2020.04.03

顔や体がむくむ… 生理前の不快な1週間の乗り切り方について、医師が解説します。

生理前になると顔や体がむくむ、生理前に予定が入れられないとお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、生理前の不快な1週間の乗り切り方について、解説いたします。

PMS症状の緩和効果が気になるなら...国内最安クラスで低用量ピル初めてみませんか?オンライン診療は処方についてはこちらから

顔がパンパン、手足のむくみ、太る…。生理前のこれらの悩みはPMSのせい?

生理前の浮腫みや太りやすくなる理由には、女性ホルモンによる影響、PMSが関係しています。

生理前になると女性ホルモンの変動が激しくなり、これがPMSを引き起こす原因となると考えられています。PMSには多種多様な症状が考えられていますが、この中の一つに浮腫みも挙げられています。

<PMSには診断の定義があり、PMSの症状として月経前の1週間に以下の症状の中から少なくとも4つ以上が起こっている必要があります>

1. 気分の不安定

2. イライラや怒りやすい

3. 不安感・緊張感

4. うつ状態・自己評価の低下

5. 仕事・趣味などへの興味消失

6. 倦怠感・エネルギー低下

7. 集中力低下

8. 食行動変化(甘いものを食べたくなるなど)

9. 睡眠障害

10. その他の身体症状(乳房緊満感・体重増加・むくみ・頭痛・肩こりなど)

排卵後に分泌量が多くなるプロゲステロンには妊娠を助けるホルモンともいわれ、女性が妊娠しやすく、また妊娠した状態を安定させるために水分を体の中にため込むという作用があります。水分をため込むことで子宮内膜が厚くなり、受精卵が着床しやすくなるのです。そのため、いつもと同じくらいの食事や水分摂取量であっても体が水分をため込んでしまうので浮腫んだり太ったりしてしまうのです。

PMSを改善するための薬剤としては、保険診療で処方を受ける低用量ピルがあげられます。低用量ピルを服用することで生理周期を整えたり、PMS症状(むくみ・生理痛など)を改善することが期待されます。

↓↓生理前症状を緩和する低用量ピルについて

クリニックフォアでは全国どなたでも初診からオンライン診療で自費診療での低用量ピルの処方を行なっています。事前問診3分、診療3分のみで薬は最短当日発送いたします。

クリニックフォアでは、低用量ピルの専用ケースを無料でプレゼントしています。

持ち運ぶのが少し恥ずかしいという方におすすめです!

生理前のむくみを撃退するには? – 医師が具体的な対策をご紹介!

女性が妊娠をしやすくするためにホルモンによって浮腫みが起こっているとはいえ、妊活中の女性以外では、浮腫みや太りやすくなるという状態は避けたいものでしょう。そこで、生理前のむくみを撃退するためにはどうすればよいのか、具体的な対策をご紹介します。

マッサージ

対症療法ではありますが、マッサージは自覚症状改善につながる一つの方法です。特に生理前の黄体ホルモンの分泌が活発な時期は体内に水分をため込みやすくするために血流やリンパの流れが滞りやすくなるともいわれています。

食生活と水分・塩分摂取の見直し

黄体ホルモンの分泌が活発となっている時期は、黄体ホルモンの影響で食欲が普段よりも増します。これに加えて、自律神経のバランスが乱れやすくなるためイライラしやすくなったり、不安感が強くなりやすかったりします。

そのため、普段よりも甘いものが欲しくなったり、過食、いわゆるドカ食い傾向になる方も少なくありません。ですので、黄体ホルモンの分泌が盛んな生理1週間前こそ食生活を見直して、規則正しい食生活をしていくことが必要です。特に大豆製品やネギ、ゴボウ、バナナなどのオリゴ糖、食物繊維は積極的に摂って頂きたい食品です。

また、浮腫みやすくなるからと水分摂取を控えてしまう方もいるかもしれませんが、水分の摂取を過剰に控えるのは避けたほうが良いでしょう。むしろ、塩分を控えるほうが浮腫みの改善には有効だと考えられます。

日常生活習慣の見直し ~運動と睡眠~

水分が溜まりやすく血流が滞りやすい時期だからこそ積極的に体を動かすことで、筋肉の活動量増大により、浮腫みを改善することができます。また、イライラによる過食を防ぐためにも睡眠をしっかりと取り、自律神経やホルモンバランスと整えるのも一つの方法です。