メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは、「ウエスト周囲径 男性85cm / 女性90cmかつ脂質、血圧、血糖値が基準値を満たしている時」に診断されます。(表1)

ウエスト周囲径 男性85cm、女性90cm
血圧 収縮期血圧≧130mmHg
拡張期血圧≧ 85mmHg
脂質 中性脂肪≧150mg/dl
HDLコレステロール≦40mg/dl
空腹時血糖 ≧110

ウエスト周囲の基準について

内臓脂肪の蓄積の目安を表しています。内臓脂肪とは、いわゆるCTスキャンとかで、腸の周りなどに多く脂肪がついていたりのあれです。皮下脂肪は骨の周りの筋肉の周りについているものです。ただ残念ながら多くのことはわかっていません。噂によると、発生の段階から、つまり違うところから由来で出ているという情報もあります。

体型的にも、男性は内臓脂肪が多いりんご体型、女性は皮下脂肪が多い洋ナシ型体型になる人が多いと言われています。なお、内臓脂肪の量をきちんと調べるには、CTとかでお腹の中全体の内臓脂肪体積を調べれば良いわけです。しかしながら、CTって結構被曝量が多いので、あまりオススメしません。それでも気になるって人は、へそのレベル断面のCTの内臓脂肪面積だけで、お腹の中の内臓脂肪面積と相関を認めるそうなのですが、その大きさは100cm2が一つの指標となっております。その大きさと相関しているウェスト周囲径は、男性84.4cm、女性92.5cmなので、メタボリックシンドロームの基準で85cmと女性90cmとだいたい似ています。

メタボリックシンドロームを放っておくと?!

内蔵脂肪が蓄積している方は、インスリン抵抗性(インスリンが分泌されても効きにくい)が増加している人が多いと言われています。

メタボリックシンドロームでは、高血圧や糖尿病、脂質異常症が合併しやすいという統計があって、かつ、それらの複数を持っている方は、動脈硬化のリスクが高くなります。これらの合併している病気の怖いところは、自覚症状がわかりにくい点です。しかし放置していると、体内では動脈硬化が進みます。自覚症状がないところから、「まだ大丈夫」と思って生活習慣を是正しない人が多いです。

動脈硬化が進むと、脳卒中や心筋梗塞になったり、糖尿病なら目が見えなくなり、透析になったり、神経障害から足を切断するなんてこともあります。あと、あまり関連ないと思われている方も多い「高尿酸血症」も、実はメタボリックシンドロームと関連があると言われています。 最近話題の、閉塞型の睡眠時無呼吸症候群(空気の通りが塞がって、無呼吸になるパターン)もそうです。

クリニックフォア【内科・皮膚科】あなたのためのクリニック

カテゴリ:生活習慣病 and tagged

©2018 クリニックフォア【内科・皮膚科】

pagetop

予約する 予約