2021.01.12

食欲抑制剤「サノレックス」はAmazonや個人輸入で買えるの?医師が解説します。

皆さんは「サノレックス」についてご存知ですか?

サノレックスとは、厚生労働省が正式に認可している医療用の食欲抑制剤なのですが、飲むだけで食欲が抑えられて痩せられるとしたら便利なお薬ですよね。

今回はそんなサノレックスについてどういった薬なのか、また入手するにはAmazonや個人輸入などでも可能なのかについて詳しく解説していきます。

クリニックフォアではサノレックスの処方は行なっていませんが、その理由についても解説いたします。

厚生労働省が認可した食欲抑制剤「サノレックス」とは?

ではまず、そもそも「サノレックス」がどういった薬なのか、効能や用法はどういったものなのかについて簡単に説明します。

サノレックスは、日本で唯一承認されている食欲抑制剤で、「マジンドール」という有効成分により肥満症の治療薬として保険適用もある医薬品になります。

効能としては「高度肥満症の食事療法の補助」や「高度肥満症の運動療法の補助」があり、マジンドールの薬効は脳に働きかけて食欲抑制作用を示すものです。

そしてサノレックスの用法は、有効成分であるマジンドールとして1日1回0.5mgを昼食前に水やぬるま湯と一緒に飲んでください。また、3ヶ月以上は連続で飲まないようにして、さらに服用をはじめてから1ヶ月経っても効果を実感できない場合は服用を中止してください。

しかし、注意点として、サノレックスを保険適用で用いるためには「BMIが35を超えている」高度肥満体型であることが必要となります。身長150cmの人ならば体重79kg以上、身長160cmの人ならば体重90kg以上、身長170cmの人ならば体重102kg以上が対象となります。

入手方法は?Amazonや個人輸入で買える?

ではこの「サノレックス」は、どのように入手すれば良いのか、Amazonや個人輸入でも購入可能なのかについて説明します。

まず、Amazonでは2021年1月7日現在ではサノレックスの取り扱いはありません。また、個人輸入も違法なため基本的に不可能だと思ってください。

その理由はサノレックスの有効成分であるマジンドールの作用にあるのですが、このマジンドールは向精神薬という薬に分類されているためです。

向精神薬とは、麻薬や覚醒剤、大麻などと同じく個人輸入が規制されている薬物の一種で、脳などの中枢神経系に働きかけて精神活動に影響を与える作用を持つ薬物のことです。つまり、個人輸入で知識のない専門家でない人が簡単に手を出せないように規制されているという訳です。

そのような薬を個人輸入で売っているサイトが見つかったとしても、そのサイトが違法であるということ、さらに購入して手元に届いたとしてもそのサノレックスの成分が本物である可能性は低いでしょう。ですので、個人輸入はお勧めしません

サノレックスを手に入れるためにはクリニックや病院などの医療機関で処方してもらうのが安心であり、むしろ、現在サノレックスを手に入れるための唯一の方法が、病院処方であるとも言えるでしょう。

↓↓医師監修だから安心!

サノレックスのオンライン診療について

クリニックフォアの診療案内について

クリニックフォアではサノレックスの処方は行なっていません。サノレックスは精神依存、身体依存を含めて副作用が強いことが報告されています。

食欲抑制目的のお薬としては、「BBX」「GLP-1」というお薬を採用しておりますので、処方させていただくこと可能です。

1.) BBXは、食欲抑制サプリメントであり、副作用は少なく使いやすいです。美容大国であるタイのFDA(食品医薬品承認局)で承認されており、ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌をコントロールすることで、 無理のないダイエットを可能にします。

2.) GLP-1は、近年非常に話題になっているお薬です。元々糖尿病の治療として行われているものをダイエットに転用したものです。中枢神経に作用して食欲を抑えるだけでなく、膵臓に作用してインスリン分泌を促進して血糖値を下げる作用と、胃の蠕動(ぜんどう)運動を抑えることで、胃の内容物が小腸へ排泄されるのを遅らせて、食後血糖値の急激な上昇を抑える作用もあります。

クリニックフォア では、初診から全国どなたでもオンライン診療でダイエット薬の処方を行なっています。事前問診3分、診療3分のみで完了し、薬は最短当日発送いたします。

医師がお一人お一人にあったダイエット法を、膨大な選択肢の中から組み合わせて提供させていただきます。

ダイエット薬の処方をご希望の方はぜひクリニック フォアグループへご相談ください。

↓↓医師監修だから安心!

ダイエット薬のオンライン診療について

公開日:2021年1月11日

監修:クリニックフォアグループ医師

参考文献

サノレックス錠0.5mgの基本情報(薬効分類・副作用・添付文書・薬価)https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/drugdic/prd/11/1190008F1020.html 

サノレックスが通販で個人輸入できない理由&代わりの商品を紹介!生駒個人輸入ノート https://ikoma36-park.jp/price/sanorex.html