2020.04.07

もう時差ボケは怖くない!対策方法について、医師が解説します。

海外から帰国した方を悩ませるのが時差ボケ。特に帰国後すぐに仕事があるという方はなんとしても到着した日に時差ボケを治したいものです。
時差ボケはそもそもなぜ起こるのでしょうか?そして、時差ボケはすぐに改善することができるのでしょうか?
できれば楽して時差ボケを治したいという方へ、時差ボケを治すためにできる対策についてご紹介します。

↓東大医師監修!睡眠改善サプリはこちら

時差ボケはなんで起こるの?

まずは、時差ボケがなぜ起こるのか、そのメカニズムについてご紹介します。時差ボケとは「海外旅行にて旅行先へ到着後もしくは帰国した際に身体に不調が出ること」を言います。出発地と時差が5時間以上のところへ短時間で移動した時に起こる傾向にあります。

具体的な症状としては、夜眠れなくなる不眠や眠気、疲労感、頭重感、食欲不振、イライラ感などがあります。眠気については日中に強い眠気が出てしまう傾向にあるようです。

時差ぼけの程度は渡航する方向によって異なるといわれています。アメリカやハワイなど日本から東へ飛行をした場合、現地の到着日が短くなり、1日の周期が短くなり、この場合は、現地に滞在している間の時差ボケがひどくなる傾向にあります。逆に、ヨーロッパなど日本から西方面に向かう場合には1日の周期が長くなり、滞在中の時差ぼけをあまり感じませんが、帰国してからの時差ボケが起こる傾向にあります。

1日の周期が長い、短いというのはどういうことでしょうか?1日の周期が長いというのは感覚としては夜更かしをした感覚です。ですので、夜の時間が長くなってもさほど体が疲れると感じることはないことが多いです。一方で、1日の周期が短くなると人の身体は順応しにくいといわれており、時差ぼけが起こるといわれています。

また、高齢者の方ほど、時差ぼけが起こりやすいです。高齢の方は長年の生活によって体内時計がしっかりと染みついているため、時差に適応することが難しく時差ぼけになりやすいといわれています。高齢でなくても子育て中など時間をきっちりと決めて生活をしている方も時差ぼけになりやすいです。他にも旅に慣れていない方や持病がある方も時差ぼけになる傾向にあります。

↓東大医師監修!睡眠改善サプリはこちら

到着後の時差ボケの克服方法とは?

時差時間を治すためには丸1日かかるという研究結果があります。ですが、忙しい社会人や旅行を楽しみたいと行った方々が、時差ぼけのために長い時間をかけることはできれば避けたいでしょう。時差ぼけを、到着後に克服するためにはどうすれば良いのかを解説いたします。

↓東大医師監修!睡眠改善サプリはこちら

<現地の時間に合わせた生活を送る>

一昔前は時差ぼけを予防するために日本の生活に合わせた生活を送ることが望ましいといわれていました。ですが、近年では現地に合わせた生活を送ることが望ましいといわれています。もしも、朝方に到着した場合は仮眠をとる程度にとどめて生活をしていきます。夜間に到着した場合には現地時間に合わせて就寝しましょう。移動中などこまめに仮眠を取って睡眠不足を解消していくことも大切です。

<薬で症状を軽くすることも>

時差ぼけは薬でも改善が期待できます。そのお薬がメラトニンです。メラトニンは、体内リズムの調節に中心的な役割を果たす松果体ホルモンです。そのため、体内のリズムと外のリズムに体が順応できるようにメラトニンは使われています。

一度でも時差ぼけを経験したことがある方、日本から東の方向に移動される方、日付変更線を複数またぐ方は活用が推奨されています。

クリニックフォアでもメラトニンを含む薬剤を取り扱っていますので、海外旅行をされる方はご活用ください。

↓東大医師監修!睡眠改善サプリはこちら

普段の生活習慣で、時差ぼけと同じような症状が出ることも

時差ぼけの方はもちろんですが、普段からあまり眠れないという方も時差ぼけの方と同じように睡眠対策をされることが必要です。特に近年ではソーシャル・ジェットラグ(社会的時差ボケ)といい、規則正しい生活を普段送っているにもかかわらず休日に夜更かしや朝寝坊をするだけで、時差ぼけと似たような症状が出る症例が増えています。

薬を飲みたくない、そんな方には

睡眠の不調は抱えているが、薬は飲みたくないという方もいらっしゃると思います。そこで活用していただける1つの選択肢に、クリニックフォアが共同開発している【Sui+】のサプリメントがあります。

睡眠に特化したサプリであり、睡眠の悩みに合わせたサプリメントを複数種類用意しており、ご自分の症状に合わせたサプリメントをお選びいただくことができます。

↓東大医師監修!睡眠改善サプリはこちら

睡眠の不調に悩まされているが薬を服用するのは抵抗があるという方は、ぜひクリニックフォアのサプリメントも選択肢の1つとしてご検討ください。

公開日:5月21日

監修:クリニックフォアグループ医師