2021.01.06

南アの変異ウイルス、ワクチンの有効性に懸念?医師が解説します。

皆さんは今、世界で複数の新型コロナウイルスの変異種が流行の兆しを見せていることはご存知でしょうか。

1月5日現在、その危険性から流行を憂慮されているのは主にイギリスの変異種VOC 202012/01という型と南アフリカ共和国の変異種501Y.V2という型があります。

今回はそんな新型コロナウイルスの南アフリカ変異種について、詳しく解説していきたいと思います。

新型コロナウイルスの南アフリカ変異種は今までとどう違うの?

ではまず、このコロナ南アフリカ変異種が今までのコロナとどう違うのかについて説明します。

このコロナ南アフリカ変異種ですが、イギリスで見つかっている変異種と同様に、今までのコロナよりも感染力が強いと見られています。この背景には、南アフリカ変異種が南アフリカ共和国内での感染者を急増させているということがあります。

さらに、オックスフォード大学のジョン・ベル教授が1月3日のタイムズ・ラジオで話した内容によると、今存在するワクチンはこのイギリスの変異種に対しては効果が認められると考えられるが、南アフリカ変異種に対しては有効でない可能性があるようです。

つまり、南アフリカ変異種は感染力が従来のものより強い上にワクチンが効かない恐れがあるウイルスであるということです。

また、重症化率に関しては今はまだ情報がありませんが、感染力が強いということは感染者を増やすことにつながり、感染者が増えると、重症化率が従来のコロナと同じだったとしても重症患者が増えることにつながります。

重症患者が増えるとそれだけ医療は逼迫しますので、このコロナ南アフリカ変異種に対しては従来のコロナウイルスに対して以上の対策が必要になるでしょう。

国内に新型コロナウイルスの南アフリカ変異種は入ってきているの?

ではここまでコロナ南アフリカ変異種について話しましたが、実際に日本で感染確認されているのでしょうか。

答えはYESです。

昨年末、大晦日に新型コロナウイルス新規感染者が都内で1300人を超えたというニュースで持ちきりでしたが、実は厚生労働省が同28日に、南アフリカ滞在歴のある女性から、コロナ南アフリカ変異種が確認されたと発表しています。

現在はこの一名のみしか確認されていませんが、1月1日にはフランス国内でこのコロナ南アフリカ変異種が確認されたということもあり、全世界でこのコロナ南アフリカ変異種は広まっていると言えるでしょう。

さらに、日本国内に限ってみても、感染者全員をPCR検査できているはずはありませんので、水面下でこのコロナ南アフリカ変異種が広がってしまっていることも考えられます。

そして最悪の場合、既にコロナ南アフリカ変異種は世界中に広まっていて、さらにワクチンの効果もあまり認められない、となってしまうことも考えられます。

そうならないように、緊急事態宣言の発令も決まったことですし今一度感染拡大防止策を十分にとり、体調管理に気をつけましょう。そして、コロナ南アフリカ変異種をはじめとする新型コロナ感染症に対する情報を常にアップデートしておきましょう。当院のサイトでも、注意すべき事柄があれば更新しますので是非ご確認ください。

「新型コロナ相談」LINE公式アカウント

クリニックフォアグループでは、Lineの「新型コロナ相談」アカウントを開設し、BOT形式で疑問・ご質問にお答えしています。
クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

監修:クリニックフォアグループ医師

公開日:2021年1月6日

参考文献

国内初、南ア変異種も 滞在女性、空港検疫でー新型コロナ JIJI.COM https://www.jiji.com/jc/article?k=2020122800815&g=soc

南アフリカのコロナ変異株、フランス国内で初確認 AFP BB NEWS https://www.afpbb.com/articles/-/3324174

新型コロナ”変異種”の危険性、英在住の免疫学者が警告「どこかの時点でワクチン をすり抜ける形になる可能性も」 YAHOO!JAPANニュース https://news.yahoo.co.jp/articles/ba13c4116926748c9b87765b241144245081b3cd