ピル処方時に血液検査は必要?血液検査でわかることやその他の検査とは?

ピルは、生理痛の改善や生理日の移動、避妊などを目的に飲む、少量の女性ホルモンが配合された薬です。長期にわたって飲むことも多く、副作用のリスクもゼロではないため、処方の前には検査が行われることもあります。そこでここでは、低用量ピルの処方時に行われる検査の中でも、特に血液検査をメインに詳しくご紹介します。


低用量ピルの処方に血液検査は必要?

基本的には、低用量ピルの処方にあたって血液検査は不要です。ただ、場合によっては処方前や定期検査において血液検査が行われることもあります。詳しく見ていきましょう。

処方前に血液検査を行うことがある

低用量ピルの処方前には、必ず問診を行います。そのほかに、問診で低用量ピルの服用にリスクが疑われた場合や、医師が必要と判断した場合には、血液検査や婦人科診察を行うこともあります。

問診では、服用禁忌(服用してはいけない)や服用に注意が必要な体質や状況ではないかどうかを確認します。

また、血液検査は一般的な健康診断で行うものと同様で、貧血やコレステロール、中性脂肪、肝臓の機能にかかわる数値などを調べます。持病や生活習慣などによって血栓症のリスクが高い方は、血液凝固系検査(血液の固まりやすさや、血栓症の可能性がないかなどを見る検査)を行うこともあります。血栓症とは、血のかたまり(血栓)で血管がつまる病気で、低用量ピルの服用によって発症リスクが高まることが知られています。

そのほか、問診で引っかかる内容があった場合に婦人科診察や性感染症検査(尿検査など)を行うことがあります。婦人科診察を行う場合は、必要に応じて乳がんのチェック(視触診)、妊娠、子宮筋腫や子宮内膜症などの有無を確認したり、子宮頸がんの検査を行う場合もあります。

服用中の定期検査で血液検査を行うこともある

低用量ピルの服用中は、副作用の出現などを確認するために定期的に血液検査や超音波検査などを行うクリニックもあります。

検査時期や内容は、症状や患者さんの状況に応じて医師が判断します。クリニックフォアでは1年に1回以上オンラインで診察を受ける必要があり、その際に問診などを行っています。

血液検査でわかること

血液検査を行う場合は、貧血の有無や、肝臓やコレステロール値などの異常、血栓症のリスクなどがチェックされます。詳しく見ていきましょう。

血算・生化学検査でわかること

血算・生化学検査(一般的な血液検査)では、赤血球や白血球、コレステロール、中性脂肪、肝臓の機能にかかわる数値などがわかり、これによって、貧血や、肝臓やコレステロール値などの異常がないかを判断します。

薬は肝臓で代謝されるため、低用量ピルによって肝臓に負担がかかることがあるほか、低用量ピルによってコレステロールなどの数値に影響が出ることがあります。血液検査でそのような異常が分かった場合は、低用量ピルの服用が中止となることもあります。

血液凝固系検査でわかること

血栓症リスクがある場合(肥満の方や、家族に血栓症を発症したことがある方がいる場合など)など、血液凝固系検査が行われることがあります。血液凝固系検査では、血液が固まりやすくないかを調べ、異常がある場合、低用量ピルの処方ができない場合があるため注意が必要です。

血栓症が疑われる場合はDダイマーを測定することもある

血栓症を発症しているかどうかを調べるために、血液検査でDダイマーという値を調べることがあります。ただし、Dダイマーは血栓症の予知に使える数値ではありません。血栓症を疑う症状がある場合に、実際に血栓症が起きていないかの判断材料の一つとして行われます。

血栓症が疑われる症状

以下のような症状がある場合は血栓症を発症している可能性があるため、すぐに医療機関の受診が必要です。

・激しい腹痛

・激しい胸の痛み、押しつぶされるような痛み、息苦しさ

・激しい頭痛

・視野が狭い、見えづらい所がある

・舌がもつれる

・失神、けいれん

・ふくらはぎの痛み、むくみ、握ると痛い、赤くなっている

など

クリニックフォアでのピル処方時の検査

クリニックフォアではオンライン診療によってピルの処方を行っています。処方の際には問診を行っており、問診で問題がなければ検査は必須とはしておりません。

ただ、血液検査や健康診断の結果を持っている場合は、事前問診の備考にてご入力いただければ、確認したうえで処方をさせていただきます。

【オンライン診療】低用量ピルの処方ならクリニックフォア!最短翌日到着

ピルは薬局では販売していません。通販サイトなどもありますが、偽物が紛れていたり不純物が混入していたりと大変危険です。

しかし、「わざわざ病院に行くのが面倒臭い・・・」という方も多いかと思います。

クリニックフォアでは初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピル・中用量ピルの処方を行なっています。事前問診3分、診療3分ほどで完了し、薬は最短当日発送いたします。


参考

https://www.jaog.or.jp/sep2012/JAPANESE/jigyo/JYOSEI/PILL/doctor/section_3.htm