低用量ピルと併用禁止の薬について、医師が解説します

低用量ピルには一緒に服用することができない薬がいくつか存在しています。低用量ピルの併用禁止薬についてここで詳しく解説していきます。

低用量ピルと併用禁止の薬って?

低用量ピルとの併用が禁止されている薬は1つだけ。ヴィキラックス配合錠というお薬で、C型肝炎の治療薬となっています。この薬を服用している方が低用量ピルを一緒に服用すると、肝機能が悪化するという事例が高頻度でみられています。もしヴィキラックス配合錠を服用されている方で、低用量ピルの服用を希望される方は、この薬を終了してから、2週間以上空けて服用するようにして下さい。

オンライン診療について
詳しくはこちら

併用禁止ではないが、相互作用が起こるものは?

低用量ピルとの併用が禁止されてはいないものの、互いに影響する可能性のある薬はたくさんありますので、ここでは、服用によって何が起こるかというカテゴリーで、併用禁止ではないものの注意が必要な薬をご紹介します。

①低用量ピルと一緒に服用することで、作用が増強してしまう薬

・ステロイド内服薬

・三環系抗うつ剤:イミプラミン

・その他:セレギリン塩酸塩、シクロスポリン、テオフィリン 、オメプラゾールなど

低用量ピルはこれらのお薬の代謝を抑制し、血中の薬の濃度が高くなり効果が強く出てしまうことがあるため、併用注意としています。なお、ステロイドについては飲み薬の併用は注意となっていますが、塗り薬や点鼻薬については、問題ないとされています。

②低用量ピルの効果が弱くなってしまう薬

・てんかんの治療薬:フェニトイン、カルバマゼピン、フェノバルビタール、プリミドン、トピラマート、オクスカルバゼピン

・抗菌薬:リファンピシン(結核の治療薬)

これらのお薬には、薬物代謝酵素を誘導することで、低用量ピルの代謝を早めたり、腸内の環境を変化させて吸収を悪く・’することによって低用量ピルの効果を弱くする可能性があります。そのため、避妊効果が落ちたり、不正出血が起きることがあります。長期に使用する場合には低用量ピル以外の避妊方法も併用するようにしましょう。

③低用量ピルと一緒に服用することで効果が弱くなってしまう薬

子宮内膜症の治療でも使われるGn−RH誘導体、酢酸ブセレリン

糖尿病の治療で使われる血糖降下剤、インスリン製剤、スルホニルウレア系薬剤、スルホンアミド系薬剤 、ビグアナイド系製剤

解熱剤として使用されるアセトアミノフェン

があります。

ここに載っているお薬を服用されている方は、低用量ピルを服用する前に必ずこれらのお薬を処方されている医師へ低用量ピルの服用をしたい旨をご相談ください。また、市販薬を購入する際や、風邪などを引き普段行かない病院へ行かれた際にも、低用量ピルを服用していることを必ず伝え、これらの成分が含まれているお薬を避けるようにしましょう。

オンライン診療について
詳しくはこちら

低用量ピルを水以外と一緒に飲んだらどうなる?

お薬は基本的に水で服用することが推奨されています。ですが、手持ちに水がなかった、水以外の飲み物なら持っているという場合に、水以外の飲み物で服用したらどうなるのかを解説していきます。

まず水以外の飲み物で絶対に一緒に服用してはいけないのがアルコールです。アルコールは薬と同じ肝臓で分解されるため、低用量ピルとアルコールを一緒に摂ると、低用量ピルの分解が遅れてしまうため、低用量ピルの血中濃度が高くなってしまい、作用が強く出てきてしまうことがあります。

次に一緒に服用することがおすすめできないのが炭酸水です。炭酸水に含まれる炭酸には、気泡性があるため薬の吸収に影響を及ぼすとしているため、一緒に服用することをおすすめできません。

そしてもうひとつ一緒に服用をおすすめできないのがグレープフルーツジュースです。グレープフルーツジュースには、フラノクマリンという成分が含まれており、小腸の上皮細胞に存在する代謝酵素を阻害して、薬の血中濃度を増加させ、効果をつよく出してしまう可能性があります。確実に効果を得たいという方は一緒に服用することをおすすめしません。

ほかにもカフェインが薬の吸収や作用に対して影響を及ぼすとしています。低用量ピルに直接的に影響する可能性は低いのですが、念のため一緒に服用をしないようにしましょう。

併用禁止のお薬を正しく理解して、正しく服用することで、最大限の効果を得ることができますので、これらについては、きちんと守っていきましょう。

【オンライン診療】低用量ピルの処方ならクリニックフォア!最短翌日到着

ピルは薬局では販売していません。通販サイトなどもありますが、偽物が紛れていたり不純物が混入していたりと大変危険です。

しかし、「わざわざ病院に行くのが面倒臭い・・・」という方も多いかと思います。

クリニックフォアでは初診から全国どなたでもオンライン診療で低用量ピル・中用量ピルの処方を行なっています。事前問診3分、診療3分のみで完了し、薬は最短当日発送いたします。

オンライン診療について
詳しくはこちら

参考文献

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/prd/25/254910CF2021.html

https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/prd/62/6250108F1020.html

添付文書 https://pharma-navi.bayer.jp/omr/online/product_material/170105_TRQ_D4_tenbun.pdf

公益社団法人日本薬学会 https://www.pharm.or.jp/dictionary/wiki.cgi?%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%88

東邦大学医療センター https://www.lab.toho-u.ac.jp/med/ohashi/yakuzai/patient/tjoimi000000161m-att/tjoimi0000001fp5.pdf

製薬協 http://www.jpma.or.jp/medicine/med_qa/info_qa55/q26.html

千葉市薬剤師会 http://www.chibashiyaku.or.jp/pdf/story/story_4_2.pdf