AGA治療薬の効果はどう違うの?ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドについて、医師が解説します。

本記事では一般的なAGA治療使用される代表的な薬剤3種類をご紹介し、それぞれの効果や副作用、効果が出るまでの期間などを解説します。

また最後にはAGA治療薬に関するよくある質問についても回答。ぜひ参考にしてみてくださいね。

AGA治療薬とは?

AGA治療薬は男性型脱毛症の治療に用いられる薬のこと。AGA治療薬は大きく以下の2種類に分けられます。

  • 外用薬(塗り薬)
  • 内服薬(飲み薬)

外用薬

AGA治療薬の外用薬は、主に頭皮に塗布するタイプの薬です。ミノキシジルという、毛母細胞を活性化させることで発毛を促進する効果のある成分を用いたものが主流です。フィナステリドが含有されている製品もあります。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも含まれていることの多い成分ですが、医療機関で処方される外用薬とは含有量に大きな違いがあります。

内服薬

内服薬(飲み薬)には以下のような薬の種類があります。

  • ミノキシジル
  • フィナステリド(商品名:プロペシア)
  • デュタステリド(商品名:ザガーロ)

AGA治療薬で代表的な薬は3種類

様々な種類があるAGA治療薬ですが、代表的な薬は以下の3種類です。

  • ミノキシジル
  • フィナステリド
  • デュタステリド

それぞれの効果や副作用等、詳しく説明していきます。

【発毛促進・攻めの薬】ミノキシジルの効果や副作用

ミノキシジルは発毛を促進する「攻め」の薬です。ミノキシジルという成分には、毛乳頭細胞を刺激して毛母細胞の増殖を促し、成長因子を出させる作用があります。そして血行が改善されることで、毛細血管から毛乳頭へ栄養を行きわたり、頭頂部や生え際の発毛が促進されるというメカニズムです。

ミノキシジルは、もともと高血圧の治療薬「降圧剤」として世に出回った薬剤。しかし副作用で多毛症が見られたため、AGAの治療薬として応用された薬になります。

ミノキシジルは内服薬と外用薬の2種類があり、内服薬ではミノタブともいわれるミノキシジルタブレットが販売されています。外用薬に比べて、内服薬であるミノキシジルタブレットの方が体内への吸収率が高く、より高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルの副作用には以下のような症状が見られます。

  • 動悸・息切れ
  • むくみ・体重の増加
  • 頭痛・めまい
  • 肝機能障害
  • 初期脱毛
  • 全身の体毛の増加

ミノキシジルの効果がでるまでの期間

ミノキシジルの内服薬は3~4か月間ほど使用し続けると、髪が生えてきたと実感できるようになります。

6ヶ月以上使用しても効果が現れないという場合には、薬が効きづらい体質である、AGA以外の他の疾患が隠れているなどの原因が考えられるため、クリニックでご相談ください。

【抜け毛予防・守りの薬】フィナステリドの効果や副作用

フィナステリドは抜け毛を抑える「守り」として使われるお薬です。国内で有名なフィナステリドの薬には商品名:「プロペシア」が挙げられます。「AGAの治療を行いたい」という方に使用される事が多い薬です。クリニックフォアで処方しているフィナステリドはプロペシアと成分は全く同一のものです。

AGAはよく男性ホルモンが原因と言われますが、AGAの原因は直接的には男性ホルモンではなく、男性ホルモンが変化したDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質です。

男性ホルモンの「テストステロン」は5α還元酵素と結合することで、DHTというホルモンに変化します。

そして、このDHTは毛根の毛乳頭にある受容体に取り込まれ、髪の成長を止めるように信号を出し、AGAが引き起こされます。

フィナステリドは5α還元酵素の働きを阻害するため、男性ホルモンがDHTに変換されるのを防ぎ、抜け毛を防ぐ効果があります。

フィナステリドの効果が出るまでの期間

フィナステリドは効果が見られるまでに、2~3か月程の期間を要します。3か月以上内服しているにも関わらず、効果がまったく見られない場合には、薬を変更したり追加することが望ましいため、医師に相談をしましょう。

フィナステリドの副作用

フィナステリドの副作用には、以下のような症状が見られます。

  • 性欲減退
  • 勃起機能障害(ED
  • 肝機能障害

これらの副作用が見られた人は1%未満であり、危険性は低いとされています。

【抜け毛予防・守りの薬】デュタステリドの効果・副作用について

デュタステリドもフィナステリドと同様、抜け毛を抑える「守り」のための薬です。デュタステリドの薬で有名なものは商品名:「ザガーロ」と呼ばれている薬です。クリニックフォアで処方しているデュタステリドはザガーロと成分は全く同一のものです。

先の通り、抜け毛の原因とされる「DHT(ジヒドロテストステロン)」は男性ホルモンが変化して生じます。この薬はフィナステリドと同様に、男性ホルモンが DHTに変化するのを抑える薬です。しかし、デュタステリドはフィナステリドよりもDHTへの変化を抑える効果が高いです。

DHT への変化の原因となっている 5α還元酵素 (リダクターゼ)には I 型と II 型とが存在します。フィナステリドは、Ⅱ型のみに阻害効果がありますが、それに対して、デュタステリドは I 型と II 型の両方に有効です。

そのためデュタステリドはフィナステリドよりも、効果が高いとされており1.6倍もの増毛効果が期待できるとされています。

デュタステリドの効果が出るまでの期間

デュタステリドの効果がでるまでの期間は、2~3か月程。他のAGA治療薬と同様に、効果が現れるまでには個人差があります。

もしも半年以上飲んでも効果が出ない場合には、お薬が合っていないことも有り得るため、医師に相談しましょう。

デュタステリドの副作用

デュタステリドの副作用には、以下のような症状が見られます。

  • 勃起不全
  • 性欲減退
  • 精液量の減少

副作用の症状はフィナステリドと、ほとんど変わりありませんが、デュタステリドの方が発生頻度が高いとされています。

AGA治療薬の違いと選び方

AGA治療薬には、ミノキシジルのような「発毛を促進する効果 (=攻めのお薬)」、フィナステリドやデュタステリドのような「抜け毛を減らす効果(=守りのお薬)」という違いがあります。

それぞれの薬の作用を理解した上で、医師の診察を受けて薬を処方してもらいましょう。

自分の希望を医師にしっかりと伝えつつ、健康状態や治療中の病気、内服中の薬、アレルギーなどを踏まえて医師の判断に任せるのが定石です

攻めの薬と守りの薬を併用するのが効果的な使い方

先の通り、ミノキシジルは発毛を促進する「攻めの薬」であり、フィナステリドやデュタステリドは抜け毛を減らす「守りの薬」

そのため、「ミノキシジルとフィナステリド」や「ミノキシジルとデュタステリド」の様に、それぞれの特性を生かして攻めの薬と守りの薬を併用してAGA治療を行うが効果的な使い方とされています。

AGA治療薬に関するよくある質問

Q. ミノキシジルだけを使っても効果はありますか?

A. あります。

ミノキシジルだけを服用しても、発毛効果は現れます。しかしフィナステリドやデュタステリドの様な、抜け毛を減らす薬と併用して使うのが、より効果的です。

Q. ミノキシジルやフィナステリドを女性が使っても問題ありませんか?

A. ミノキシジルは問題ありません。しかし、フィナステリドは使用できません。

ミノキシジルは、女性が使用しても問題ありません。男性と同様に発毛効果があります。しかしフィナステリドを使用することはできません。

特に、妊婦または妊娠している可能性のある女性や、授乳中の女性がフィナステリドを使用するのは禁忌とされています

Q. ミノキシジルとフィナステリドの飲み合わせは問題無いのでしょうか?

A. 問題ありません。

ミノキシジルとフィナステリドを飲み合わせたとしても、双方の効果に影響は生じません。むしろ、AGA治療の観点からいえば、非常に効果的であり、クリニックフォアでは、セットでの治療を推奨しています。

Q. フィナステリドと亜鉛を摂取すると発毛効果は上がりますか?

A. より高い効果が期待できます。

亜鉛やビオチンは髪の栄養に必須の成分とされています。これらが不足していると、フィナステリドなどお薬の治療を行っても、効果が十分に期待できない場合があります。特に普段の栄養バランスに不安がある方は、サプリの併用をお勧めいたします。クリニックフォアのスカルプケアサプリでは、亜鉛・ビオチンなどの栄養素を補給することができるため、AGA治療での併用が推奨されます。

AGA治療薬の購入方法

最後にAGA治療薬の購入方法について解説します。

海外通販サイトや個人輸入は危険

AGA治療薬は病院やクリニックなどの医療機関を受診し、処方箋をもらう必要があります。

しかし、一部の危険な海外の通販サイトや個人輸入の個人サイトで購入することができるという現状があります。そういったサイトでは偽物や不純物が紛れているなどのトラブルが絶えず、厚労省からも注意喚起が行われています。薬という性質上、間違ったものを服用することは非常に危険な行為であるため、絶対に利用しないようにしましょう。

クリニックフォアならオンライン診療で処方が可能

クリニックフォアならオンライン診療でAGA治療薬の処方が可能です。初回診察料は無料で行っているため、かかる費用は薬代のみ(診察のみで終了した場合には、診察料 1,650円がかかります)。

加えて、診察から1年以内で同じ薬を継続して希望される場合には、簡単な問診を記入いただくことで薬の追加配送が可能です。

  • 「AGA治療を始めたいけど病院に行くのが面倒臭い」
  • 「AGA治療をお得に始めたい」
  • 「AGA治療を気軽に始めたい」

こういったお悩みのある方は、ぜひクリニックフォアをご利用ください。

【定期配送がお得】AGA治療薬の料金一覧(税込み表記)

クリニックフォアでは、ミノキシジルやフィナステリド等の代表的な治療薬はもちろんの事、セットプランのお取り扱いもしています。

また、初診の診察料は無料のため、是非お気軽にオンライン診療をお申込みください(診察のみで終了した場合には、診察料 1,650円がかかります)。

プラン/薬剤1ヶ月分3ヶ月(5%OFF)半年分(10%OFF)定期配送(15%OFF)
発毛即効プラン(フィナステリド内服+ミノキシジル内服+スカルプケアサプリ+ミノキシジル外用)27,280円77,748円1ヶ月あたり:25,916円147,312円1ヶ月あたり:24,552円23,188円
発毛基本プラン(フィナステリド内服+ミノキシジル内服+スカルプケアサプリ)16,280円46,398円※1ヶ月あたり:15,466円87,912円※1ヶ月あたり:14,652円13,838円
発毛ライトプラン(フィナステリド内服+ミノキシジル内服)10,780円30,723円※1ヶ月あたり:10,241円58,212円※1ヶ月あたり:9,702円9,163円
予防プラン(フィナステリド 海外製)4,015円11,442円※1ヶ月あたり:3,814円21,681円※1ヶ月あたり:3,613円1カ月目:1,760円2か月目以降:3,412円
ミノキシジル内服(海外製)8,140円23,199円※1ヶ月あたり:7,733円43,956円※1ヶ月あたり:7,326円6,919円
ミノキシジル外用12%(海外製)※フィナステリド0.01%含む12,100円34,485円※1ヶ月あたり:11,495円65,340円※1ヶ月あたり:10,890円10,285円
フィナステリド国内後発品8,140円23,199円※1ヶ月あたり:7,733円43,956円※1ヶ月あたり:7,326円6,919円
デュタステリド国内先発品(ザガーロ)12,760円36,366円※1ヶ月あたり:12,122円68,904円※1ヶ月あたり:11,484円10,846円
デュタステリド 国内後発品8,140円23,199円※1ヶ月あたり:7,733円43,956円※1ヶ月あたり:7,326円6,919円