AGA治療薬のフィナステリドってどんな薬?皮膚科医が解説します。

本記事ではAGA治療薬である、「プロペシア(フィナステリド)」の効果や副作用、他のAGA治療薬との違いなどについて医師が解説します。

オンライン診療について
詳しくはこちら

プロペシア(フィナステリド)とは

プロペシア(フィナステリド)とは「抜け毛を減らす」作用のあるAGA治療薬です。日本では2015年12月に厚生労働省から認可を受け、世界40ヵ国以上でAGA治療薬として承認されています。

医師の診察と処方が必要な医療用医薬品であるものの、AGA治療は保険診療の対象外とされています。

「プロペシア」は製品名で「フィナステリド」は成分名

プロペシアは「フィナステリド」と呼ばれることもありますが、正確にはプロペシアは製品名でフィナステリドは、プロペシアの薬効成分となります。

そのためプロペシアのジェネリック医薬品では「フィナステリド錠」と称されていることもありますが、成分に違いは無く、どちらも同じ効果を持ちます。

プロペシア(フィナステリド)の効果

プロペシア(フィナステリド)は「抜け毛を減らす」という効果があります。そのため、AGAがこれ以上進行するのを防いだり、予防するために用いられるお薬です。

ミノキシジル等の発毛効果のある薬と併用するのが、効果的な使用方法です。

ジェネリック医薬品でも効果に違いはありません

ジェネリック医薬品であるフィナステリドと効果に違いはありません。当院でもフィナステリドのジェネリック医薬品を取り扱っています。

ジェネリック医薬品は価格が安く抑えられているため、継続的に費用のかかるAGA治療薬においては、とても嬉しいポイントです。

ジェネリック医薬品が安いのは研究・開発費用が少ないため

ジェネリック医薬品が安い理由は研究・開発費用が少ないためです。新薬の開発には膨大な時間と費用がかかり、それを回収するために、先発医薬品の価格はどうしても高価になります。

それに対して、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は先発医薬品の成分や製法に基づいて開発するため、費用を大幅に抑えることができます。そのため、先発医薬品とほとんど違いが無いにも関わらず、ジェネリック医薬品は価格を抑えて販売されています。

 

オンライン診療について
詳しくはこちら

プロペシア(フィナステリド)の副作用

プロペシア(フィナステリド)には、以下の副作用があります。

  • 性欲減退
  • 勃起機能障害(ED)
  • 肝機能障害

副作用の発症率は1%未満!しかし発症する可能性が0という訳では無い

プロペシア(フィナステリド)の副作用は、いずれも発症率は1%未満とされており、危険性は低いとされています。

ただし、発症率が低いだけであり、副作用が起こる可能性は0ではありません。また、基礎疾患や飲み合わせの薬によっては、異常をきたしてしまう可能性も。

そのため、医師の診察と処方を受けた上で使用する事を、強くお勧めします。

プロペシア(フィナステリド)は男性ホルモンを抑制する薬のため、性欲減退や勃起機能障害などの副作用が確認されています。子作り中の方、特に不妊治療中の方は服用を控えましょう。

プロペシア(フィナステリド)とザガーロ(デュタステリド)の違い

プロペシア(フィナステリド)とよく比較されるのがザガーロ(デュタステリド)というAGA治療薬。どちらも同じく、「抜け毛を減らす」というのが主効果のAGA治療薬です。

しかし、それぞれ主成分が大きく異なります。プロペシアはフィナステリドが主成分であるのに対し、ザガーロはデュタステリドが主成分です。

フィナステリドとデュタステリドの違い

フィナステリドとデュタステリドの違いは、5α還元酵素への影響範囲。どちらも5α還元酵素を阻害する働きを持っていますが、フィナステリドの場合は5α還元酵素のⅡ型のみに阻害効果がある点に対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型両方に対して阻害する効果を持っています。

5α還元酵素とAGA発症のメカニズム

AGAのメカニズムには5α還元酵素が大きく影響しています。

AGAが起こる仕組みは、男性ホルモンの「テストステロン」と5α還元酵素と結合し、DHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが生まれます。

そして、このDHTは毛根の毛乳頭にある受容体に取り込まれ、髪の成長を止めるように信号を出し、AGAが引き起こされるのです。

オンライン診療について
詳しくはこちら

プロペシア(フィナステリド)の料金

当院では、薄毛・抜け毛の予防プランとして、プロペシアのジェネリック医薬品(フィナステリド海外製)を取り扱っています。

AGA治療は保険適用が効かず、自費診療となるため、どうしても薬剤価格が高額なってしまいます。AGA治療は継続することがとても大切ですので、より継続しやすい安価で、効果や副作用も同じである、海外製を選択するのも一つの手です。

当院では、国産のフィナステリドに加え、海外製のフィナステリドを下記の価格で取り扱っております。

予防プラン料金(税込み)
1か月分4,015円
3か月分(5%OFF)10,403円※1カ月あたり:3,814円
半年分(10%OFF)21,681円※1カ月あたり:3,613円
定期配送(15%OFF)1,760円(予防プラン初回割キャンペーン実施中につき ※1)

【診察料が無料】クリニックフォアのオンライン診療

  • 「AGA治療薬が欲しいけど海外の通販サイトで買うのは怖いな・・・」
  • 「AGA治療を受けたいけど病院に行くのが恥ずかしい・・・」
  • 「AGA治療を受けたいけど病院い行くのは面倒臭い・・・」

こんな悩みがある方は、クリニックフォアのオンライン診療がオススメ。診察料が無料である上、AGA治療薬は最短当日発送。オンライン診療はスマートフォンやPCで気軽に受けることができます。 (診察料はお薬の処方があった場合のみ無料です)

また、診察から1年以内に同じ薬を希望する際には、追加配送が可能。

オンライン診療について
詳しくはこちら

プロペシア(フィナステリド)のよくある質問

Q. Amazonで購入することはできますか?

A. Amazonで購入することはできません。

プロペシアは医師の診察と処方が必要な医療用医薬品です。そのため、Amazonで購入することはできません

個人輸入の通販サイトや海外の通販サイトなどで、販売されていることもありますが、そういった通販サイトの中には粗悪品やニセモノが混ざっていることが多々あり、トラブルも絶えません。厚労省からも注意喚起がなされています。

必ず医師の診察と処方を受けるようにしましょう

Q. プロペシアのジェネリック医薬品は効果が無いというのは本当ですか?

A. ジェネリック医薬品でも効果はあります。

プロペシアのジェネリック医薬品でも、プロペシアと同等の効果が見込めます

先の通り、ジェネリック医薬品は先発医薬品の成分や製法を基に、研究・開発費を行うことから先発医薬品よりも安いというだけです。決して、薬自体が粗悪であると言った事ではありません

オンライン診療について
詳しくはこちら