2020.09.01

アフターピルを吐いてしまったらどうすればいいの?医師が解説します。

アフターピルを服用して、「これでもう避妊ができた」と思っていた矢先にアフターピルを吐いてしまった!実はこの経験をされている女性は意外と多いのです。

アフターピルを吐いてしまったらどうすればいいのか、その対処方法を詳しく解説します。

↓↓アフターピルのオンライン診療はこちら

アフターピルを吐いちゃう…なんてことあるの?

お薬を飲んで吐いちゃう、そんなこと実際に起こるの?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そもそもアフターピルがどのようなお薬かというと頃をご説明します。アフターピルは緊急避妊薬のことで、黄体ホルモン(レボノルゲストレル)が主成分となり、排卵前に服用することによって正常な排卵を抑制し、避妊を成立させる効果があります。ほかにも排卵後に服用した場合には子宮頸管粘液の性質を変化させることによって精子の侵入を抑制したり、着床を阻害したりといった効果が期待されています。

黄体ホルモンを補充することで、ホルモンバランスが従来のバランスから乱れてしまうということもあり、副作用には月経の乱れや不正出血のほか、吐き気が見られるとしています。ほかにも頭痛や倦怠感が出現するという方もいらっしゃいます。

吐き気については一時的なものであり、嘔吐にまでつながることはないというような意見もあるものの、実際には強い吐き気によって嘔吐をしてしまい、お薬が出てきてしまったというような意見も少なからずあります。

嘔吐することなく正しく服用することができれば、5日間ほどホルモンの分泌を抑制するため、その間の受精を防いだり、子宮内の環境を変化させて妊娠が成立しないようにします。アフターピルによる避妊の成功率は24時間以内に服用できれば95%の成功率であるとされています。

↓↓アフターピルのオンライン診療はこちら

アフターピルを吐いちゃったらどうすればいいの?

強い吐き気によってアフターピルを吐いてしまったという場合には、服用してからどのくらいの時間で吐いてしまったかが最大のポイントとなります。

アフターピルを服用してから2時間以内に吐いてしまった場合にはお薬が効いていなかったり、体内に十分な量を吸収できていない可能性があります。ですので、2時間以内に吐いてしまった場合には医療機関、できればアフターピルを処方されたところに相談するようにしましょう。服用後2時間を超えていれば問題ないとされています。

2時間以内に嘔吐してしまった場合の多くは再度アフターピルを服用することが必要となりますが、その場合には再度お薬代がかかってしまうことがほとんどです。また、再度服用してもまた嘔吐をする可能性もあります。

もしも、一度服用したときに強い吐き気があった、嘔吐をするかもしれないと不安な方は、吐き気への対処法としてアフターピルの処方の際に吐き気止めを一緒に処方してもらって服用されることをおすすめします。

アフターピルに頼りきらない!低用量ピルという選択肢を

アフターピルはあくまで緊急の避妊薬となりますので、毎回処方してもらうというのも難しいものです。アフターピルが必要なタイミングで医療機関が休みだった、自身の体調が悪くて病院受診が困難だったということもあり得ます。緊急避妊は、性交後の時間が勝負となるため、すぐに病院で処方をしてもらえる環境にない場合には、アフターピルに避妊を頼りきらないことがおすすめです。

避妊の方法に低用量ピルを使用するという選択肢があります。低用量ピルは、毎日1錠の服用で避妊をすることができます。服用して初めの頃は副作用もありますが、服用を続けることで副作用もほとんどなく過ごすことができます。避妊率も非常に高く、正しく服用していれば約99%の避妊率となります。さらに、生理痛や出血量が多いといった生理によるトラブルやPMS(月経前症候群)の症状も緩和されるなど女性にとっては嬉しい副効果もたくさんあります。

近年、低用量ピルの1つであるトリキュラーで緊急避妊ができるというような情報もあり、緊急避妊のためにもトリキュラーの常備を促すような情報も散見されます。ですが、この使用方法は医療機関で推奨している使用方法ではありませんし、もしもこの使用方法で強い副作用が出るなど身体にトラブルが起こったとしても、処方した医療機関が推奨した服用方法と異なるため、自己責任となってしまいます。低用量ピルには、重篤な副作用もあるので、自己判断あるいは、ネット上の情報で自己判断では使われないようにしてください。

クリニックフォアグループでは、アフターピルだけでなく低用量ピルもオンラインで処方をさせていただいております。低用量ピルを使用してみたいとお考えの方は、オンライン診療にてお気軽にご相談ください。

↓↓国内最安クラス!

低用量ピルのオンライン診療について

公開日:9月1日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

一般社団法人日本家族計画協会 https://www.jfpa.or.jp/women/emergency.html

公益財団法人日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/kinkyuhinin_shishin_H28.pdf

日本プライマリケア連合学会 http://www.pcog.jp/files/topics_I/1/topics_I-6-1.pdf

リプロヘルス情報センター http://rhic.kenkyuukai.jp/special/index.asp?id=4364#%E3%83%94%E3%83%AB%E3%82%92%E9%A3%B2%E3%81%BF%E5%BF%98%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%81%A8%E3%81%8D

日本産科婦人科学会 http://www.jsog.or.jp/modules/diseases/index.php?content_id=13

日本産婦人科学会 OC・LEPガイドライン 2015年度版

厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/10803000/000496181.pdf

http://www.jsog.or.jp/activity/pdf/kinkyuhinin_shishin_H28.pdf

http://www.bccdc.ca/resource-gallery/Documents/Educational%20Materials/STI/Med%20Handouts/STI_handout_Levonorestrel_ECP_japan.pdf