新型コロナウイルス変異株とは?変異株は危険なの?医師が解説します。

2回目の緊急事態宣言が解除された後、新型コロナウイルスの感染がまた拡大する兆しを見せています。

そんな中、最近テレビやネットでよく取り上げられている「変異株」とは一体何なのでしょうか?今回は、「変異株」の問題点や種類について知っておいてもらいたい点、日常生活でできる対策について、解説いたします。

そもそも新型コロナウイルスの変異株ってなに?

変異とは、生物やウイルスの遺伝子情報(設計図)が変化することです。一般的に、ウイルスは増殖・流行していく過程で、少しずつ変異を起こしていきます。この変異したウイルスが変異株です。変異が起こるとウイルスの性質が変化し、感染しやすくなること、重症化しやすくなることがあります。

そのため、例えばインフルエンザのワクチンは、毎年その変異にあわせて、流行しそうなウイルス株を予測し、ワクチンが作られています。
新型コロナウイルスの場合、約2週間で1ヶ所のスピードで変異していると考えられています。これは、同じRNAウイルスであるインフルエンザウイルスと比べると約半分のスピードです。

そのため、中国で最初に見つかった新型コロナウイルスと比べて、昨年末にイギリスで確認された変異株(VOC202012/01)では29ヶ所に変異が存在しているとされています。

変異株の何が問題なの?

変異してもウイルスの性質が変わらない場合、特に問題はありません。しかし、変異により「感染力が増加する」「重症化しやすくなる」「免疫逃避を起こす」場合には大きな問題となってきます。

一般的には、ウイルスの変異によって感染力や重症化のしやすさが劇的に変わることはあまりありません。ところが、新型コロナウイルスの場合、ウイルスの表面にあるスパイクタンパク質といわれる部分に変異がおきており、この変異によってヒトの細胞表面にあるACE2受容体に強固に結合するため、感染力が最大で約60~70%増加すると言われています。

一方、変異が重症化に関与するかどうかについては、現時点ではまだ明らかではありませんが、重症度が変わらなくても、感染者数が増えれば自然と重症者数も増えてしまうことになります。

変異株はいくつあるの?

ウイルスの変異株の型は無数にありますが、WHO(世界保健機構)は特に注意が必要な変異株について、“VOC” と “VOI” の2つに分けて定義しています。

  • VOC(Variants of Concern; 懸念される変異株)

    感染しやすい、重症化しやすい、ワクチンや治療薬が効きにくいことなどが既に実証されている変異株を指します。
  • VOI(Variants of Interest; 注目すべき変異株)

    VOCよりは警戒度は低いが、市中において複数の感染例やクラスターが確認されている変異株を指します。

日本でもこのWHOの定義に沿って変異株を分類しており、2021年4月6日時点で国内の変異株はVOCが4種類、VOIが3種類となっています。

VOC(懸念される変異株)

  • VOC-202012/01

    イギリスで確認された変異株。従来株よりも感染しやすく、重症化しやすい可能性あり。130ヶ国で報告。
  • 501Y.V2

    南アフリカで確認された変異株。従来株よりも感染しやすく、免疫やワクチンの効果を低下させる可能性あり。80ヶ国で報告。
  • 501Y.V3

    ブラジルで確認された変異株。従来株よりも感染しやすく、免疫やワクチンの効果を低下させる可能性あり。45ヶ国で報告。
  • P.3系統

    フィリピンで報告された変異株。従来株よりも感染しやすく、免疫やワクチンの効果を低下させる可能性あり。

VOI(注目すべき変異株)

  • R.1系統

    起源不明の変異株。従来株よりも免疫やワクチンの効果を低下させる可能性あり。
  • B.1.427およびB.1.429

    CDC(米国疾病対策センター)では、VOCに位置付けられている。従来株よりもやや感染しやすく、一部治療薬の効果を低下させる可能性あり。
(クリックすると拡大表示されます)

変異株に対してもワクチンの効果はあるの?

ウイルスは、ヒトの免疫から逃れるために「免疫逃避」という変異を起こします。この変異によって、すでにウイルスに感染したヒトが持っている抗体や、ワクチン接種によって作られた抗体が効きにくくなる可能性があるとされています。

そのため、過去に新型コロナウイルスに感染した人も、「免疫逃避」の能力を持つ変異株には感染してしまうことや、現在接種が進みつつあるワクチンの効果が低下することが懸念されています。

普段からできる対策は?

個人の基本的な感染予防策は、変異株であっても、3密の回避(特にリスクの高い5つの場面; (1)飲酒を伴う懇親会等(2)大人数や長時間におよぶ飲食(3)マスクなしでの会話(4)狭い空間での共同生活(5)居場所の切り替わり)に加えて、マスクの着用、手洗いなどが、これまでと同様に有効です。

改めて感染予防対策に気をつけていきましょう。

© Benesse Corporation 1988-2021/しまじろう

公開日:2021年4月11日

作成: クリニックフォアグループ医師 山田 光泰

※本記事は、上記公開日時点での状況・情報・エビデンスをもとに記載しています。新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化し、また新しくわかることも多々ありますので、最新の情報は、直近の記事や情報をご参照くださいますようお願いいたします。

参考文献

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症の“いま”に関する11の知識」

厚生労働省「新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)」

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症(変異株)への対応」

国立感染症研究所「感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規変異株について (第8報)」

国立感染症研究所「感染・伝播性の増加や抗原性の変化が懸念される 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の新規変異株について (第7報)」