2020.05.21

ハイチオールのシミ・肝斑に対する効果・副作用について、美容皮膚科医が解説します。

ハイチオールはシミや肝斑の治療に使用されるお薬です。市販薬としてCM等でも宣伝を行っているため効いたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はこのハイチオールがどういったお薬なのか、効果や副作用も含めて美容皮膚科医が詳しく解説していきます。

↓医薬品で確実にシミ対策を!予約はこちら

1.ハイチオールとは?

ハイチオールとはL-システインを主成分とするお薬でパントテンサンなども配合しているお薬で、錠剤や粉薬などさまざまな形状のものが出回っています。生体内のSH酵素という酵素を不活化してくれるため、これによって皮膚の代謝を正常化したり、アレルギーの抑制、解毒の作用があります。この効果は、ハイチオールの主成分となるL-システインが強く関係しています。

L-システインはアミノ酸の一種で、肌の代謝に関係する成分です。ほかにも肝臓の解毒作用があり、特にお酒を飲んで取り込まれたアルコールに含まれるアセトアルデヒドに直接反応して無毒化する効果が期待できます。そのため二日酔いを改善したり疲労の改善をしたりといったさまざまな効果が期待されています。そのため、市販薬で販売されている商品は二日酔いの緩和を目的にハイチオールを商品化して販売されているところもあります。ほかにも、湿疹、ニキビ、蕁麻疹などさまざまな肌トラブルの治療にも他の薬剤と組み合わせて用いられるお薬です。

ハイチオールには重大な副作用の報告が上がっておらず比較的安心して服用できる薬剤ではあります。ですが、副作用が全くないというわけではありません。考えられる副作用には悪心 下痢、口渇、軽度の腹痛があります。こちらの副作用によって日常生活に影響が出るという場合には一旦服用を中止されることをおすすめします。

↓医薬品で確実にシミ対策を!予約はこちら

2.ハイチオールのシミに対する効果は?

ハイチオールはシミを消す、シミを予防、シミを排出するという3つの効果が期待できます。ハイチオールはシミの元となるメラニン色素の生成を抑える働きがあります。また、黒色メラニンを還元する効果があります。そのため新しいシミを作り出さないことに加え、現在あるシミを薄くすることが期待できます。

また、ハイチオールにはターンオーバーを促進し、古い角質をどんどん肌の奥から押し上げて体外への排出を促す働きがあります。そばかすに対しても同様の効果が期待できることに加えて、ハイチオールは7歳以上からの服用が可能で、若い女性も服用できる医薬品です。若い女性でそばかすが気になるという方にも効果を実感していただくことができるでしょう。

肌は28日周期でターンオーバーをしていきます。ですので、ハイチオールの服用を開始してから約28日たって徐々に効果を実感できるという方が多いです。

↓医薬品で確実にシミ対策を!予約はこちら

3.市販より医薬品の方が効果あり?オンライン診療が便利?

ハイチオールは肌のターンオーバーの周期からも最低でも1ヶ月以上内服をしなければ効果を感じることはできません。また、継続できればできるほど高い効果が期待できます。ですが、仕事が忙しいという方や感染症の蔓延が懸念されるなどさまざまな理由によって定期的に受診をすることが難しい方もいらっしゃるでしょう。

クリニックフォアではオンライン診療を実施しており、ハイチオールの処方をさせていただいております。また、ハイチオール単体だけではなくシミ予防・美白セットと称してシミや美白への効果があるお薬をセットにして処方をさせていただいております。

ハイチオールは市販での購入も可能ですが、成分の含有量が医薬品と比べて少ないため確実にシミへの効果を実感したい方は医薬品を使用されることをおすすめしております。ハイチオールの内服を希望される方、シミを本気で治療したいと考えている方はクリニックフォアへお気軽にお問い合わせください。

↓医薬品で確実にシミ対策を!予約はこちら

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:5月21日

参考文献

https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00048178

エスエス製薬 https://www.ssp.co.jp/hythiol/lcysteine/shimi/cure.html#point01

公益社団法人福岡県薬剤師会 https://www.fpa.or.jp/johocenter/yakuji-main/_1635.html?mode=0&classId=10&blockId=39815&dbMode=article&searchTitle=&searchClassId=-1&searchAbstract=&searchSelectKeyword=&searchKeyword=&searchMainText=

KEGG https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_otc?japic_code=K1006000024