低用量ピル オンライン診療 | アプリ不要! PC・スマホで完結・簡単 | お薬はご自宅に最短翌日到着 | どなたでも初診からオンラインで薬の処方可能

クリニックフォアの
簡単スマホ/PCで
オンライン
低用量ピル処方

クリニックフォアの低用量ピルの
オンライン診療へようこそ!
あなたが今、気になることは?

クリニックフォアが
選ばれる理由

どなたでも初診からオンライン診療OK | 自宅や好きな場所から受診可能 | お薬が最短翌日到着!! | 月2,783円〜 | アプリ不要!スマホ・PCで簡単 | 月に1000人以上が利用 | 99%以上が満足 どなたでも初診からオンライン診療OK | 自宅や好きな場所から受診可能 | お薬が最短翌日到着!! | 月2,783円〜 | アプリ不要!スマホ・PCで簡単 | 月に1000人以上が利用 | 99%以上が満足

オンライン診療の流れ

STEP01. 日時をカレンダーから予約 | STEP02. 問診に回答し、医師と診察 | STEP03. クレカ、GMO後払いで決済、薬は自宅へ STEP01. 日時をカレンダーから予約 | STEP02. 問診に回答し、医師と診察 | STEP03. クレカ、GMO後払いで決済、薬は自宅へ

便利で安心!お薬の定期配送*

お薬がなくなるたびに、診療を受けたり配送の手続きをしなくても、お薬が毎月自動で決まった日に届きます。安心・便利な定期配送*サービスです。

受診忘れ防止 | 休止もできて安心 受診忘れ防止 | 休止もできて安心

2回目のお薬は、初回の決済日の18日後に発送され、翌日に届きます。3回目以降のお薬は、前回の28日後に届きます。

ABOUT

低用量ピルには女性ホルモンが含まれており、毎日1回服用することで排卵を抑制し、正しく服用すればほぼ確実に避妊することが可能です。
日本では低用量ピルの使用率は1〜3%に留まりますが、 欧米では一般的に使用される薬剤です。近年、日本でも、リスクをきちんと理解し低用量ピルを飲まれる方が増えています。

EFFECTS

低用量ピルは、女性の様々な悩みに対してプラスに働く効果が多数存在しています。
・避妊
・PMSの改善
・ニキビの改善
・生理痛や生理不順の改善
・子宮内膜症の改善

ADVERSE EFFECTS

主に、内服開始当初(ピルにまだ慣れていない時期)に吐気・不正出血等の症状が出現しますが、多くの方は内服を継続することで改善していきます。これらの症状については、過度な心配は必要ありません。
・吐き気
・頭痛
・乳房の張りなどの不快感
・むくみ (これが「低用量ピル=太る」という誤解されている原因)

重篤なものに、血栓症があります。年間10,000人に対して3~9人と、
割合としてみれば少ないですが、血栓傾向のある方にはお勧めはしません。

MEDICINES

クリニックフォアでは、「トリキュラー」「マーベロン」をはじめ、8種類の薬剤を取り扱っています。

トリキュラー
3相性低用量ピル。自然なホルモンバランスに近づけて作られたお薬。避妊に加え、女性ホルモンのコントロールを行うため、PMS症状の改善も期待できます。
マーベロン
1相性低用量ピル。最も多く使用されている低用量ピルです。トリキュラーと同じく避妊・PMSの改善に効果があります。ニキビに対して効果が実感できるのも特徴。

HOW TO USE

□ マーベロン・ファボワール・トリキュラー・ラベルフィーユ・アンジュの場合

低用量ピルは、生理の第1-5日目から、1日1回1錠を28日間連続でなるべく決まった時間に内服してください。21日間服用し7日間休薬することで効果を発揮します。

クリニックフォアでは、「28錠タイプ」のものを扱っており、実薬が21錠、残りの7錠が偽薬で、毎日内服すれば、自然と21日間の服用と7日間の休薬が続けられる優れものです。

 

□ ルナベルULD・フリウェルULDの場合

ルナベルULDとフリウェルULDに関しましては、偽薬の含まれない21錠タイプのシートしか生産されていませんが、使い方は上記の低用量ピルと同じで、21日間の実薬に続いて休薬期間7日間、を繰り返します。

 

□ ヤーズフレックスの場合

他とは若干異なっており、ヤーズフレックスは「1シートが全て実薬28錠」です。連続で服用することで、最大120日間、生理を来なくさせることができる画期的なお薬です。途中で3日以上出血が続いた場合には生理が来た、と判断して4日間休薬します。

PRICES

予約料・診察料
(税込価格)
1,650円
お薬代
(税込価格)
2ヶ月分 3ヶ月分
(5%OFF)
半年分
(10%OFF)
定期配送
(15%OFF)
トリキュラー (国産) 6,556円
(3,278円/月)
9,339円
(3,113円/月)
17,688円
(2,948円/月)
2,783円
(2,783円/月)
ラベルフィーユ (国産) 6,556円
(3,278円/月)
9,339円
(3,113円/月)
17,688円
(2,948円/月)
2,783円
(2,783円/月)
アンジュ (国産) 6,556円
(3,278円/月)
9,339円
(3,113円/月)
17,688円
(2,948円/月)
2,783円
(2,783円/月)
マーベロン (国産) 6,556円
(3,278円/月)
9,339円
(3,113円/月)
17,688円
(2,948円/月)
2,783円
(2,783円/月)
ファボワール (国産) 6,556円
(3,278円/月)
9,339円
(3,113円/月)
17,688円
(2,948円/月)
2,783円
(2,783円/月)
ルナベル ULD (国産) 22,000円
(11,000円/月)
31,500円
(10,450円/月)
59,400円
(9,900円/月)
9,350円
(9,350円/月)
フリウェル ULD (国産) 14,300円
(7,150円/月)
20,377円
(6,792円/月)
38,610円
(6,435円/月)
6,077円
(6,077円/月)
ヤーズフレックス (国産) 24,200円
(12,100円/月)
34,485円
(11,495円/月)
65,340円
(10,890円/月)
10,285円
(10,285円/月)
プラノバール (国産)
中用量ピル、生理日移動
5,478円
(1シート21錠 吐き気止め21錠付)
配送料
(税込価格)
550円/回

※ 価格は税込です。低用量ピル・超低用量ピルは、初めての方でも、同じお薬を2ヶ月は続けていただいて、ご自身に合っているかどうかを判断させていただいています。そのため、最小単位を2ヶ月分とさせていただいております。
※ 全ての薬剤にsai+のピルケースがつきます(アンジュ以外)
※ アンジュにはsai+のピルケースではなく、製薬会社の専用ピルケースをおつけしております。

 

初回の診察時
別途診察料 (1,650円)と送料 (550円)がかかります

 

低用量ピルの
オンライン診療予約はこちら

 

2回目以降は追加配送*が可能!!
前回の医師との診察から1年以内で、同じ薬をご希望の方は追加配送を受け付けております。
簡単な問診へのご記入と決済だけで非常に簡単です。
診察料がかからず、お薬代と配送料550円 (税込)のみでお得です!!

*『クリニックフォアの「追加配送」「定期配送」について』
クリニックフォアの自費診療では、診察時に患者さんとお話し、一定の日数分の薬剤を処方いたします。
しかしながら、量が多い場合、一度にお支払いが難しい患者さんもおられますので、クリニックにて処方したお薬をお預かりしておき、お手持ちのお薬が無くなる前にお支払いをいただき、お支払いいただいた分のお薬をお届けさせていただいております。
そのため、お薬の種類の変更・容量の追加をご希望の場合は、「追加配送」「定期配送」には該当せず、必ず医師の診察が必要になります。ご理解いただきますようお願いいたします。

 

お支払いについて

代金のお支払は、「クレジットカード」「GMO後払い」のどちらかをお選び頂けます。

 

クレジットカード
VISA / Master/ JCB / AMEX

 

GMO後払い
GMO後払いをご利用のお客様は、決済画面のお支払い方法で「GMO後払い」をお選びください。
請求書は、GMOペイメントサービス株式会社様より商品到着後に郵送されます。
請求書がとどきましたら発行から14日以内にコンビニ・銀行・郵便局・LINE Payのいずれかよりお支払いください。

TELEMEDICINE

全国どこからでも初診から低用量ピルのオンライン処方が可能!!

日時を予約 | お好きな日時を選び、診療の予約をします | 事前問診(約3分) | 事前問診、基本情報を入力します | 診療(約3分) | 予約した日時に、医師の診療を受けます | お薬のお届け | 決済後、数日でお薬
日時を予約 | お好きな日時を選び、診療の予約をします | 事前問診(約3分) | 事前問診、基本情報を入力します | 診療(約3分) | 予約した日時に、医師の診療を受けます | お薬のお届け | 決済後、数日でお薬

 

オンライン診療に関するよくある質問はこちら

 

低用量ピルの
オンライン診療予約はこちら

DOCTOR

医師 :圓山尚 (クリニックフォア新橋 院長)

経歴:日本医科大学で皮膚科一般臨床を行いつつ、2018年11月よりクリニックフォア田町に非常勤として勤務。村丘院長(慶応大学医学部出身)の下でプライマリ・ケアにあたるうちに、皮膚科だけでなく内科領域も含め広く診療する姿勢、今後の医療の在り方の考えに共感し、2019年11月クリニックフォア新橋開院。