2020.07.20

クリニックフォア田町での「新型コロナウイルスPCR検査」「発熱外来・感冒外来」について、医師が解説します。

監修:
東京都済生会中央病院 
非常勤医師
クリニックフォア新橋 勤務
渥美義大 医師




クリニックフォア田町では、発熱や風邪症状のある(新型コロナウイルス感染症が疑われる)患者さんを診療する「発熱・感冒外来」を行っており、「発熱・感冒外来」では医師の判断で「新型コロナウイルスのPCR検査」を行っております。

今回は、この取り組みについてご紹介いたします。

クリニックフォア田町での新型コロナPCR検査

クリニックフォア田町の「発熱外来」では、患者さんを診療した医師が明確な新型コロナ感染症の症状があると判断した場合、保健所から濃厚接触者と判定された場合に、新型コロナウイルスのPCR検査を保険診療で行っています。保健所を介さずに行っているため、検査の必要性があれば、受診時に診察後すぐに行うことができます。

検査は、唾液を1ml程採取する唾液検査と、鼻から検査用の綿棒を挿入し鼻の奥の粘膜をぬぐうスワブ検査を、症状の有無や、症状が出現してからの日数などを考慮して、使い分けています。検査は感染防護具を装着した医師が行い、患者さんにも感染防御のためにご協力をお願いしています。検査結果は、2日程度で判明します。結果のご説明は、再度クリニックでの対面診療で、体調の経過を伺いながらご説明させていただきます。

クリニックフォア田町の発熱・感冒外来

クリニックフォア田町はビルの4階で診療を行っておりましたが、2階にも新たに診療スペースを設けて、以下のように診療内容をわけています。

  • 4階:発熱・感冒外来
  • 2階:上記以外の内科、皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科

これにより、発熱や風邪症状のある方と、それ以外の診療のために来院される方が身体的距離をたもって受診することが可能になり、受診される方への新型コロナウイルス感染症の感染のリスクを抑えることができます。

また発熱や風邪症状で受診される方が新型コロナウイルス感染症の方だけとは限りませんので、4階を受診される方への感染拡大防止のためにも、受診時のマスクの着用、クリニック内で患者さん同士の距離を保つこと、クリニックが密にならないようにweb予約(発熱外来の予約は「こちら」)を行った上での受診をお願いしています。4階では前述のように新型コロナPCR検査も行っているため、スタッフの感染対策も厳格に行い、スタッフ、患者さんへの感染伝播を起こさないよう細心の注意の上、診療を行っています。

これらの取り組みの理由

国の新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針では、医療提供体制として考慮すべき事が述べられていますが、その中には「医師が必要と認めるPCR等の検査」「新型コロナ疑い例への医療提供」が含まれています。またこれらを他の疾患などの患者への対応も踏まえて体制を構築するように述べられています。そのため、クリニックフォア田町では、診療スペースをわけることで、「新型コロナが疑われる方の診療とPCR検査」と「他の疾患の方の診療」を、それぞれ安心して受診していただける環境を整え、地域の医療提供体制に貢献していきたいと考えています。またクリニックフォアが取り組んでいるオンライン診療も活用することで感染予防を考慮した診療体制を整備していきたいと考えています。

体調に変化があり、新型コロナウイルス感染症をご心配される方は以下のリンクの新しい相談・受診の目安に従って、相談・受診をご検討ください。「発熱・感冒外来」を受診される場合は、感染管理のためにもweb来院予約を行ってから受診をお願いいたします。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-1-1600x726.png
↑↑初診からOK!オンライン診療はこちら

「新型コロナ相談」LINE公式アカウント

クリニックフォアグループでは、Lineの「新型コロナ相談」アカウントを開設し、BOT形式で疑問・ご質問にお答えしています。
クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-2-1-300x130-1.png
監修:
東京都済生会中央病院 
非常勤医師
クリニックフォア新橋 勤務
渥美義大 医師




渥美医師開設「Dr.ドクターの糖尿病ノート」

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1500x500.jpeg

Twitter:https://twitter.com/Dr_doctor_DM

公開日:5月10日 更新日:7月20日

※本記事は、上記公開日時点での状況・情報・エビデンスをもとに記載しています。新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化し、また新しくわかることも多々ありますので、最新の情報は、直近の記事や情報をご参照くださいますようお願いいたします。