出社・登校禁止期間

周囲の方にインフルエンザの感染することを防ぐために、「発症後5日間、かつ、解熱後2日間は自宅で安静にしていただく」ということが基本的な考え方です。
これは、「学校保健安全法」で以下のように規定されており、多くの会社はこの規定を踏襲する形で定義していることが多いためです。

「学校保健安全法 施行規則第19条」
出席停止の期間の基準は、感染症の種類に従い次の通りとする。
インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)にあっては、発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで。

また、発症とは、「発熱」の症状が現れたことを指します。更に翌日を第一日目と数えますので、水曜日に発熱症状が出現した場合、火曜日を1日目と考えます。
解熱は、体温が定常的に36度台に回復した状態と考えます。

いずれにせよ、周囲の方にインフルエンザを広げないために、適切な対応を取ることが望ましいと考えられます。

発症した後5日

「発症」とは、「発熱」の症状が表れたことを示します。
日数を超える場合は、発症した日(発熱が始まった日)を含まず、翌日を第1日と数えます。

解熱した後2日

解熱を確認した日が月曜日であった場合、その日は日数に数えず、火曜、水曜の2日間を休み、木曜日から出席ということになります。

クリニックフォア【内科・皮膚科】あなたのためのクリニック

カテゴリ:インフルエンザ・予防接種

©2018 クリニックフォア【内科・皮膚科】

pagetop

予約する 予約