2020.05.13

気づきにくい頭皮のニオイ、アナタも当てはまっているかも!?原因と対策法を医師が解説します。

男女問わず、頭皮に対して何らかの悩みを抱えている方は非常に多いのではないでしょうか?特に、頭皮の悩みとして挙げられることで多いのは、「頭皮のニオイ」、「頭皮の乾燥」、「頭皮のかゆみ」の3つです。これらの悩みは実は対策をして改善することができるのです。

今回は、頭皮のニオイに対して、その原因と対策を詳しく解説します。

↑↑どのシャンプーを信じていいかわからないあなたに!
東大医師が考え抜いたシャンプーはこちら

そもそも自分の頭皮がニオうのかわからないけど人には聞けない!自分でチェックできる方法はないの?

そもそも自分の頭皮はニオっているのかどうかが気になりませんか?まずは、自分の頭皮がニオっているのかどうかのチェック方法をご紹介します。

このチェック方法は意外と簡単です。

1つ目は朝起きたら枕の匂いをかぐことです。これで自分が臭いと感じたら頭皮が臭っている証拠です。

2つ目はドライヤーの風邪を後頭部から前に向かって当てることです。ドライヤーの風に乗ってニオイがすると思ったらそれは自分の頭皮が臭っているということになります。

頭皮のニオイは実は体調によって左右されることもあるため、今日は頭皮が臭うけれど、翌日になったら大丈夫そうという場合には焦って対策に乗り出さなくても問題ありません。

ですが、毎日頭皮が臭うようになった、家族や周囲の人に頭皮の臭いを指摘されたという場合には、すぐに対策をした方がよいでしょう。

頭皮のニオイの原因はなに?

頭皮のニオイの原因は頭皮の皮脂量です。頭皮の皮脂量は、皮脂の分泌が多い顔の額から鼻筋、いわゆるTゾーンと呼ばれる部分の2倍あります。この皮脂を餌にして雑菌が繁殖するためニオイが発生すると考えられています。

一般的に男性の方が女性よりも皮脂量が多いため、男性の方が臭いやすくなるともいわれています。特に、中高年の男性は皮脂を分泌する腺から他の臭いの原因成分、いわゆる加齢臭の原因となる物質も分泌されるようになるため、頭皮の臭いが強くなるとも考えられます。

他にも、誤った方法でシャンプーをしていたり、頭皮を湿ったまま放置しているとニオイの原因となる雑菌が繁殖しやすいため、頭皮が臭いやすくなると考えられています。

↑↑どのシャンプーを信じていいかわからないあなたに!
東大医師が考え抜いたシャンプー
はこちら

頭皮のニオイはどう対策すればいいの?

頭皮のニオイを改善するための対策を、2つご紹介します。

生活習慣を整える

1つは生活習慣を整えることです。特に食事は重要であり、脂肪の多いものを食べれば皮脂の分泌量は増えますし、お肉中心の食生活では、体内に悪臭の原因物質が溜まり、皮脂臭の原因となると考えられています。ですので、脂肪分が多い食事やお肉ばかりを食べるのではなく、バランスの良い食事を心がけることが非常に大事です。また、睡眠不足も成長ホルモンの分泌を阻害し、頭皮の健康状態が悪化するといわれていますので、忙しくてもなるべく睡眠時間を確保することを心がけましょう。

シャンプーを見直す

もう1つはシャンプーを見直すことです。

シャンプーがあなたの頭皮に合っていないために、頭皮環境が悪くなって健康状態が悪化している可能性もございます。特に、シャンプーは洗浄力が強ければ強いほど、頭皮の汚れはとれるかもしれないですが、その分、頭皮へのダメージが大きくなったり、乾燥を促進させたりしてしまいます。ですから、洗浄力、保湿力、荒れ・かゆみなどを抑える力、というののバランスが非常に大事になります。シャンプーが合っていないかもしれないと思った方は、これを機にシャンプーを見直してみましょう。

頭皮のニオイが気になるという方は、ぜひ上のチェック方法や、対策を実践してみてください!

日常的にできる限りの対策をしているけれども、なかなか効果が現れなかったり悪化したりしている場合には、医学的なアプローチが必要な可能性もございます。心配な方はぜひ皮膚科などに受診してみてください。

東大医師開発頭皮環境最適化のために開発したシャンプー

↑↑どのシャンプーを信じていいかわからないあなたに!
東大医師が考え抜いたシャンプー
はこちら

クリニックフォア オリジナルのメディカルブランド【Sui +】では、東大病院出身の皮膚科医が開発した、頭皮を清潔に保ちつつ、炎症を防ぎ、またしっかりと保湿するために、最適なプレミア成分をバランスよく含むシャンプー を取り扱っております。

【Sui+シャンプー】は、

①「洗いすぎない (できるだけ頭皮に刺激を与えずに洗浄する)」

②「頭皮・毛髪を他の肌と同じように保湿・保護する」

③「頭皮の荒れやかゆみ、炎症をケアする (頭皮の荒れなどで髪の生育に悪影響が出ている場合にはそれを改善する)」

という3つの効果を持たせることで、頭皮環境を最適化することを徹底的に考え抜いたシャンプーです。

どのシャンプーを選んだら良いか分からないという方は、ぜひ東大医師開発のシャンプーをご検討ください。

① 洗いすぎない (できるだけ頭皮に刺激を与えずに洗浄する)ためのプレミア成分

・ラウレス-6カルボン酸Na: 皮膚刺激性がラウレス硫酸Naと比較して約40%低く、ヒトの皮膚と同様の酸性条件下で高い起泡性をもちます。低刺激の洗浄成分

・ラウリルヒドロキシスルタイン (ラウリルヒドロキシスルホベタイン): ベタイン系で、皮膚の弱い方にも使っていただける洗浄成分

・ラウリミノ二酢酸2Na: 皮膚に対する吸着性がラウレス硫酸Naと比較し約80%低く、皮膚刺激になりにくい、低刺激の洗浄成分

② 頭皮・毛髪を他の肌と同じように保湿・保護するためのプレミア成分

・ココイルメチルタウリンタウリンNa: タウリンの保水性と親水性により、皮膚への保湿効果、頭皮・毛髪にしっとり感をもたせる成分

・ラウリン酸ポリグリセリル-10: 皮膚に保護膜を張り、潤いを保ちます。保湿効果に優れている成分。美肌クリームなどに使われている成分

・アプリコット核油ポリグリセリル-6エステルズ: ラウリン酸ポリグリセリル-10との併用で毛髪の疎水性を維持し、ダメージの進行を軽減します。毛髪保護成分

③ 頭皮の荒れやかゆみ、炎症をケアするためのプレミア成分

・カプリロイルグリシン: 脂漏性皮膚炎の改善効果のある成分。1カ月の使用でピチロスポルム菌・アクネ菌を抑制、鱗屑を約80%抑制。5αレダクターゼ活性を50%阻害し、皮脂分泌を抑制する、といった研究結果があります

・グリチルリチン酸2K: 抗炎症効果のある成分。かゆみ・痛み・ほてりの改善。皮膚用医薬品にもよく含まれる成分

どのシャンプーを選んだら良いか分からないという方は、ぜひ東大医師開発のシャンプーをご検討ください。

↑↑どのシャンプーを信じていいかわからないあなたに!
東大医師が考え抜いたシャンプー
はこちら