jp/women/emergency.html

公益財団法人日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/kinkyuhinin_shishin_H28.pdf

日本プライマリケア連合学会 http://www.pcog.jp/files/topics_I/1/topics_I-6-1.pdf

リプロヘルス情報センター http://rhic.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=4364#%E3%83%94%E3%83%AB%E3%82%92%E9%A3%B2%E3%81%BF%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%8D

日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13

日本産婦人科学会 OC・LEPガイドライン 2015年度版

厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000496181.pdf

http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/kinkyuhinin_shishin_H28.pdf

http://www.bccdc.ca/resource-gallery/Documents/Educational%20Materials/STI/Med%20Handouts/STI_handout_Levonorestrel_ECP_japan.pdf