2020.05.21

シミ・肝斑の治療に使用されるトランサミン(トラネキサム酸)の効果・副作用について、美容皮膚科医が解説します。

シミや肝斑の治療でも重要な役割を担うトラネキサム酸。クリニックフォアでも本気でシミの治療をしたい方に処方をさせていただいております。

トラネキサム酸にはどのような効果があり、副作用があるのかどうかについて当院の美容皮膚科医が詳しく解説させていただきます。

↓医薬品で確実にシミ対策を!予約はこちら

1.トラネキサム酸のシミに対する効果とは?

トラネキサム酸はシミに対して効果があります。シミ部位に起こっている慢性微弱炎症状態に対して作用をし、シミの元となるメラニンを生成する細胞メラノサイトの活性化を抑制をすることによって、シミをできにくくする効果が期待されています。それに加えて色素沈着をしている部位、すなわちすでにシミができている部分に対しても、メラノサイトの活性化を抑制してくれるため、できているしみをも薄くし美白効果も期待できるといわれています。

トラネキサム酸は、シミの中でも特に肝斑に対して高い改善効果が期待できるとしています。そのため、特に肝斑に悩んでいる方におすすめしたい薬剤となります。肝斑は女性ホルモンの影響によって出現してくるものと考えられています。そのため、妊娠中や授乳中の方においては肝斑が目立ってくる方も多く、治療をしたいと考えられる方も多いかと思います。ですが、トラネキサム酸は安全性が確認できていないという観点から、妊娠中の方や授乳中の方への処方をお断りさせていただくことがありますのでその旨ご承知おきください。

また、トラネキサム酸は内服を開始し、1日3回継続して内服をした場合、シミに対して効果が出てくるまで2~6週間ほどかかるといわれています。そのため、すぐに効果を実感するということは難しいものです。コツコツと継続して内服をしつつ、シミが増えないようにUVケアやスキンケアを併せて行うことがトラネキサム酸の効果を実感できる近道であると言えるでしょう。

↓医薬品で確実にシミ対策を!予約はこちら

2.副作用はあるの?

トラネキサム酸は人工的に合成されたアミノ酸の一種で、トランサミンというお薬の名前で処方されることもあります。トラネキサム酸は血液を溶かす物質であるプラスミン(線溶酵素)の働きを抑える効果があります。そのため、プラスミンの機能の亢進に関与する異常出血に処方されます。他にもアレルギー症状を引き起こす原因物質を抑制する効果があることから湿疹およびその類症、蕁麻疹、薬による湿疹などに対して処方されることが多いです。また、扁桃炎・咽喉頭炎、口内炎などにも処方されることもあります。歯磨き粉に対して使われることもあり安全性は非常に高いと考えられています。

トラネキサム酸は副作用が起こる可能性が非常に低く、また命にかかわる重度な副作用が起こることは考えにくい薬剤であるとしています。ですが、副作用は全くゼロではなく、ある程度起こる可能性も考慮しておくことが必要です。

トラネキサム酸を内服することによって起こる副作用は痒み、湿疹、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、胸やけ、眠気としています。トラネキサム酸はほかの薬剤のように副作用の起こる頻度などの研究がなされていないこともあり、副作用がどのくらいの頻度でどのくらいの方に起こるかが分からないとしています。そのため、トラネキサム酸を内服していてこれらの症状が出た場合には速やかに使用を中止して医療機関を受診するようにしましょう。

また、脳梗塞や心筋梗塞などの血栓性の病気や血栓症の恐れがある方はトラネキサム酸の内服をする旨を一度主治医へ相談されることをおすすめしています。風邪薬との併用など一緒に飲むことのできない薬もございますので、ご自身の判断で内服せずに医師へご相談ください。

↓医薬品で確実にシミ対策を!予約はこちら

3.処方してもらうにはオンライン診療が便利?

トラネキサム酸は先ほどもご紹介しましたがある程度の時間をかけなければ効果を実感することはできません。ですが、トラネキサム酸は1ヶ月分しかお出しすることができず、継続して医療機関に通われることが必要となります。仕事などによってクリニックの開院時間に来院できない、感染症の流行など医療機関を受診することがためらわれるという方は、クリニックフォアならオンライン診療でもトラネキサム酸を処方することができます。

クリニックフォアでは、トラネキサム酸をシミ・美白予防セットとしてビタミン剤など美容に良い成分を配合したほかの薬剤とともに処方させていただきます。こちらは医師が診察を行い、お肌の状態に合わせてより効果が高いものを処方させていただきます。

オンライン診療の方法はいたってシンプル。アプリなどのダウンロードも不要で、クリニックフォアのホームページから診療予約をとることができます。

この記事を読んでシミの治療に力を入れていきたいとお考えになられた方はクリニックフォアの医師へまずは一度ご相談ください。

↓医薬品で確実にシミ対策を!予約はこちら

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:5月21日

参考文献

http://www.rad-ar.or.jp/siori/kekka.cgi?n=12505

http://www.doyaku.or.jp/guidance/data/H21-2.pdf

医薬品インタビューホーム https://www.fuso-pharm.co.jp/cnt/seihin/parts/072/072_i.pdf

資生堂 https://www.shiseido.co.jp/haku/laboratory/dictionary/8.html

第一三共ヘルスケア https://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_transino/transino-2/component/tranexamic/