花粉症の注射薬について

花粉症の注射薬についてのお問い合わせを複数いただきますので、ご説明させていただきます。

注射に用いられる薬剤

まず、花粉症の注射薬として用いられるのは「ステロイド」と言われる薬剤の注射薬です。

このステロイドと言われる薬剤を花粉症に対して注射することは、学会等からも「推奨しない」と明確な声明が出ておりますので、
大変申し訳ありませんが、クリニックフォア田町では花粉症に対する注射の治療は行っておりません。

花粉症へのステロイド注射

花粉症シーズンのはじめに、1回注射するだけで、花粉症がおどろくほど楽になり、症状が出なくなるという注射を聞いた方がいるかもしれません。
実際に、過去、このような治療は行われてきました。代表的な薬剤は「ケナコルト」で、体内に長期間とどまるタイプのステロイド薬です。
長期に体内にとどまるため、シーズンの最初に一度だけ注射すると症状がステロイドの作用により抑えられます。
非常に効果が強く、一回の注射で抑えられるため、ご希望される方も多くいらっしゃいます。
ただ、クリニックフォア田町では、この治療は行っておりません。
理由としては、学会の生命にもありますように、極めて重大な副作用の恐れが強いためです。

例えば、ステロイドによる副作用には、
糖尿病
胃潰瘍
感染症
等の重篤な副作用を生じます。
花粉症の症状もかなり辛いですが、命にかかわるような副作用を生じるリスクのある薬剤を使用することは推奨していません。

クリニックフォア【内科・皮膚科】あなたのためのクリニック

カテゴリ:アレルギー科

©2018 クリニックフォア【内科・皮膚科】

pagetop

予約する 予約