2020.04.27

新型コロナウイルスに関連する3密、ソーシャルディスタンスとは?クリニックフォアグループの医師が解説します。

監修:
東京都済生会中央病院 
非常勤医師
クリニックフォア新橋 勤務
渥美義大 医師

新型コロナウイルスによる感染症の対策が始まってからよく耳にするようになった 、3密、ソーシャルディスタンスという言葉。

令和2年5月4日の安倍総理の緊急事態宣言延長の記者会見でも登場した、この言葉たち。言葉の意味を知らない、知っているけれど曖昧にしか理解できていないという方のために、3密、ソーシャルディスタンスという言葉について詳しくここでご紹介します。

↓↓初診からOK!オンライン診療はこちら(内科・皮膚科・アレルギー科)

↑↑初診からOK!オンライン診療はこちら

3密(3つの密)って何?

3密(3つの密)とは、密閉、密集、密接から名づけられた言葉です。この3つの「密」は、日本における新型コロナウイルスの集団感染が起こった場所の共通点を探した際に、この3つの密が共通となっているということが分かり、コロナウイルス感染症を避けるためにもこの3密を控えるようにすることを求められています。

また令和2年5月4日の安倍首相の記者会見でも述べられた「感染拡大を予防する新しい生活様式」でも3密の回避が含まれています。

3密がどういった場所であるのかを例を挙げてご紹介します。

密閉

まず、密閉とは窓がなかったり換気ができなかったりする場所のことで、身近なところで言うと会議室や地域の多目的室等、塾や図書館、映画館、カラオケボックスなどがこれにあたります。デスクワークを主とする職場でもこれにあたる設備があるところが多いと考えられています。部屋の広さではなく、換気の程度が重要とされます。

密閉の対策は、窓がある場合は風の流れができように窓やドアを1時間に2回以上数分間開けることが大切です。家庭用エアコンでは換気は行われていないため、これらの対策は必要です。乗用車や電車・バスなどの公共交通機関でも窓開けに協力しましょう。

密集

密集とは、人がたくさん集まったり、少人数でも近い距離で集まることです。前者はテーマパークや大型の商業施設、スーパー、学校、電車、喫煙所等がこれにあたり、後者は ライブハウスや喫茶店、レストラン等がこれにあたると考えられています。

密集の対策としては、前述のような施設に行く場合でも他の人と互いに手を伸ばしても届かない十分な距離(2メートル以上、最低でも1メートル)を保つようにしましょう。飲食店などではすでに座席を減らしたり、離してくれているところが多いですが、その場合も真向かいに座らず互い違いに座る、対面に座らず横並びで座るなどがさらなる対策になります。

密接

密接とは、互いに手が届く距離で会話や発声、運動などをすることを言います。
密閉や密集では該当する場所について例を挙げましたが、密接はどんな場面でも起こりえます。職場、飲食店、公共交通機関内での会話や、グループでのランニングやウォーキング、スポーツジム内で多人数での運動などです。

密接の対策は、会話、発声、運動などの際に、十分な距離を保ち、マスクを着用することです。もちろん、運動をグループではなく少人数で行う、会話をビデオチャットにするなども対策となります。

ソーシャルディスタンスって何?

続いてソーシャルディスタンスについてです。ソーシャルディスタンスとは日本語では社会的距離を意味します。

新型コロナウイルスは、症状が出ていなくてもウイルスを保有しているいわゆる無症候の方もいます。無症候の場合、自分がコロナウイルスに感染していると考えずに人に接触をしてしまうということもあり、気が付いたら自分自身がクラスターとなってしまう可能性もあります。自分だけでなく相手への感染を防ぐために、ひいては日本全体の感染拡大を防ぐために、社会的距離の確保、人的接触距離の確保として、ソーシャルディスタンスという考え方が提唱されました。

ですがソーシャルディスタンスでは、社会的な分断をイメージされてしまうため、最近ではフィジカルディスタンス(身体的距離)という言葉を用いるように推奨されています。

どれくらい人と距離を取ればいいの?

ソーシャルディスタンス(フィジカルディスタンス)を守るためにはどのくらいの距離をとればよいのでしょうか。この距離については、コロナウイルスの感染経路が関係しています。

コロナウイルスの感染経路の一つである飛沫感染は、くしゃみや咳によるしぶきによって他者へ感染をさせてしまいます。このくしゃみや咳によるしぶきが到達する距離が、くしゃみで3m、咳で2mといわれています。この距離も加味して厚生労働省では、保つべき距離として相手との距離を2m程(最低でも1m)取ることを推奨しています。2mがどのくらいの距離感であるのかが分かりにくい方もいらっしゃるかもしれません。2mとは、互いに手を伸ばして届く距離がだいたい2mであるとしています。
日常の中で3密、ソーシャルディスタンスを守り抜くということは非常に難しいかもしれません。ですが、できるだけ意識をした行動をとることによって、自身を守り、ひいては日本の感染拡大の抑制につながるかもしれません。ぜひ、意識をした行動をしてみてください。

>>【クリニックフォアグループ監修】COVID-19最新情報はこちら!

クリニックフォアグループのオンライン診療について

より便利に診療を受けていただくために、初診から受診可能なオンライン診療を始めました。自宅で・オフィスで・外出先で・スキマ時間に、ご来院いただかなくても、便利に診療を受けて決済いただき、必要なお薬をご自宅までお届けします。
クリニックに来院することによる新型コロナウイルス感染リスクを防ぐ為にも、ぜひご利用ください。

↑↑初診からOK!オンライン診療はこちら

「新型コロナ相談」LINE公式アカウント

クリニックフォアグループでは、Lineの「新型コロナ相談」アカウントを開設し、BOT形式で疑問・ご質問にお答えしています。
クリニックフォアグループの医師が、厚生労働省やWHOの提供している情報や論文を元に作成しています。

監修:
東京都済生会中央病院 
非常勤医師
クリニックフォア新橋 勤務
渥美義大 医師

渥美医師開設「Dr.ドクターの糖尿病ノート」

Twitter:https://twitter.com/Dr_doctor_DM

参考資料

首相官邸.「令和2年5月4日新型コロナウイルス感染症に関する安倍内閣総理大臣記者会見」. https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/statement/2020/0504kaiken.html f 厚生労働省.「3つの密を避けるための手引き!」 https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000622211.pdf

監修:クリニックフォアグループ医師
更新日:5月5日

※本記事は、上記公開日時点での状況・情報・エビデンスをもとに記載しています。新型コロナウイルス感染症については、日々状況が変化し、また新しくわかることも多々ありますので、最新の情報は、直近の記事や情報をご参照くださいますようお願いいたします。