2020.03.24
低用量ピルの服用方法とは?休薬期間ってなに?正しい低用量ピルの飲み方について、医師が解説します。

低用量ピルは一般的なお薬と違い、薬を飲むのをお休みする休薬期間があるなど、初めての方には少し飲み方が難しいかもしれませんが、毎日正しく服用するだけで避妊以外にも様々な効果が期待できるお薬です。

今回は低用量ピルの服用方法について詳しくご紹介します。

↓業界最安値!

1日70円で始められる低用量ピルはこちら

低用量ピルの3つの種類とは?

まず、低用量ピルの3つの種類について説明します。

低用量ピルには主に3つの種類があります。

1つ目は1相性といい、毎日同じ量の卵胞ホルモン (エストロゲン)と黄体ホルモン (プロゲステロン)が含まれたお薬を21日間服用するというもので、処方される低用量ピルで最もポピュラーなタイプになります。マーベロンなどがこの1相性です。1シートどこから飲んでも同じ薬なので飲み間違いがなく飲み続けられるというメリットがあります。また、休薬すれば自然と消退出血いわゆる生理が来るという分かりやすい仕組みであることもポイントです。

2つ目は2相性といい、前半と後半でお薬に含まれるホルモンの量が異なるピルです。3つ目は3相性といい、低用量ピルに含有されているホルモンの量が3段階でそれぞれ異なるものです。トリキュラーなどがこの3相性です。

低用量ピルの正しい飲み方とは?

低用量ピルの服用はいたって簡単です。

まず、低用量ピルを飲み始める、もしくは中止していたのを再開する時は生理の第1日目から第5日目の間に飲み始めて下さい。飲み方は、クリニックフォアで扱っている低用量ピルは、1日1回1錠を28日間連続で内服します。なるべく決まった時間に内服することが望ましいです。
例えば海外旅行など時差が生じる場合でも日本時間の同じ時間に内服することが望ましいですが、時差の関係上どうしても同じ時間に内服することが難しいという場合には、12時間であれば時間をずらしても良いといわれています。特に低用量ピルの飲み始めは、不正出血が起こりやすいのですが、3周期目くらいに入ると不正出血は起こりにくくなります。

クリニックフォアの低用量ビルは、21日間薬効成分を服用し、7日間休薬することで、効果を発現するお薬です。 ピルには21錠タイプのものと、28錠タイプのものがありますが、クリニックフォアの低用量ピルは28錠タイプのもので、1シートのうち、実薬が21錠あり、残りの7錠が偽薬 (プラセボといいます)となっています。この7錠には低用量ピルに本来含まれている黄体ホルモンや卵胞ホルモンは含まれていないため、毎日内服していれば、自然と21日間の服用と7日間の休薬が続けられるようになっています。休薬期間も内服を継続することで内服の習慣をつけて、低用量ピルの飲み忘れを防ぐことを目的としています。

↓業界最安値!

1日70円で始められる低用量ピルはこちら

休薬期間ってなに?ピルを飲んでいない期間も避妊効果があるの?

休薬期間とは、薬効成分を服用することをやめる期間です。クリニックフォアの低用量ピルでは偽薬(プラセボ)を飲んでいる期間です。この期間に月経が起こります。特に避妊効果を目的に低用量ピルを内服されている方は休薬期間中の避妊効果が気になるところでしょう。
休薬期間中の避妊効果についてご紹介する前に、まずは、低用量ピルの避妊のメカニズムについてご紹介します。
低用量ピルを内服すると、薬の中に含まれる卵胞ホルモン (エストロゲン)と黄体ホルモン (プロゲステロン)が血液を循環して脳へ届きます。すると、脳は体内でエストロゲンとプロゲステロンのホルモンが充足していると勘違いし、これらのホルモンを分泌することに抑制をかけます。そうすると、卵巣では、脳からの指令を受けないため、卵胞も発育しませんし、排卵も起こらないという仕組みです。
また、エストロゲンのみですと子宮の内膜は増殖してしまうのですが、プロゲステロンが含まれていることによって子宮内膜の増殖もしません。低用量ピルが休薬すると、エストロゲンとプロゲステロンが体内で枯渇状態となります。そうすると通常の月経サイクル同様に子宮の内膜が剥がれ落ちるため生理が来るようになります。
休薬期間は通常の生理と同様に排卵が終わっている時期ですので、基本的には妊娠することはないといわれています。前述したようにお薬によっては21日分の低用量ピルを飲み終えた後に、偽薬 (プラセボ)という、ホルモンが一切含まれていないお薬がついてきますが、これはあくまで飲み忘れを予防するために薬の内服を習慣づけるためについてくるものです。
ですので、この偽薬 (プラセボ)を飲み忘れたからといって避妊効果が減少するということはほとんどないといわれています。

休薬期間の何日目に月経がくることが多いの?

低用量ピルにもさまざまな種類があるため一概には言えませんが、休薬期間が始まってからおよそ2~3日以内に生理と同じような出血が4~5日程度起こるといわれています。この出血は生理ではなく、低用量ピルによるホルモンの補充がなくなって子宮の内膜が剥がれ落ちて起こるため、消退出血とも呼ばれています。

休薬期間に生理が来なかったらどうする?

休薬期間に生理、いわゆる消退出血が来なかった場合でも、続けて低用量ピルを内服し続けてもかまいません。
ですが、低用量ピルを内服中に消退出血が来ないという割合は1%未満と言われているので、一度医師に月経がこないということを伝え、必要であれば検査を受けられることをおすすめします。2周期続けて消退出血が確認できなかったという場合は妊娠をしている可能性もあります。
卵胞発育が進行してから低用量ピルの内服を開始しても排卵は抑制できないことが分かっており、月経1日目と5日目を比較すると、5日目の方が卵胞が育っています。なので、最初の低用量ピルの内服は生理開始から早ければ早いほど、できれば1日目から内服することが望ましいといわれています。月経開始から5日目を過ぎて低用量ピルを開始した場合は、妊娠の可能性を考慮して追加で避妊法を用いるか、7日間は性交渉を避けるべきと考えられています。
特に飲み始めたばかりの方で休薬期間明けに飲み忘れてしまうことも少なくなく、低用量ピルを飲んでいたにもかかわらず妊娠をしてしまったという事例も少なからずあります。
このため、休薬期間に生理が来なかった場合は妊娠の可能性を否定するためにも、一度クリニックなどで妊娠の有無を確認されるとよいでしょう。

クリニックフォアでは初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピルの処方を行なっています。事前問診3分、診療3分のみで完了し、薬は最短当日発送いたします。

↓業界最安値!

1日70円で始められる低用量ピルはこちら

生理痛などの生理にまつわる症状が軽くなるという効果もあるため、避妊以外の目的で服用される方も多くいらっしゃいます。低用量ピルの処方をご希望の方はぜひクリニック フォアグループへご相談ください。

※最低2ヶ月分からご購入いただけます

更新日:2020年5月5日

監修:クリニックフォアグループ医師