咳が出るとき

咳も、風邪の時におこりますが、風邪がよくなっても、咳だけ残る場合はよくあります。それは気道の過敏性が関係しています。
また、鼻水の症状で副鼻腔炎になっても、喉から気管にたれ込んで、咳がでる場合もあります。

痰が出ている時は咳止めを控えましょう

咳を止めてもいいかは、痰が出るかどうかが大事なポイントになります。
痰が出るようなら、咳止めを飲むと反射が抑えられて苦しくなってしまうため、むしろ痰を出すようにしたほうがいいでしょう。
また、脱水になると痰の水分が失われますので水分は十分取りましょう。
咳の風邪は、咳をすることによって周りの人に飛沫でうつすことがあるので、咳をしている方がマスクをしましょう。

こんな時は病院を受診しましょう

以下の場合は病院を受診しましょう。

  • 咳が1ヶ月以上続く場合
  • 38度以上の発熱が3日〜以上続く場合
  • 呼吸が苦しい場合
  • 水も飲めないくらいグッタリしている
  • 糖尿病、ステロイド内服中、自己免疫疾患など、免疫力が低下する病気をお持ちの場合

クリニックフォア【内科・皮膚科】あなたのためのクリニック

カテゴリ:内科 and tagged , ,

©2018 クリニックフォア【内科・皮膚科】

pagetop

予約する 予約