2021.01.12

髪の毛の主成分「ケラチン」とは?皮膚科医が解説します。

皆さんはご自身の髪の毛にトラブルを抱えたことはありますか?

AGAで髪の毛が減ってきてしまった、薄毛になるのが怖い、髪の毛がゴワゴワ、パサパサする、サラサラ髪を手に入れたい、などなど、今まで一つも髪の毛に関する問題を持たなかった人は少ないと思います。

そのような問題を解決するための方法をネットで調べて見たことをそのまま行うのもいいですが、何でも自身で理解してから行う方が効率いいですよね。ネットには嘘も多く書かれているので、嘘を見抜くためにも、髪の毛自体のことを知ることはとても大切なことです。

ここでは髪の毛の主成分である「ケラチン」について詳しく解説していきたいと思います。

髪の毛の主成分「ケラチン」とは?

ケラチンについて

まず「ケラチン」とは何なのかについて説明します。

ケラチンはタンパク質の一種です。タンパク質はアミノ酸がたくさん繋がったもので、三大栄養素の一つです。三大栄養素は他に「炭水化物」「脂質」があります。

そしてそんなタンパク質の一種であるケラチンは髪の毛の主成分なので、不足してしまうと髪の毛が細くなってしまったり、ハリやコシがなくなって元気のない髪の毛になってしまったり、そもそも生えてこなくなってしまうため、ケラチン不足には注意が必要です。

ケラチン生成には亜鉛・ビオチンが大事

ではそんな髪の毛にとって必要不可欠なケラチンですが、どうやって補給してあげれば良いのでしょうか。

まずは、タンパク質やアミノ酸が多く含まれる食事をとってください

ケラチンが欲しいからといって、ケラチンそのものを摂取する必要はありません。

鶏肉を食べ続けても自分の筋肉が鶏肉のようになるわけではありませんよね。

それと同じで、ケラチンを摂取したからといって髪の毛のケラチンが補給されるわけではありません。

大切なことは、いろんな種類のタンパク質を摂取することです。

タンパク質が多く含まれる食品は鶏肉、卵、牛肉、豚肉、魚、植物性のものでは大豆やブロッコリーなどなどたくさんあります。それらを偏らないようにいろいろ摂取しましょう。

そしてタンパク質と同じくらい大切なのが亜鉛などのミネラル、ビオチンのようなビタミンといった微量栄養素です。炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素に、ビタミン・ミネラルの微量栄養素を含んで五大栄養素と言います。

そんな微量栄養素の中でも特に大事なのが「亜鉛」と「ビオチン」です。

実際にケラチンになるのはタンパク質なのですが、摂取したタンパク質から髪の毛生成するのを手助けしてくれるのがこれらの栄養素です。

ネタとシャリだけではお寿司はできませんが、板前さんがいるとネタとシャリからお寿司を作ることができます。亜鉛やビオチンはお寿司作りで言う板前さんを手助けする役割を果たします。

Sui+サプリ- Biotin -紹介

ここでそのような健康な髪の毛を作るのに必須な栄養をバランスよく豊富に含んだSui+サプリ- Biotin –の紹介をさせていただきます。

このSui+サプリ- Biotin -は、先ほど説明した「ビオチン」「亜鉛」を含んでいるだけではなく、皮膚や粘膜の健康を維持し、健康な髪の毛の発育において必要不可欠な栄養素「ビタミンA」「ビタミンB1」「ビタミンB12」を含んでおり、髪の毛を作るために必要な栄養素をバランスよく補うために成分を厳選したサプリメントとなっております。

自身で食生活を管理するのが難しい方、手っ取り早く効率よく髪の毛に大切な栄養素を摂取したい方など、是非一度試して見てください。

↓亜鉛・ビオチンなど髪に必要な栄養素が採れる

サプリはこちら

参考文献
Biotin | Sui+ https://sui.clinicfor.life/hair/?utm_source=cf_site&utm_medium=article&utm_campaign=a-041
公開日:1月12日
監修:クリニックフォアグループ医師