2020.12.27

ニコチンパッチとは?詳しい効能や使用法について、医師が解説します。

皆さんはニコチンパッチについて聞いたことはありますか?

ニコチンという名前から想像がつく方もいるかもしれませんが、ニコチンパッチは禁煙補助薬の一つです。

今回は、そんな禁煙補助薬の一つであるニコチンパッチについて詳しく解説していきます。

ニコチンパッチって何?

ではまず、ニコチンパッチとはそもそもなんなのかについて説明します。

ニコチンパッチとは、禁煙補助薬の一つなのですが、その前になぜ禁煙するのに補助薬が必要なのかについて説明します。

タバコにはニコチンやタールなどの有害物質が含まれているために健康被害が大きいというのは有名ですが、タバコをやめられない原因は主にこのニコチンです

ニコチンには、摂取すると脳内で大量のドパミンという快楽物質を分泌させて気持ち良くする効果があり、さらに摂取後30分もするとこの効果が切れて離脱症状としてイライラする、という作用があります。これによりニコチンを常に摂取したいという気持ち、すなわちタバコを吸いたいという渇望が生まれるのです。

さらに、ニコチンには違法薬物であるヘロインやコカインといったものと同等の依存性があることがわかっています。禁煙が難しいのは、このニコチンの快楽・離脱症状と、その強い依存性によります。

そこで使うのがニコチンパッチのような禁煙補助薬です。ニコチンパッチは貼り薬で、これを貼ることでニコチンを体内に摂取するものになっています。

え、ニコチンは摂取したらダメなんじゃないの!?と思った方、安心してください。

このニコチンパッチは、禁煙と並行することで体内に入ってくるニコチンを固定量にすることができます。そしてこの量を徐々に減らしていくことで、気付いたらニコチンのいらない体になっている、というものです。

ニコチンパッチの使い方は?

ではこのニコチンパッチ、どう使えば良いのでしょうか。

ニコチンパッチの一つである「ニコチネルTTS」という薬の使い方を例に挙げて説明します。

まず使い始めの4週間は一番大きいニコチネルTTS30を使います。

そして4週間でこの量に体を慣らしたところで、次の2週間は2番目に大きいニコチネルTTS20を使います。そしてこの量にも慣れてきたところで最後の2週間は一番小さいニコチネルTTS10を使います。

そして合計8週間が過ぎたところでニコチネルTTSを使うのをおしまいにする頃にはタバコを吸いたい気持ちは消えていることでしょう。

使い方の注意点としては、ニコチンパッチをつけている期間は絶対にタバコを吸わないこと、そして毎日同じ場所には貼らないことに注意してください。

ニコチンパッチはどれくらい効果があるの?

ではこのニコチンパッチは実際どのくらいの効果があって、禁煙に成功する確率はどの程度なのでしょうか。

この成功確率は、20-30%という報告もあれば、70%以上という報告もあります。しかし、いずれにせよなんの薬も用いない場合の禁煙成功率は10%あるかどうかと言われているため、使った方が成功しやすいのは確かでしょう。

ニコチンパッチはどこで手に入る?

ではこのニコチンパッチはどこで手に入れることができるのでしょうか。

ニコチンパッチはドラッグストアでも買うことができますし、医療機関で禁煙外来に行って処方されることもできます。一般には禁煙外来にいった方が、条件を満たせば保険診療にすることもできますし、医師のサポートも受けることができるので、成功率も高くて金銭的な負担も小さいです。

ですので、気になった方は是非禁煙外来にいらしてください。

公開日:12月27日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

医療用医薬品:ニコチネル(ニコチネルTTS30 他) – KEGG https://www.kegg.jp/medicus-bin/japic_med?japic_code=00048929