低用量ピルの副作用・デメリットとは?太るの?正しく理解したい副作用について医師が解説します。

低用量ピルは、薬剤の種類によって異なりますが、月経困難症・子宮内膜症への適応を得ています。避妊以外にも、PMS、ニキビ、生理痛、生理不順、子宮内膜症の改善といった女性が悩みがちな症状に対して改善をもたらしてくれるので、すでに服用されている、もしくは服用してみたい、という方も多いと思います。

一方で、当然のことながら、低用量ピルは薬剤ですので、副作用やデメリットも存在しています。月単位で飲み続けるお薬ですから、しっかりと副作用やデメリットについて理解した上で服用し続けることが重要であると考えます。

本記事では、低用量ピルの副作用やデメリットについて詳しく解説いたします。

低用量ピルのオンライン診療について詳しくはこちら

低用量ピルの副作用はどんなもの?飲み始めに出やすいの?

低用量ピルの副作用は、飲み始めてから1〜2ヶ月ほどのまだ身体が低用量ピルになれていない時期に出やすいとされています。
これは、女性ホルモンを内服することに付随した症状が出ることになるからで、この時期によく出る副作用は、吐き気、頭痛、乳房の張りなどの不快感で、症状はPMSともよく似ています。PMSを改善させるために内服したのにPMSが治らないと感じる女性もいらっしゃるのですが、これは、低用量ピルの副作用の影響によるものであることが少なくありません。
また、月経と月経の間に出血が起こる不正出血がみられることもあり、低用量ピルを飲み始めた方の約20%に不正出血が見られるとされています。不正出血が出た場合の対処法については、このあとの章で詳しく述べます。

低用量ピル=太るという副作用やデメリットがあるというように感じる方もいらっしゃいますが、これは低用量ピルの副作用のひとつである「むくみ」の可能性があります。むくみによって体重が増加することがありますが、こちらは一時的で1〜2ヶ月で自然とむくみが軽くなり体重が落ちていくことが多いと考えられています。

さらに、飲み始めてから3ヶ月以内に発症する可能性があるといわれている、もっとも重篤な副作用が血栓症です。血栓症とは血液が固まり、細い血管の中で栓となることによってそこから先の血流が途絶え、臓器が正常に機能しなくなりさまざまな障害を引き起こす病気です。ただ、低用量ピルを内服している方に血栓ができる割合は年間10,000人に対して3~9人と、割合としてみればかなり少ないです。しかし、肥満、喫煙者、高齢、家族に血栓症にかかったことのある方がいる場合、などは注意が必要です。不安な症状が出た場合には、必ず医師に相談することをおすすめします。

低用量ピルのオンライン診療について詳しくはこちら

服用中に不正出血が起こったらどうする?出血の色や長さで原因は見分けられるの?

先程の章でも述べました通り、低用量ピルを飲み始めた方の約20%に不正出血が見られるとされていますので、不正出血は決して珍しいことではありません。

低用量ピル内服中は、月経にあたる消退出血の量が少なく、期間が短い傾向にあります。これは、低用量ピルの効果によって子宮内膜の増殖が抑えられ、厚さが薄くなっているためです。

ですので、出血の量が低用量ピルを飲み始める前の生理よりも多い場合には、不正出血による出血が考えられます。月経のタイミングと異なるタイミングで出血があれば、鮮血であっても茶色であっても、不正出血の可能性があります。

基本的に不正出血の場合、飲み始めてから3ヶ月間は様子を見ても良いことにガイドライン上ではなっています。
しかし、出血がなかなか止まらないという方や、出血の色や量が気になる方は、婦人科の医療機関やクリニックに相談されることをおすすめします。

クリニックフォアでは全国どなたでも初診からオンライン診療で低用量ピルの処方を行っています。事前問診3分、診療3分程度で完了し、薬は最短当日発送いたします。

低用量ピルのオンライン診療について詳しくはこちら

飲み忘れた場合に副作用は出るの?

低用量ピルを1日あるいは2日飲み忘れたという程度では、低用量ピルの効果が落ちるということはありませんし、飲み忘れたことによって副作用が強く出るということも無いと考えられています。

ですが、不正出血が飲み忘れによって誘発されてしまうことがあります特に、シート後半の15日~21日に低用量ピルの飲み忘れをしてしまった場合には、不正出血が起こりやすくなるとされています。

低用量ピルを飲み続けた場合のリスクは?

低用量ピルを飲み続けたからといって、副作用のリスクが上がるという報告は有りません。

これまでにご説明してきたように、ほとんどの副作用が低用量ピルを飲み始めてから1~3ヶ月以内で消失する可能性が高いといわれています。身体が低用量ピルに含まれているホルモンに慣れてくれば、副作用やデメリットを感じなくなるケースが多いと考えられています。

40歳代でも服用できるの?

40〜50歳代になると、どんどん血栓リスクが上昇していきます。特に50歳以上、もしくは閉経後の方については、血栓のリスクが高い為に、低用量ピルの内服は禁忌とされています。

また、50歳以上で低用量ピルの内服が禁忌とされているのには他にも理由があります。それは、閉経に近い年齢では卵巣機能が低いために、低用量ピルの投与が不要な場合があるという事です。卵巣機能が低い場合では排卵を抑える必要がなく、血栓リスクの無いホルモン剤を使用する、ホルモン補充療法の方が安全な治療となります。つまり、血栓リスクの上昇していく40歳以上では、血栓リスク評価やホルモン値の計測などを踏まえながら慎重に管理していく必要があるということです。

低用量ピルのオンライン診療について詳しくはこちら

【オンライン診療】低用量ピルの処方ならクリニックフォア!最短翌日到着

ピルは薬局では販売していません。通販サイトなどもありますが、偽物が紛れていたり不純物が混入していたりと大変危険です。

しかし、「わざわざ病院に行くのが面倒臭い・・・」という方も多いかと思います。

クリニックフォアでは初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピル・中用量ピルの処方を行なっています。事前問診3分、診療3分のみで完了し、薬は最短当日発送いたします。

ピルの値段・料金

クリニックフォアでは以下の価格で、ピルを取り扱っています。

低用量ピル・超低用量ピルの料金表

薬剤価格(税込)
トリキュラー(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
ラベルフィーユ(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
アンジュ(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
マーベロン(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
ファボワール(国産 28錠タイプ)3,278円
※定期配送の場合:2,783円
ルナベルULD(国産 21錠タイプ)11,000円
※定期配送の場合:9,350円
フリウェルULD(国産 21錠タイプ)7,150円
※定期配送の場合:6,077円
ヤーズフレックス(国産 28錠タイプ)12,100円
※定期配送の場合:10,285円

※初診の場合は、別途診察料1,650円(税込み)と送料550円(税込み)がかかります。
3か月分まとめた処方でお薬代は5%OFFになります。さらに、半年分まとめた処方は10%OFFに。
※全ての薬剤にsai+のピルケースがつきます (アンジュ以外)
※アンジュにはsai+のピルケースではなく、製薬会社の専用ピルケースをおつけしております。

 
低用量ピルのオンライン診療について詳しくはこちら